トップ

製品の詳細

パラメータ

Dynamic range (dB) 102 Digital supply (Min) (V) 3 Digital supply (Max) (V) 3.6 Operating temperature range (C) 0 to 70 open-in-new その他の PWM モジュレータ

パッケージ|ピン|サイズ

TQFP (PAG) 64 144 mm² 12 x 12 open-in-new その他の PWM モジュレータ

特長

  • General Features
    • Automated Operation With an Easy-to-Use Control Interface
    • I2C Serial-Control Slave Interface
    • Integrated AM Interference-Avoidance Circuitry
    • Single, 3.3-V Power Supply
    • 64-Pin TQFP Package
    • 5-V Tolerant Inputs
  • Audio Input/Output
    • Automatic Master Clock Rate and Data Sample Rate Detection
    • Eight Serial Audio Input Channels
    • Eight PWM Audio Output Channels Configurable as Six Channels
      With Stereo Lineout or Eight Channels
    • Line Output Is a PWM Output to Drive an External
      Differential-Input Operational Amplifier
    • Headphone PWM Output to Drive an External Differential Amplifier
      Like the TPA112
    • PWM Outputs Support Single-Ended and Bridge-Tied Loads
    • 32-, 38-, 44.1-, 48-, 88.2-, 96-, 176.4-, and 192-kHz Sampling Rates
    • Data Formats: 16-, 20-, or 24-Bit Left-Justified, I2S,
      or Right-Justified Input Data
    • 64-Fs Bit-Clock Rate
    • 128-, 192-, 256-, 384-, 512-, and 768-Fs Master Clock Rates
      (Up to a Maximum of
      50 MHz)
  • Audio Processing
    • 48-Bit Processing Architecture With 76 Bits of Precision
      for Most Audio Processing Features
    • Volume Control Range 36 dB to –127 dB
      • Master Volume Control Range of 18 dB to –100 dB
      • Eight Individual Channel Volume Control Ranges of 18 dB to –127 dB
    • Programmable Soft Volume and Mute
      Update Rates
    • Four Bass and Treble Tone Controls with ±18-dB Range,
      Selectable Corner Frequencies, and Second-Order Slopes
      • L, R, and C
      • LS, RS
      • LR, RR
      • Sub
    • Configurable Loudness Compensation
    • Two Dynamic Range Compressors With Two Thresholds, Two Offsets,
      and Three Slopes
    • Seven Biquads Per Channel
    • Full 8×8 Input Crossbar Mixer. Each Signal-Processing
      Channel Input Can Be Any Ratio of the Eight Input Channels.
    • 8×2 Output Mixer – Channels 1–6. Each Output
      Can Be Any Ratio of Any Two Signal-Processed Channels.
    • 8×3 Output Mixer – Channels 7 and 8. Each Output
      Can Be Any Ratio of Any Three Signal-Processed Channels.
    • Three Coefficient Sets Stored on the Device Can Be Selected
      Manually or Automatically (Based on Specific Data Rates).
    • DC Blocking Filters
    • Able to Support a Variety of Bass Management Algorithms
  • PWM Processing
    • 32-Bit Processing PWM Architecture With 40 Bits of Precision
    • 8× Oversampling With Fifth-Order Noise Shaping at
      32 kHz–48 kHz, 4× Oversampling at 88.2 kHz and
      96 kHz, and 2× Oversampling at 176.4 kHz and 192 kHz
    • >102-dB Dynamic Range
    • THD+N < 0.1%
    • 20-Hz–20-kHz, Flat Noise Floor for 44.1-, 48-, 88.2-, 96-,
      176.4-, and 192-kHz Data Rates
    • Digital De-Emphasis for 32-, 44.1-, and 48-kHz Data Rates
    • Flexible Automute Logic With Programmable Threshold and Duration
      for Noise-Free Operation
    • Intelligent AM Interference-Avoidance System Provides Clear AM Reception
    • Power-Supply Volume Control (PSVC) Support for Enhanced Dynamic Range in
      High-Performance Applications
    • Adjustable Modulation Limit

PurePath Digital is a trademark of Texas Instruments.
Matlab is a trademark of Math Works, Inc.
All other trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の PWM モジュレータ

概要

The TAS5508C is an 8-channel digital pulse-width modulator (PWM) that provides both advanced performance and a high level of system integration. The TAS5508C is designed to interface seamlessly with most audio digital signal processors. The TAS5508C automatically adjusts control configurations in response to clock and data rate changes and idle conditions. This enables the TAS5508C to provide an easy-to-use control interface with relaxed timing requirements.

The TAS5508C can drive eight channels of H-bridge power stages. Texas Instruments H-bridge parts TAS5111, TAS5112, or TAS5182 with FETs are designed to work seamlessly with the TAS5508C. The TAS5508C supports both single-ended or bridge-tied load configurations. The TAS5508C also provides a high-performance, differential output to drive an external, differential-input, analog headphone amplifier (such as the TPA112).

The TAS5508C uses AD modulation operating at a 384-kHz switching rate for 48-, 96-, and 192-kHz data. The 8× oversampling combined with the fifth-order noise shaper provides a broad, flat noise floor and excellent dynamic range from 20 Hz to 20 kHz.

The TAS5508C is a clocked slave-only device. The TAS5508C receives MCLK, SCLK, and LRCLK from other system components. The TAS5508C accepts master clock rates of 128, 192, 256, 384, 512, and 768 Fs. The TAS5508C accepts a 64-Fs bit clock.

The TAS5508C allows for extending the dynamic range by providing a power-supply volume control (PSVC) output signal.

open-in-new その他の PWM モジュレータ
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 1
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート 8-Channel Digital Audio PWM Processor, TAS5508C データシート 2010年 9月 10日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
TQFP (PAG) 64 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ