トップ

製品の詳細

パラメータ

CPU ARM-Cortex-R5F Frequency (MHz) 800 ADC 12-bit SAR GPIO 148, 198 UART 7, 9 Number of I2Cs 2, 6 Operating temperature range (C) -40 to 105 open-in-new その他の Arm ベースのマイコン

パッケージ|ピン|サイズ

FC/CSP (ALX) 293 FCBGA (ALV) 441 open-in-new その他の Arm ベースのマイコン

特長

プロセッサ・コア:

  • リアルタイム処理向けに高度に統合され、最大 800MHz で動作する最大 2 つのデュアル・コア Arm Cortex-R5F MCU サブシステム
    • デュアル・コア Arm Cortex-R5F クラスタにより、デュアル・コアおよびシングル・コア動作をサポート
    • R5F コアごとに 32KB の I キャッシュと 32KB の D キャッシュ (全メモリに SECDED ECC 付き)
    • シングル・コア:クラスタごとに 128KB の TCM (R5F コアごとに 128KB の TCM)
    • デュアル・コア:クラスタごとに 128KB の TCM (R5F コアごとに 64KB の TCM)
  • 1 つの最大 400MHz のシングル・コア Arm Cortex-M4F MCU サブシステム
    • 256KB の SRAM (SECDED ECC 付き)

メモリ・サブシステム:

  • 最大 2MB のオンチップ RAM (OCSRAM) (SECDED ECC 付き):
    • 256KB 単位で小さいバンクに分割し、最大 8 つの独立したメモリ・バンクを構成可能
    • ソフトウェア・タスクの分割を容易にするため、各メモリ・バンクを 1 つのコアに割り当て可能
  • DDR サブシステム (DDRSS)
    • LPDDR4、DDR4 メモリ・タイプをサポート
    • インライン ECC 付きで の 16 ビット・データ・バス
    • 最高 1600MT/s の速度をサポート

産業用サブシステム:

  • 2 つのギガビット産業用通信サブシステム (PRU_ICSSG)
    • Profinet IRT、Profinet RT、EtherNet/IP、EtherCAT、TSN (Time-Sensitive Networking)、その他のネットワーク・プロトコルにも対応可能
    • 10/100Mb PRU_ICSS と下位互換
    • 各 PRU_ICSSG は以下を内蔵
      • スライスごとに 3 つの PRU RISC コア (PRU_ICSSG ごとに 2 スライス)
        • PRU 汎用コア (PRU)
        • PRU リアルタイム・ユニット・コア (PRU-RTU)
        • PRU 送信コア (PRU-TX)
      • 各 PRU コアがサポートする機能:
        • 命令 RAM (ECC 付き)
        • ブロードサイド RAM
        • アキュムレータ付き乗算器 (MAC)
        • CRC16/32 ハードウェア・アクセラレータ
        • バイト・スワップによるビッグ / リトル・エンディアン変換
        • SUM32 ハードウェア・アクセラレータによる UDP チェックサム
        • タスク・マネージャによるプリエンプションのサポート
      • 最大 2 つの 10/100/1000 イーサネット・ポート
      • 3 つのデータ RAM (ECC 付き)
      • 8 バンクの 30 × 32 ビット・レジスタ・スクラッチパッド・メモリ
      • 割り込みコントローラとタスク・マネージャ
      • 2 つの 64 ビット産業用イーサネット・ペリフェラル (IEP) によるタイム・スタンプ機能とその他の時間同期機能
      • 18 個のシグマ・デルタ・フィルタ
        • 短絡ロジック
        • 過電流ロジック
      • 6 つのマルチプロトコル位置エンコーダ・インターフェイス
      • 1 つの拡張キャプチャ・モジュール (ECAP)
      • 16550 互換 UART
        • (12Mbps の PROFIBUS をサポートするための専用 192MHz クロック付き)

システム・オン・チップ (SoC) サービス:

  • デバイス管理セキュリティ・コントローラ (DMSC-L)
    • 集中 SoC システム・コントローラ
    • 初期ブート、セキュリティ、、クロック / リセット / 電源管理を含むシステム・サービスを管理
    • メッセージ・マネージャを介したさまざまな処理ユニットとの通信
    • シンプルなインターフェイスにより未使用ペリフェラルを最適化
    • JTAG およびトレース・インターフェイスを介したオンチップ・デバッグ機能
  • データ移動サブシステム (DMSS:Data Movement Subsystem)

    • ブロック・コピー DMA (BCDMA)
    • パケット DMA (PKTDMA)
    • セキュア・プロキシ (SEC_PROXY)
    • リング・アクセラレータ (RINGACC)
  • 時間同期サブシステム
    • 中央プラットフォーム時間同期 (CPTS:Central Platform Time Sync) モジュール
    • タイマ・マネージャ (TIMERMANAGER) と 1024 のタイマ
    • 時間同期および比較イベント割り込みルータ

セキュリティ:

  • セキュア・ブート対応
    • ハードウェアで強化された信頼の基点 (RoT:Root-of-Trust)
    • バックアップ・キーによる RoT の切り替えをサポート
    • テイクオーバー保護、IP 保護、ロールバック禁止保護のサポート
  • 暗号化アクセラレーションのサポート
    • 受信データ・ストリームに基づいてキーマテリアルを自動的に切り替えできるセッション認識暗号化エンジン
    • 暗号化コアをサポート
      • AES – 128/192/256 ビットのキー・サイズ
      • 3DES – 56/112/168 ビットのキー・サイズ
      • MD5、SHA1
      • SHA2 – 224/256/384/512
      • DRBG と真性乱数発生器
      • PKA (公開鍵アクセラレータ) により RSA/ECC 処理を支援
    • DMA サポート
  • デバッグのセキュリティ
    • ソフトウェア制御によるセキュアなデバッグ・アクセス
    • セキュリティ対応のデバッグ
  • 信頼できる実行環境 (TEE) に対応
    • Arm TrustZone をベースとする TEE
    • 分離用の広範なファイアウォール・サポート
    • セキュアな DMA パスと相互接続
    • セキュアなウォッチドッグ / タイマ / IPC
  • セキュアなストレージのサポート
  • XIP モードの OSPI インターフェイスでのオンザフライ暗号化 (OTFE) サポート
  • パケット・ベースのハードウェア暗号化エンジンによるデータ (ペイロード) 暗号化 / 認証でのネットワーク・セキュリティ・サポート
  • セキュリティ・コプロセッサ (DMSC-L) によりキーおよびセキュリティ管理を実現、専用のデバイス・レベル・インターコネクトによりセキュリティを確保

高速シリアル・インターフェイス:

  • 最大 2 つの外部ポートをサポートする 1 つの内蔵イーサネット・スイッチ (CPSW3G)
    • 最大 2 つの RGMII (10/100/1000)
    • IEEE 1588 (2008 Annex D、Annex E、Annex F) と 802.1AS PTP
    • Clause 45 MDIO PHY 管理
    • Energy Efficient Ethernet (802.3az)
  • 1 つの PCI-Express Gen2 コントローラ (PCIE)
    • Gen2 動作をサポート
    • シングル・レーン動作をサポート
  • 1 つの USB 3.1-Gen1 デュアル・ロール・デバイス (DRD) サブシステム (USBSS)
    • 拡張 SuperSpeed Gen1 または USB 2.0 に対応する 1 つの共有 USBSS ポート
    • USB ホスト、USB ペリフェラル、USB デュアル・ロール・デバイスとして構成可能なポート
    • USB VBUS 検出機能を内蔵
  • 1 つのシリアライザ / デシリアライザ (SERDES)
    • PCI-Express Gen2 と USB SuperSpeed Gen1 に対応する 1 つの SERDES レーン

汎用接続ペリフェラル:

  • 6 つの I2C (Inter-Integrated Circuit) ポート
  • 9 つの構成可能な UART (Universal Asynchronous Receiver/Transmitter) モジュール
  • 1 つの 12 ビット・アナログ / デジタル・コンバータ (ADC)
    • 最大 4MSPS
    • 8 つの多重アナログ入力
  • 7 つのマルチチャネル・シリアル・ペリフェラル・インターフェイス (MCSPI) コントローラ
  • 3 つの汎用 I/O (GPIO) モジュール

産業および制御用インターフェイス:

  • 9 つの拡張パルス幅変調器 (EPWM) モジュール
  • 3 つの拡張キャプチャ (ECAP) モジュール
  • 3 つの拡張直交エンコーダ・パルス (EQEP) モジュール
  • CAN-FD をフルサポートする 2 つのモジュラー・コントローラ・エリア・ネットワーク (MCAN) モジュール
  • 2 つの高速シリアル・インターフェイス・トランスミッタ (FSI_TX) コア
  • 6 つの高速シリアル・インターフェイス・レシーバ (FSI_RX) コア

メモリ・コントローラ:

  • 2 つのマルチメディア・カード / セキュア・デジタル (MMC/SD) インターフェイス
    • 1 つの 4 ビット・インターフェイス (SD/SDIO 用)
    • 1 つの 8 ビット・インターフェイス (eMMC 用)
    • 高速カードの電圧切り替え (3.3V、1.8V) のための内蔵アナログ・スイッチ
  • 1 つの汎用メモリ・コントローラ (GPMC)
    • 133MHz クロックの 16 ビット・パラレル・バスまたは
    • 100MHz クロックの 32 ビット・パラレル・バス
    • エラー特定モジュール (ELM) のサポート
  • オクタル SPI (OSPI) フラッシュ・インターフェイスまたは 1 つのクワッド SPI (QSPI) として構成可能な 1 つのフラッシュ・サブシステム (FSS)

パワー・マネージメント:

  • 簡素化された電源シーケンス
  • デュアル電圧 I/O のサポート
  • 内蔵 SDIO LDO により SD インターフェイスでの自動電圧遷移に対応
  • 内蔵の電圧スーパーバイザによる過電圧 / 低電圧状態の安全性監視
  • 内蔵の電源グリッチ検出器により高速電源過渡を検出

機能安全:

  • 機能安全性準拠製品向け
    • 機能安全性アプリケーション向けに開発
    • IEC 61508 機能安全性に準拠したシステム設計を支援するドキュメントを準備中
    • SIL 3 までの決定論的対応能力
    • MCU ドメインを対象とした SIL 2 までのハードウェア・インテグリティ
    • 品質管理されたメイン・ドメイン
    • 安全性関連の認証
      • による IEC 61508 認定を計画中
    • 演算上特に重要なメモリの ECC またはパリティ
    • 一部の内部バス・インターコネクトの ECC とパリティ
    • CPU とオンチップ RAM の内蔵セルフテスト (BIST)
    • エラー・シグナリング・モジュール (ESM)、外部エラー・ピン付き
    • 各種ランタイム安全診断:
      • 電圧、温度、およびクロック監視
      • ウィンドウ・ウォッチドッグ・タイマ
      • CRC エンジンによるメモリ整合性チェック
    • 専用メモリ、インターフェイス、FFI (Freedom From Interference) 機能により SoC 全体から分離できる M4FSS を備えた MCU ドメイン
      • 独立したインターコネクト
      • ファイアウォールとタイムアウト・ガスケット
      • 専用 PLL
      • 専用 I/O 電源
      • 独立したリセット

SoC アーキテクチャ:

  • UART、I2C、OSPI/QSPI フラッシュ、SPI フラッシュ、パラレル NOR フラッシュ、パラレル NAND フラッシュ、SD、eMMC、USB 2.0、PCIe、イーサネット・インターフェイスからの 1 次ブートをサポート
  • 16nm FinFET テクノロジ

パッケージ・オプション:

  • ALV FCBGA (441 ピン) (蓋付き) フリップチップ・ボール・グリッド・アレイ・パッケージ、17.2mm × 17.2mm、0.8mm ピッチ
  • ALX FC/CSP (293 ピン) (SiP) フリップチップ・チップ・スケール・パッケージ、11mm × 11mm、0.5mm ピッチ
open-in-new その他の Arm ベースのマイコン

概要

AM243x は、Sitara の産業用グレード・ポートフォリオを拡張した高性能マイクロコントローラ・ファミリです。Am243x デバイスは、モーター・ドライブやリモート I/O モジュールなど、リアルタイムの通信と処理を組み合わせる必要がある産業用アプリケーション向けに設計されています。AM243x ファミリは、最大 4 つの Cortex-R5F MCU と 1 つの Cortex-M4F によってスケーラブルな性能を提供します。

AM243x SoC アーキテクチャは、高性能 Arm Cortex-R5F コア、密結合メモリ・バンク、構成可能な SRAM パーティショニング、SoC 内外の高速データ移動を可能にする対ペリフェラル専用低レイテンシ・パスを使用してクラス最高のリアルタイム性能を発揮するように設計されています。この決定論的アーキテクチャは、サーボ・ドライブ・システムに見られる厳密な制御ループを AM243x が処理することを可能にし、AM243x のペリフェラル (例:FSI、GPMC、PWM、シグマ・デルタ・デシメーション・フィルタ、アブソリュート・エンコーダ・インターフェイス) は、これらのシステムに見られる各種アーキテクチャを実現するのに役立ちます。

AM243x の PRU-ICSSG は、ギガビット TSN、EtherCAT、PROFINET、EtherNet/IP、その他の各種プロトコルの実行に必要な柔軟な産業用通信機能を備えています。また、PRU-ICSSG を使うと、シグマ・デルタ・デシメーション・フィルタ、アブソリュート・エンコーダ・インターフェイスなどのインターフェイスも SoC に追加できます。

機能安全のための機能は、内蔵の Cortex-M4F と、SoC のその他の部分から完全に分離できる専用ペリフェラルによって実現されます。AM243x はセキュア・ブートもサポートしています。

open-in-new その他の Arm ベースのマイコン
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスにアップグレード機能を搭載した、ドロップ・イン代替製品。
新製品 AM2432 プレビュー 産業用通信機能とセキュリティ機能搭載、最大 800 MHz、デュアルコア Arm® Cortex-R5F ベースのマイコン AM243x ファミリ ARM® Cortex-R5F ベース・マイクロコントローラのデュアル・コア版
新製品 AM2434 プレビュー 産業用通信機能とセキュリティ機能搭載、最大 800 MHz、クワッドコア Arm® Cortex-R5F ベースのマイコン AM243x ファミリ ARM® Cortex-R5F ベース・マイクロコントローラのクワッド・コア版

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 15
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート AM243x Sitara™ マイクロコントローラ データシート (Rev. B 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.B) 2021年 8月 30日
* エラッタ AM64x Errata (Rev. B) 2021年 6月 30日
* ユーザー・ガイド AM64x Technical Reference Manual (Rev. B) 2021年 7月 5日
ユーザー・ガイド AM64x/AM243x Technical Reference Manual (Rev. C) 2021年 9月 22日
アプリケーション・ノート AM64x Schematic Review Checklist (Rev. B) 2021年 8月 20日
ユーザー・ガイド AM64x/AM243x GP EVM User's Guide (Rev. D) 2021年 8月 9日
技術記事 5 ways high-performance MCUs are reshaping the industry 2021年 7月 12日
アプリケーション・ノート AM64x DDR Board Design and Layout Guidelines (Rev. A) 2021年 7月 1日
アプリケーション・ノート AM64x Power Estimation Tool (Rev. A) 2021年 7月 1日
その他の技術資料 LaunchPad™ kit withSitara™ AM243x MCU Quick Start Guide 2021年 6月 18日
ホワイト・ペーパー Revolutionizing Performance in Real-time Control, Networking and Analytics withK 2021年 6月 13日
ホワイト・ペーパー Revolutionizing Performance in Real-time Control, Networking and Analytics withN 2021年 6月 13日
ユーザー・ガイド AM64x BGA Escape Routing (Rev. A) 2021年 4月 6日
ホワイト・ペーパー Sitara™ AM2x MCU によるリアルタイム制御、ネットワーキング、および分析の革新 英語版をダウンロード 2021年 4月 6日
アプリケーション・ノート High-Speed Interface Layout Guidelines (Rev. H) 2018年 10月 11日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
89
概要

LP-AM243 は、TI の Sitara™ 高性能マイコンである AM243x シリーズ向けの低コスト開発ボードです。このボードは、初期評価とプロトタイプ製作に最適です。LP-AM243 はアプリケーション開発の際に、標準化された使いやすいプラットフォームを提供します。

このボードは LaunchPad™ 開発キットの拡張バージョンであり、開発用の複数の追加ピンを採用し、2 個のブースタパック・プラグイン・モジュールとの接続をサポートしています。また、LP-AM243 にはわかりやすい Out-of-Box Guide (英語) も付属しており、エンジニアがすぐに評価を開始するのに役立ちます。

特長
  • 2 個の RJ45 イーサネット・ポートは、1Gbps または 100Mbps の速度に対応
  • 40 ピン・ブースタパック・プラグイン・モジュール向けのデュアル・インターフェイス
  • 512MB QSPI フラッシュ
  • CAN トランシーバ
  • オンボード XDS110 エミュレータ
評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
299
概要

AM243x EVM は、スタンドアロンのテスト、開発、評価に適した評価基板 (EVM) であり、デベロッパーは各種アプリケーション向けに AM243x の機能を評価し、プロトタイプを開発することができます。

この EVM は、Sitara™ AM2432 プロセッサと付加的なコンポーネントを採用しています。開発ユーザーは、産業用イーサネット、標準的なイーサネット、PCIe、高速シリアル・インターフェイス (FSI) などの各種デバイス・インターフェイスを使用して、プロトタイプを容易に製作できます。AM243x のシリアル・ペリフェラル・インターフェイス (SPI) ポートを使用するオンボード・ディスプレイは、LED に加えて、ローカルの視覚的出力に活用できます。オンボードの電流測定機能が利用可能であり、電力を重視するアプリケーションで消費電力を監視できます。付属の USB ケーブルと、組込み済みのエミュレーション・ロジックを組み合わせると、TI の Code Composer Studio™ のような標準的な開発ツールを使用して、エミュレーションとデバッグを実施できます。また、この EVM (評価基板) にはわかりやすい out-of-box guide (英語) も付属しており、エンジニアがすぐに評価を開始するのに役立ちます。

特長
  • 3 個の RJ45 イーサネット・ポートは、1Gbps または 100Mbps の速度に対応
  • リアルタイム対応でピン数の少ない FSI インターフェイスは、C2000™ マイコンとの容易な接続に寄与
  • 1 インチのディスプレイと複数の LED は、利便性の高い視覚的出力に活用可能
  • x4 レーンの PCIe コネクタは、1 レーンの PCIe カードとのインターフェイスとして動作
  • オンボードの電力測定機能
評価ボード ダウンロード
TQ Group 社 Sitara SOM
TQ-Group からの提供
概要
TQ offers the complete range of services from development, through production and service right up to product life cycle management. The services cover assemblies, equipment and systems including hardware, software and mechanics. Customers can obtain all services from TQ on a modular basis as (...)
開発キット ダウンロード
概要

PHYTEC is an industry-leading provider and integrator of System on Modules (SOMs), embedded middleware and design services that enable customers to bring complex products quickly and easily to market. They guide customers from design to production utilizing deep domain expertise; high-quality (...)

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
AM243x Sitara™ マイコン向けのソフトウェア開発キット (SDK)
MCU-PLUS-SDK-AM243X この MCU+ SDK (マイコン + ソフトウェア開発キット) は TI の組込みプロセッサ向けの統合ソフトウェア・プラットフォームであり、セットアップが容易で、サンプルとベンチマークとデモをすぐに利用できます。 このソフトウェアを使用すると、システム・ソフトウェアの基本的な機能の新規作成が不要になり、アプリケーション開発スケジュールの迅速化が可能になります。

この SDK は、リアルタイム・マルチタスク・カーネル、ネットワーク通信のサポート機能、サンプル、ドライバ、ブートローダで構成されています。この SDK で利用できる内容の詳細は、デバイスの機能によって異なります。ただし、どのデバイスも共通の API (アプリケーション・プログラミング・インターフェイス) に対応しており、既存の実証済みソフトウェア・コンポーネントを土台としているので、信頼性と品質を確保できます。これらの各ソフトウェア・コンポーネントは包括的なテストを実施済みであり、TI の Code Composer Studio 統合開発環境 (CCS IDE) 上で互いに組み合わせた場合でも確実に動作します。

特長
  • ARM Cortex R5F と ARM Cortex M4F の各デバイスで、FreeRTOS と No-RTOS (RTOS を使用しない) をサポート
  • オンチップ SoC ペリフェラルと EVM のペリフェラルに対応する各種デバイス・ドライバ
  • UART や OSPI フラッシュのようなさまざまなブート・メディアに対応する各種ブートローダ
  • ネットワーク機能と産業用プロトコルをサポート
  • 各種ツールとの以下のような緊密な統合:
    • SysConfig ツールを統合した結果、pinmux (ピン・マルチプレクス)、ペリフェラルの構成、クロックの構成を実施するシステム初期化コードを生成可能
    • CCS IDE 経由で、どのサンプルも CCS プロジェクトとの統合が可能
    • TI Resource Explorer (TIREX) を統合した結果、CCS IDE 環境または Web ブラウザから SDK の各種資料を参照可能
    • フラッシュ書き込みツールを使用して、アプリケーションとブートローダをフラッシュ・メディアに書き込み可能
  • 以下のようなデモとサンプルが付属
    • RTOS、No-RTOS (RTOS を使用しない) とデバイス・ドライバに対応する、シンプルで使いやすい各種サンプル
    • EtherCAT のような産業用通信プロトコルに対応する各種サンプル
    • HDSL や EnDat のようなエンコーダに対応するモーター制御プロトコル向け各種サンプル
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ ダウンロード
System configuration tool
SYSCONFIG To help simplify configuration challenges and accelerate software development, we created SysConfig, an intuitive and comprehensive collection of graphical utilities for configuring pins, peripherals, radios, subsystems, and other components.  SysConfig helps you manage, expose and resolve (...)
特長
  • Interactive and intuitive graphical tool for enabling, configuring and generating initialization code for pinmuxing, TI Drivers and stack configuration (Bluetooth® Low Energy, ZigBee®, Thread, TI-15.4, EasyLink and NDK)

  • Real-time conflict management to ensure developers are creating a valid system (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ ダウンロード
IAR Embedded Workbench Kickstart - 無償 4 KB IDE
IAR Systems からの提供 IAR-Kickstart (zip, slac050)

IAR Embedded Workbench Kickstart for MSP430 is an Integrated Development Environment (IDE) for building and debugging embedded applications for MSP430 microcontrollers. The IDE includes a code size limited C-Compiler/Unlimited Assembler/FET Debugger/Simulator. The code (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ ダウンロード
KUNBUS:マルチプロトコル産業用通信向けシングル・ソース
KUNBUS からの提供 KUNBUS は、ドイツを拠点とし、産業用通信や産業用オートメーションを専門とする会社です。KUNBUS は Sitara™ プロセッサ上で動作する複数の事前認定済みプロトコル・ソリューションや、お客様のニーズを満たす付加的なサービスを幅広く提供していることから、KUNBUS は産業用通信システムを開発するうえで最適なパートナーです。詳細については、https://kunbus.com を参照してください。
特長
  • Sitara™ プロセッサ・ベースで動作する、包括的な事前認定済みソリューション
  • 産業用通信に何年も携わってきた専門知識
  • マスター / スレーブ開発で利用可能なツールキット

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM730A.ZIP (2225 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM732.ZIP (21 KB) - BSDL Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM773.ZIP (2 KB) - Thermal Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM779.ZIP (96 KB) - Power Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM781.ZIP (17 KB) - BSDL Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM782.ZIP (1 KB) - Thermal Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM783.ZIP (554 KB) - IBIS Model

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
FC/CSP (ALX) 293 オプションの表示
FCBGA (ALV) 441 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ