製品の詳細

Number of full bridges 1 Vs (Min) (V) 2.75 Vs ABS (Max) (V) 7 Peak output current (A) 1.3 RDS(ON) (HS + LS) (mOhms) 450 Sleep current (uA) 0.3 Control mode I2C Control interface I2C Features Current Regulation Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85
Number of full bridges 1 Vs (Min) (V) 2.75 Vs ABS (Max) (V) 7 Peak output current (A) 1.3 RDS(ON) (HS + LS) (mOhms) 450 Sleep current (uA) 0.3 Control mode I2C Control interface I2C Features Current Regulation Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85
HVSSOP (DGQ) 10 9 mm² 3 x 3 VSON (DRC) 10 9 mm² 3 x 3
  • Hブリッジ電圧制御モータ・ドライバ
    • DCモータ、ステッピング・モータの1巻線、または他のアクチュエータ/負荷を駆動可能
    • 高効率のPWM電圧制御により、電源電圧の変化に対してモータ速度を一定に保持
    • 低MOSFETオン抵抗:HS + LS 450mΩ
  • 最大連続駆動電流:1A
  • 動作電源電圧範囲:2.75V~6.8V
  • スリープ・モード電流300nA(Typ)シリアルI2C互換インターフェイス
  • 複数アドレス選択により1つのI2Cバスで最大9デバイスを使用可能
  • 電流制限回路および障害通知出力
  • 熱特性を強化した表面実装パッケージ
  • Hブリッジ電圧制御モータ・ドライバ
    • DCモータ、ステッピング・モータの1巻線、または他のアクチュエータ/負荷を駆動可能
    • 高効率のPWM電圧制御により、電源電圧の変化に対してモータ速度を一定に保持
    • 低MOSFETオン抵抗:HS + LS 450mΩ
  • 最大連続駆動電流:1A
  • 動作電源電圧範囲:2.75V~6.8V
  • スリープ・モード電流300nA(Typ)シリアルI2C互換インターフェイス
  • 複数アドレス選択により1つのI2Cバスで最大9デバイスを使用可能
  • 電流制限回路および障害通知出力
  • 熱特性を強化した表面実装パッケージ

DRV8830は、電池駆動の玩具や、プリンタ、その他の低電圧またはバッテリ駆動の動作制御アプリケーションに対して、統 合されたモータ・ドライバ・ソリューションを提供します。1つのHブリッジ・ドライバを搭載し、1個のDCモータ、またはステッピング・モータの1つの巻線を駆動でき、ソレノイドなど他 の負荷も駆動できます。出力ドライバ・ブロックはNチャネルおよびPチャネル・パワーMOSFETで構成され、Hブリッジとしてモータ巻線を駆動します。

PCBに十分なヒートシンクが備えられていれば、DRV8830は最大1 Aの連続出力電流を供給できます。DRV8830は、2.75V~6.8Vの電源電圧で動作します。

バッテリ寿命を長く保ちながら、バッテリ電圧の変動に対して一定のモータ速度を維持するため、PWM電圧レギュレーション方式が採用されています。出力電圧は、内部電圧リファレンスおよびDACを使用して、I2C互換インターフェイス経由でプログラミングされます。

過電流保護、短絡保護、低電圧誤動作防止、および過熱保護のために、内部保護機能が用意されています。

DRV8830は、PowerPAD™を備えた3mm×3mmの小型10ピンMSOPパッケージで供給されます。

DRV8830は、電池駆動の玩具や、プリンタ、その他の低電圧またはバッテリ駆動の動作制御アプリケーションに対して、統 合されたモータ・ドライバ・ソリューションを提供します。1つのHブリッジ・ドライバを搭載し、1個のDCモータ、またはステッピング・モータの1つの巻線を駆動でき、ソレノイドなど他 の負荷も駆動できます。出力ドライバ・ブロックはNチャネルおよびPチャネル・パワーMOSFETで構成され、Hブリッジとしてモータ巻線を駆動します。

PCBに十分なヒートシンクが備えられていれば、DRV8830は最大1 Aの連続出力電流を供給できます。DRV8830は、2.75V~6.8Vの電源電圧で動作します。

バッテリ寿命を長く保ちながら、バッテリ電圧の変動に対して一定のモータ速度を維持するため、PWM電圧レギュレーション方式が採用されています。出力電圧は、内部電圧リファレンスおよびDACを使用して、I2C互換インターフェイス経由でプログラミングされます。

過電流保護、短絡保護、低電圧誤動作防止、および過熱保護のために、内部保護機能が用意されています。

DRV8830は、PowerPAD™を備えた3mm×3mmの小型10ピンMSOPパッケージで供給されます。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
13 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート シリアル・インターフェイス内蔵、低電圧モータ・ドライバ データシート (Rev. E 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.G) 2012年 3月 27日
アプリケーション・ノート モーター・ドライバ向け基板レイアウト事例 (Rev. B 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.B) 2021年 10月 14日
アプリケーション・ノート Calculating Motor Driver Power Dissipation (Rev. A) 2021年 7月 22日
ホワイト・ペーパー Remote Shut Off in Flow Meters is Instrumental for Smart Utility Deployment 2018年 8月 10日
アプリケーション・ノート PowerPAD™ Thermally Enhanced Package (Rev. H) 2018年 7月 6日
技術記事 Why are you still driving automotive motors with relays? 2017年 7月 13日
技術記事 The story of motor-drive integration 2017年 1月 9日
技術記事 How to create a dynamic power solution for stepper motors, relays and LEDs 2016年 11月 1日
技術記事 How to avoid motor and system overvoltage using AVS technology without external components 2016年 10月 14日
その他の技術資料 TM4C123x Stepper Motor Control Product Summary 2015年 7月 6日
アプリケーション・ノート Understanding Motor Driver Current Ratings 2012年 2月 6日
ユーザー・ガイド DRV8830-32 User Guide 2011年 6月 3日
アプリケーション・ノート PowerPAD ™ Made Easy (Rev. B) 2004年 5月 12日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

DRV8830EVM — DRV8830 評価モジュール

The DRV8830 evaluation module consists of a 1A, H-bridge motor driver with a I2C control interface and a small number external components that can be used to drive one brushed DC motor or other loads like solenoids. With the DRV8830EVM, designers can quickly and easily evaluate the performance of (...)

在庫あり
制限: 1
パッケージ ピン数 ダウンロード
HVSSOP (DGQ) 10 オプションの表示
VSON (DRC) 10 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ