トップ

製品の詳細

パラメータ

Audio input type Digital Input Architecture Class-D Speaker channels (Max) 4 Power stage supply (Max) (V) 26.4 Power stage supply (Min) (V) 4.5 Load (Min) (ohms) 1 Output power (W) 75 THD + N @ 1 kHz (%) 0.02 Iq (Typ) (mA) 165 Control interface I2C Closed/open loop Closed Analog supply (Min) (V) 4.5 Analog supply (Max) (V) 26.4 Power to parallel bridge tied load (Max) (W) 150 Sampling rate (Max) (kHz) 96 PSRR (dB) 75 Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の スピーカ・アンプ

パッケージ|ピン|サイズ

HSSOP (DKQ) 56 191 mm² 18.42 x 10.35 open-in-new その他の スピーカ・アンプ

特長

  • 高度な負荷診断
    • 入力クロックなしで動作
    • AC診断による、インピーダンスおよびフェーズ応答を含むツイータ検出
  • CISPR25-L5 EMC仕様へ簡単に適合
  • 車載アプリケーションに認定済み
  • オーディオ入力
    • 4チャネルのI2Sまたは4/8チャネルのTDM入力
    • 入力サンプル・レート: 44.1kHz、48kHz、96kHz
    • 入力フォーマット: 16ビットから32ビットのI2SおよびTDM
  • オーディオ出力
    • 4チャネルのBTL (Bridge-Tied Load)、並列BTL (PBTL)のオプションあり
    • 最大2.1MHzの出力スイッチング周波数
    • 75W、10% THD (4Ω、25V)
    • 45W、10% THD (2Ω、14.4V)
    • 150W、10% THD (2Ω、25V PBTL)
  • 14.4V、4Ω負荷でのオーディオ性能
    • 1WでTHD+N < 0.03%
    • 出力ノイズ: 42µVRMS
    • クロストーク: –90dB
  • 負荷診断
    • 出力開路および負荷短絡
    • 出力からバッテリまたはグランドへの短絡
    • 最大6kΩのライン出力検出
    • ホストと独立の動作
    • プログラム可能なため柔軟な生産ラインのテストが可能
  • 保護
    • 出力電流制限
    • 出力短絡保護
    • 40Vの負荷ダンプ
    • グランド開路と電力許容
    • DCオフセット
    • 過熱
    • 低電圧および過電圧
  • 一般的な動作
    • 4.5V~26.4Vの電源電圧
    • 4つのアドレス・オプションを持つI2C制御
    • クリップ検出およびサーマル警告

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の スピーカ・アンプ

概要

TAS6424-Q1デバイスは、4チャネルのデジタル入力、Class-Dオーディオ・アンプで、2.1MHzのPWMスイッチング周波数が実装されているため、非常に小さなサイズのPCBでコスト最適化されたソリューションを実現可能です。開始/停止イベントについて最低4.5Vで完全な動作を行い、最高40kHzのオーディオ帯域幅で非常に優れた音質を提供します。

TAS6424-Q1 Class-Dオーディオ・アンプは、車載用ヘッドユニット、および外部アンプ・モジュールで使用するよう設計されています。このデバイスには4つのチャネルがあり、14.4V電源から4Ω負荷へ10% THD+Nで27Wを、2Ω負荷へ10% THD+Nで45Wを、25V電源から4Ω負荷へ10% THD+Nで75Wを供給できます。Class-Dトポロジにより、従来のリニア・アンプ・ソリューションと比較して劇的に効率が向上しています。出力スイッチング周波数をAMバンドよりも高く設定すると、AMバンドの干渉を排除し、出力フィルタのサイズとコストを削減できます。また、AMバンドよりも低く設定すれば、効率を最適化できます。

ピン互換の2チャネルのアンプについては、TAS6422-Q1を参照してください。

このデバイスは、56ピンのHSSOP PowerPAD™パッケージで、サーマル・パッドが上面に露出した形態で供給されます。

open-in-new その他の スピーカ・アンプ
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能およびピン配置は同じだが、同等ではない比較製品
新製品 TAS6421-Q1 アクティブ 車載対応、ロード・ダンプ対応機能搭載、75W、2M Hz、1 チャネル、4.5 ~ 26.4V、デジタル入力 Class-D オーディオ・アンプ TAS6421-Q1 は 2.1MHz のスイッチング周波数を実現する 1 チャネル車載 Class-D デジタル入力アンプです。
TAS6422-Q1 アクティブ 車載、ロード・ダンプ対応機能搭載、75W、2MHz、2 チャネル、4.5 ~ 26.4V、デジタル入力 Class-D オーディオ・アンプ TAS6422-Q1 は 2.1MHz のスイッチング周波数を実現する 2 チャネル車載 Class-D デジタル入力アンプです。

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 9
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TAS6424-Q1 75W、2MHzデジタル入力、4チャネル車載用Class-Dオーディオ・アンプ、負荷ダンプ保護およびI2C診断機能搭載 データシート (Rev. B 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.B) 2018年 2月 28日
アプリケーション・ノート TAS6424-Q1 Inductor Selection Guide 2019年 9月 5日
技術記事 “The Jetsons” are coming to an electric vehicle near you – sort of 2019年 1月 31日
技術記事 Why you should use a Class-D audio amplifier in your automotive infotainment system 2018年 1月 8日
ユーザー・ガイド TAS6424-Q1 EVM User's Guide 2017年 10月 20日
技術記事 Forget the tiny homes craze – Have you heard about tiny inductors for automotive Class-D amplifiers? 2017年 10月 12日
アプリケーション・ノート Class-D Amplifier External Load Diagnostics 2017年 1月 23日
技術記事 How switching above the AM band eases automotive Class-D amplifier EMC designs 2016年 12月 5日
アプリケーション・ノート LC Filter Design 2016年 11月 9日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
149
概要
TAS6422Q1EVM は市場初の車載インフォテインメント向け 2.1MHz、2 チャネル、デジタル入力 Class-D オーディオ・ソリューションです。  TAS6422 は 2.1MHz (...)
特長
  • 2.1-MHz のスイッチング周波数
  • 14.4V 電源電圧時に 4Ω 負荷に対し 10% THD+N で 2 チャネル、25W/Ch
  • I2C 診断 / 保護機能
  • CISPR25, class 5 放射型 / 伝導型電磁波規格に準拠
  • 光学 SPDIF、USB、PSIA(外部 I2S)入力オプションに対応
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
175
概要
The TAS6424L EVM showcases the first true 2.1Mhz 4-Ch Digital Input Class-D Audio Solution for automotive infotainment in the market.  TAS6424L’s 2.1-Mhz switching frequency allows customers to significantly reduce inductor size and cost and optimize total system cost. TAS6424L delivers (...)
特長
  • 2.1-Mhz Switching Frequency
  • 4-Ch 27-W/Ch at 10% THD+N into 4-Ω with a 14.4-V supply
  • I2C Diagnostics and Protection. CISPR25, class 5 Radiated/Conducted Emission compliant
  • Optical SPDIF, USB and PSIA (external I2S) input options

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLOM433.ZIP (26 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI PSpice® for TI は、各種アナログの機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けのツールです。  さまざまな機能を持ち、設計とシミュレーションに適したこのツールは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償でご使用いただけます。アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象に、業界でも有数の大規模な PSpice モデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。 

はじめに

  • PSpice for TI ツールへのアクセスの申請
  • ツールのダウンロードとインストール
  • シミュレーション方法説明ビデオのご視聴

PSpice for TI ツールを使用すると、内蔵のモデル・ライブラリを使用して、複雑な設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの PSpice モデルで構成されたライブラリ全体に加えて、ツール内で各種 TI 製品情報に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。  コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。
特長
  • 電源とシグナル・チェーンに関する TI の製品ラインアップを網羅する、各種 PSpice モデルで構成された事前インストール済みライブラリ
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業に対応し、柔軟性のあるスタンドアロン・ツール

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
Jacinto™ 6 Entry 使用エントリ・レベル・ヘッド・ユニット・ディスプレイ・オーディオのリファレンス・デザイン
TIDEP-0097 TI の Jacinto™ DRA71x プロセッサをベースとした、この車載用リファレンス・デザインは、システム・レベルのコスト削減を重視しています。6 (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
2.1MHz スイッチング電源付き車載 8 チャネル Class-D アンプのリファレンス・デザイン
TIDA-00733 — TIDA-00733 は 8 チャネルの Class-D アンプ向けのリファレンス・デザインであり、2Ω の負荷を駆動できるほか、バッテリ直結に対応した降圧電源を搭載しており、5V と 3.3V (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
Class AB フォーム・ファクタ使用、車載、2MHz、Class-D、4 チャネル、21W オーディオ・アンプのリファレンス・デザイン
TIDA-00743 — TIDA-00743 リファレンス・デザインは、標準的な Class-AB オーディオ・パワー・アンプ・モジュール向けに設計されたシステムにおけるデジタル入力 Class-D オーディオ・アンプの評価用に設計された小型モジュールです。この設計は、Class-D アンプによる消費電力低減の実例を示します。この設計は、TAS6424-Q1 の 2.1MHz 動作によってコンパクトなパワー・アンプ・ソリューションを実現する方法を示します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
HSSOP (DKQ) 56 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ