トップ

製品の詳細

パラメータ

Integrated VCO No Output frequency (Min) (MHz) 500 Output frequency (Max) (MHz) 3000 Normalized PLL phase noise (dBc/Hz) -210 Current consumption (mA) 3.3 1/f noise (10-kHz offset at 1-GHz carrier) (dBc/Hz) -104 open-in-new その他の RF PLL / シンセサイザ

パッケージ|ピン|サイズ

WQFN (RTW) 24 16 mm² 4 x 4 open-in-new その他の RF PLL / シンセサイザ

特長

  • 低分周比向けの4 重モジュラス・プリスケーラ
    • RF PLL: 8/9/12/13 または16/17/20/21
    • IF PLL: 8/9 または16/17
  • 高度なデルタ・シグマ・フラクショナル補償
    • 12 ビットまたは22 ビットを選択可能なフラクショナル・モジュ ラス
    • 最大4 次までプログラム可能なデルタ・シグマ変調器
  • ロック時間およびプログラミング時間を改善する機能
    • FastLock/ サイクル・スリップ低減機能
    • 内蔵タイムアウト・カウンタ
    • シングル・ワード書き込みで、FastLock 機能を有効にした 周波数変更が可能
  • 広い動作範囲
    • LMX2485 RF PLL: 500MHz ~ 3.0GHz
    • LMX2485E RF PLL: 50MHz ~ 3.0GHz
  • 便利な機能
    • デジタル・ロック検出出力
    • ハードウェアおよびソフトウェアによるパワーダウン制御
    • 水晶基準周波数ダブラーを内蔵
    • 最大50MHz のRF 位相比較周波数
    • 2.5V ~ 3.6V 動作。ICC = 5.0mA (@3.0V)
open-in-new その他の RF PLL / シンセサイザ

概要

LMX2485 は、予備インテジャーN PLL を内蔵した低消費電力、高性能のデルタ・シグマ・フラクショナルN PLL です。こ のデバイスはナショナル セミコンダクターの高度なプロセスを用いて製造されています。

デルタ・シグマ・アーキテクチャにより、オフセット周波数の低い領域にあるフラクショナル・スプリアスが、ループ帯域外のよ り高い周波数に押し上げられます。近接スプリアスや位相ノイズのエネルギーを高い周波数に押し上げる能力は、変調器の次 数から直接決まる関数です。アナログ式の補償と違い、LMX2485 で用いられるデジタル・フィードバックの手法は、温 度変化やウェハ・プロセスの変動に対して高い耐性を持ちます。LMX2485 デルタ・シグマ変調器は、次数を最大4 次ま でプログラム可能です。これにより設計者は、位相ノイズ、スプリアス、ロック時間に関するシステム要件に最も適した変調器 の次数を選択できます。

LMX2485 をプログラムするためのシリアル・データは、3 線式の高速(20MHz) MICROWIRE インタフェースを介して転送しま す。LMX2485 では、優れた周波数分解能、低いスプリアス、高速のプログラミング、周波数のシングル・ワード書き込みによ る変更を実現しています。このため、N カウンタを情報によって直接変調する、直接デジタル変調アプリケーションに最適で す。LMX2485 は24 ピンの4.0 × 4.0 × 0.8mm LLP パッケージで供給されます。

open-in-new その他の RF PLL / シンセサイザ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 2
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート 800MHz インテジャーPLL 内蔵50MHz ~ 3.0GHz 高性能低消費電力デルタ・シグマ・デュアルPLLatinum周波数シンセサイザ データシート (Rev. E 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.G) 2008年 2月 27日
アプリケーション・ノート AN-1879 Fractional N Frequency Synthesis 2013年 4月 26日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ソフトウェア開発

アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク ダウンロード
クロック設計ツール - ループ・フィルタおよびデバイス構成+シミュレーション
CLOCKDESIGNTOOL The Clock Design Tool software helps with part selection, loop filter design and simulation of timing device solutions. When you enter desired output frequencies and a reference frequency (optional), the tool provides TI devices to meet the specified requirements, divider values and a recommended (...)
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク ダウンロード
テキサス・インスツルメンツ PLLatinum シミュレータ・ツール
PLLATINUMSIM-SW The PLLatinum Simulator Tool allows detailed design and simulation of  the Texas Instruments LMX series of PLLs and Synthesizers.
特長
  • Part Selection based on current, cost, phase noise, and package
  • Filter Design up for passive and active filters up to 4th Order
  • Simulation of phase noise including PLL, Fractional Engine, VCO, Input, Dividers, and Loop Filter
  • Simulation of spurs including phase detector and fractional.
  • Simulation of (...)
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク ダウンロード
テキサス・インスツルメンツのクロックおよびシンセサイザ(TICS)プロ・ソフトウェア
TICSPRO-SW The TICS Pro software is used to program the evaluation modules (EVMs) for device numbers with these prefixes: CDC, LMK and LMX. These devices include PLLs and voltage-controlled oscillators (PLL+VCO), synthesizers and clocking devices.
特長
  • Program EVMs through the USB2ANY Interface Adaptor or onboard USB interface.
  • Export programming configurations for use in end application.
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
CodeLoader デバイス・レジスタ・プログラミング
CODELOADER The CodeLoader 4 software is used to program the LMX PLLs and LMK timing devices through either the USB or line print terminal (LPT) port of a computer. This software also provides information on how to program the device by showing the bits that are actually sent.


Which software do I use?

Product

Loop (...)

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
WQFN (RTW) 24 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ