製品の詳細

Processor Arm® Cortex®-M4 Package (mm) 20.5 x 25.0 QFM, 1.27 Pitch, 63-pin Protocols Wi-Fi 2.4 GHz, Wi-Fi 5 GHz Throughput (Max) (Mbps) 16 Security FIPS 140-2 Level 1, Secure boot, Device identity, Secure FW and SW update, Secure storage, Software IP protection, Networking security (WPA3) Features 802.11abgn, IPv4 & IPv6, 16 secure sockets, 4 STA's, 2.4-GHz coexistence
Processor Arm® Cortex®-M4 Package (mm) 20.5 x 25.0 QFM, 1.27 Pitch, 63-pin Protocols Wi-Fi 2.4 GHz, Wi-Fi 5 GHz Throughput (Max) (Mbps) 16 Security FIPS 140-2 Level 1, Secure boot, Device identity, Secure FW and SW update, Secure storage, Software IP protection, Networking security (WPA3) Features 802.11abgn, IPv4 & IPv6, 16 secure sockets, 4 STA's, 2.4-GHz coexistence
QFM (MON) 63
  • 必要なクロック、SPI フラッシュ、パッシブをすべて内蔵した完全統合型グリーンおよび RoHS モジュール
  • 802.11a/b/g/n:2.4GHz と 5GHz
  • FCC、IC/ISED、ETSI/CE、MIC、SRRC 認証取得済み(1)
  • FIPS 140-2 レベル 1 検証済みの IC を内蔵
  • マルチレイヤのセキュリティ機能、開発段階で ID、データ、ソフトウェア IP を保護するのに有効
  • バッテリ駆動アプリケーションに適した低消費電力モード
  • 2.4GHz 無線との共存
  • 産業用温度範囲:–40℃~+85℃
  • CC3235MODx マルチコア・アーキテクチャのシステム・オン・チップ (SoC)
  • CC3235MODAx モジュールは、ホスト・システムへ簡単に統合できるよう内蔵 PCB アンテナを搭載
  • 1.27mm ピッチの QFM パッケージにより組み立てが簡単で、低コストの PCB を設計可能
  • 転送可能な Wi-Fi Alliance 認証
  • アプリケーションのマイクロコントローラ・サブシステム
    • 80MHz 動作の Arm Cortex-M4 コア
    • ユーザー専用メモリ
      • 256KB の RAM
      • オプションで 1MB の実行可能フラッシュ
    • 豊富なペリフェラルとタイマ
      • McASP は 2 つの I2S チャネルをサポート
      • SD、SPI、I2C、UART
      • 8 ビット同期イメージャ・インターフェイス
      • 4 チャネル 12 ビット ADC
      • 4 つの汎用タイマ (GPT)、16 ビット PWM モード搭載
      • ウォッチドッグ・タイマ
      • 最大 27 の GPIO ピン
      • デバッグ・インターフェイス:JTAG、cJTAG、SWD
  • Wi-Fi ネットワーク・プロセッサ・サブシステム
    • Wi-Fi コア
      • 802.11 a/b/g/n:2.4GHz および 5GHz
      • モード
        • アクセス・ポイント (AP)
        • 基地局 (STA)
        • Wi-Fi Direct (2.4GHz でのみサポート)
      • セキュリティ
        • WEP
        • WPA™/WPA2™ PSK
        • WPA2 エンタープライズ
        • WPA3™ パーソナル
        • WPA3™ エンタープライズ
    • インターネットおよびアプリケーション・プロトコル
      • HTTPs サーバー、mDNS、DNS-SD、DHCP
      • IPv4 および IPv6 TCP/IP スタック
      • 16 の BSD ソケット (完全にセキュリティ保護された TLS v1.2 および SSL 3.0)
    • パワー・マネージメント・サブシステム内蔵
      • 低消費電力プロファイル (常時オン、断続的に接続、タグ) を構成可能
      • 高度な低消費電力モード
      • DC/DC レギュレータを内蔵
  • マルチレイヤのセキュリティ機能
    • 独立した実行環境
    • ネットワーク・セキュリティ
    • デバイス ID およびキー
    • ハードウェア・アクセラレータ暗号化エンジン (AES、DES、SHA/MD5、CRC)
    • ファイル・システムのセキュリティ (暗号化、認証、アクセス制御)
    • 初期セキュア・プログラミング
    • ソフトウェアの改ざん検出
    • セキュア・ブート
    • 認証署名要求 (CSR)
    • デバイスごとに固有のキーのペア
  • アプリケーションのスループット
    • UDP:16Mbps
    • TCP:13Mbps
  • パワー・マネージメント・サブシステム
    • 電源電圧範囲の広い内蔵 DC/DC コンバータ
      • 電圧範囲が広い単一電源、VBAT:2.3V~3.6V
    • 高度な低消費電力モード
      • シャットダウン:1µA、ハイバネーション:5.5µA
      • 低消費電力ディープ・スリープ (LPDS):120µA
      • アイドル接続時 (MCU が LPDS 時):710µA
      • RX トラフィック (MCU がアクティブ時):59mA
      • TX トラフィック (MCU がアクティブ時):223mA
    • Wi-Fi TX 出力
      • 2.4GHz:1DSSS で 16dBm
      • 5GHz:6OFDM で 15.1dBm
    • Wi-Fi RX 感度
      • 2.4GHz:1DSSS で –94.5dBm
      • 5GHz:6OFDM で –89dBm
  • 追加の内蔵コンポーネント
    • 40.0MHz 水晶振動子
    • 32.768kHz 水晶振動子 (RTC)
    • 32Mbit SPI シリアル・フラッシュ
    • RF フィルタ、ダイプレクサ、受動部品
  • フットプリント互換の QFM パッケージ
    • CC3235MODx:1.27mm ピッチ、 63 ピン、20.5mm × 17.5mm
    • CC3235MODAx:1.27mm ピッチ、 63 ピン、20.5mm × 25.0mm
  • SimpleLink 開発者エコシステムによるサポート

(1)SRRC ID 認証の使い方の詳細は TI にお問い合わせください。www.tij.co.jp/tool/jp/SIMPLELINK-CC3XXX-CERTIFICATION

  • 必要なクロック、SPI フラッシュ、パッシブをすべて内蔵した完全統合型グリーンおよび RoHS モジュール
  • 802.11a/b/g/n:2.4GHz と 5GHz
  • FCC、IC/ISED、ETSI/CE、MIC、SRRC 認証取得済み(1)
  • FIPS 140-2 レベル 1 検証済みの IC を内蔵
  • マルチレイヤのセキュリティ機能、開発段階で ID、データ、ソフトウェア IP を保護するのに有効
  • バッテリ駆動アプリケーションに適した低消費電力モード
  • 2.4GHz 無線との共存
  • 産業用温度範囲:–40℃~+85℃
  • CC3235MODx マルチコア・アーキテクチャのシステム・オン・チップ (SoC)
  • CC3235MODAx モジュールは、ホスト・システムへ簡単に統合できるよう内蔵 PCB アンテナを搭載
  • 1.27mm ピッチの QFM パッケージにより組み立てが簡単で、低コストの PCB を設計可能
  • 転送可能な Wi-Fi Alliance 認証
  • アプリケーションのマイクロコントローラ・サブシステム
    • 80MHz 動作の Arm Cortex-M4 コア
    • ユーザー専用メモリ
      • 256KB の RAM
      • オプションで 1MB の実行可能フラッシュ
    • 豊富なペリフェラルとタイマ
      • McASP は 2 つの I2S チャネルをサポート
      • SD、SPI、I2C、UART
      • 8 ビット同期イメージャ・インターフェイス
      • 4 チャネル 12 ビット ADC
      • 4 つの汎用タイマ (GPT)、16 ビット PWM モード搭載
      • ウォッチドッグ・タイマ
      • 最大 27 の GPIO ピン
      • デバッグ・インターフェイス:JTAG、cJTAG、SWD
  • Wi-Fi ネットワーク・プロセッサ・サブシステム
    • Wi-Fi コア
      • 802.11 a/b/g/n:2.4GHz および 5GHz
      • モード
        • アクセス・ポイント (AP)
        • 基地局 (STA)
        • Wi-Fi Direct (2.4GHz でのみサポート)
      • セキュリティ
        • WEP
        • WPA™/WPA2™ PSK
        • WPA2 エンタープライズ
        • WPA3™ パーソナル
        • WPA3™ エンタープライズ
    • インターネットおよびアプリケーション・プロトコル
      • HTTPs サーバー、mDNS、DNS-SD、DHCP
      • IPv4 および IPv6 TCP/IP スタック
      • 16 の BSD ソケット (完全にセキュリティ保護された TLS v1.2 および SSL 3.0)
    • パワー・マネージメント・サブシステム内蔵
      • 低消費電力プロファイル (常時オン、断続的に接続、タグ) を構成可能
      • 高度な低消費電力モード
      • DC/DC レギュレータを内蔵
  • マルチレイヤのセキュリティ機能
    • 独立した実行環境
    • ネットワーク・セキュリティ
    • デバイス ID およびキー
    • ハードウェア・アクセラレータ暗号化エンジン (AES、DES、SHA/MD5、CRC)
    • ファイル・システムのセキュリティ (暗号化、認証、アクセス制御)
    • 初期セキュア・プログラミング
    • ソフトウェアの改ざん検出
    • セキュア・ブート
    • 認証署名要求 (CSR)
    • デバイスごとに固有のキーのペア
  • アプリケーションのスループット
    • UDP:16Mbps
    • TCP:13Mbps
  • パワー・マネージメント・サブシステム
    • 電源電圧範囲の広い内蔵 DC/DC コンバータ
      • 電圧範囲が広い単一電源、VBAT:2.3V~3.6V
    • 高度な低消費電力モード
      • シャットダウン:1µA、ハイバネーション:5.5µA
      • 低消費電力ディープ・スリープ (LPDS):120µA
      • アイドル接続時 (MCU が LPDS 時):710µA
      • RX トラフィック (MCU がアクティブ時):59mA
      • TX トラフィック (MCU がアクティブ時):223mA
    • Wi-Fi TX 出力
      • 2.4GHz:1DSSS で 16dBm
      • 5GHz:6OFDM で 15.1dBm
    • Wi-Fi RX 感度
      • 2.4GHz:1DSSS で –94.5dBm
      • 5GHz:6OFDM で –89dBm
  • 追加の内蔵コンポーネント
    • 40.0MHz 水晶振動子
    • 32.768kHz 水晶振動子 (RTC)
    • 32Mbit SPI シリアル・フラッシュ
    • RF フィルタ、ダイプレクサ、受動部品
  • フットプリント互換の QFM パッケージ
    • CC3235MODx:1.27mm ピッチ、 63 ピン、20.5mm × 17.5mm
    • CC3235MODAx:1.27mm ピッチ、 63 ピン、20.5mm × 25.0mm
  • SimpleLink 開発者エコシステムによるサポート

(1)SRRC ID 認証の使い方の詳細は TI にお問い合わせください。www.tij.co.jp/tool/jp/SIMPLELINK-CC3XXX-CERTIFICATION

完全にプログラム可能で、デュアルバンド Wi-Fi 接続機能が内蔵された、FCC、IC/ISED、ETSI/CE、MIC、SRRC 認定済みワイヤレス・マイクロコントローラ (MCU) モジュールを使用して、設計を開始できます。これらのモジュールには、40MHz の水晶振動子、32.768kHz の RTC クロック、32Mb の SPI シリアル・フラッシュ、RF フィルタ、ダイプレクサ、受動部品が組み込まれています。

SimpleLink™ CC3235MODx モジュールは以下の 2 つのバリアントで提供しています。

  • CC3235MODS は、256KB の RAM、IoT ネットワーク・セキュリティ、デバイス ID およびキー、MCU レベルのセキュリティ機能 (ファイル・システム暗号化、ユーザー IP (MCU イメージ) 暗号化、セキュア・ブート、デバッグ・セキュリティなど) を備えています。
  • CC3235MODSF は CC3235MODS の上位製品であり、256KB の RAM に加えて、ユーザー専用の 1MB の実行可能フラッシュも搭載しています。

SimpleLink™ CC3235MODAx モジュールは以下の 2 つのバリアントで提供しています。

  • CC3235MODAS は、256KB の RAM、IoT ネットワーク・セキュリティ、デバイス ID およびキー、MCU レベルのセキュリティ機能 (ファイル・システム暗号化、ユーザー IP (MCU イメージ) 暗号化、セキュア・ブート、デバッグ・セキュリティなど) を備えています。
  • CC3235MODASF は CC3235MODAS の上位製品であり、256KB の RAM に加えて、ユーザー専用の 1MB の実行可能フラッシュも搭載しています。

IoT 用に開発された SimpleLink™ Wi-Fi® CC3235MODx および CC3235MODAx モジュール・ファミリは、物理的に分離された 2 つのオンチップ MCU を統合したワイヤレス・モジュールです。

  • アプリケーション・プロセッサ。この Arm Cortex-M4 MCU は、ユーザー専用の 256KB の RAM と、オプションとして 1MB の実行可能フラッシュを内蔵しています。
  • すべての Wi-Fi およびインターネット論理レイヤを実行するネットワーク・プロセッサ。この ROM ベースのサブシステムは、ホスト MCU を負荷から完全に解放し、802.11 a/b/g/n デュアル・バンド 2.4GHz および 5GHz 無線、ベースバンド、強力なハードウェア暗号化エンジンを持つ MAC を内蔵しています。

この世代では、IoT 接続をより簡単にする新しい機能を導入しています。主要な新機能は次のとおりです。

  • 802.11a/b/g/n:2.4GHz と 5GHz のサポート
  • Bluetooth ® Low Energy 無線との 2.4GHz の共存
  • アンテナ・ダイバーシティ
  • FIPS 140-2 レベル 1 検証済み IC の内蔵による拡張セキュリティ:認定
  • 多くのセキュア・ソケットを同時に使用可能 (最大 16)
  • 認証署名要求 (CSR)
  • オンライン認証ステータス・プロトコル (OCSP)
  • 低消費電力性能などを備えた IoT アプリケーションとして Wi-Fi Alliance 認定を取得済み
  • テンプレート・パケットの転送負荷から解放するための、ホスト不要モード
  • 高速スキャンの改良

CC3235MODx および CC3235MODAx デバイス・ファミリは SimpleLink MCU プラットフォームの一部です。SimpleLink MCU プラットフォームは、豊富なツールセットとリファレンス・デザインを備えた、シングルコア・ソフトウェア開発キット (SDK) に基づく一般的で使いやすい開発環境です。E2E™ サポート・フォーラムは、Wi-Fi、Bluetooth Low Energy、Sub-1GHz、ホスト MCU をサポートしています。詳細については、www.ti.com/simplelink または www.ti.com/simplelinkwifi をご覧ください。

完全にプログラム可能で、デュアルバンド Wi-Fi 接続機能が内蔵された、FCC、IC/ISED、ETSI/CE、MIC、SRRC 認定済みワイヤレス・マイクロコントローラ (MCU) モジュールを使用して、設計を開始できます。これらのモジュールには、40MHz の水晶振動子、32.768kHz の RTC クロック、32Mb の SPI シリアル・フラッシュ、RF フィルタ、ダイプレクサ、受動部品が組み込まれています。

SimpleLink™ CC3235MODx モジュールは以下の 2 つのバリアントで提供しています。

  • CC3235MODS は、256KB の RAM、IoT ネットワーク・セキュリティ、デバイス ID およびキー、MCU レベルのセキュリティ機能 (ファイル・システム暗号化、ユーザー IP (MCU イメージ) 暗号化、セキュア・ブート、デバッグ・セキュリティなど) を備えています。
  • CC3235MODSF は CC3235MODS の上位製品であり、256KB の RAM に加えて、ユーザー専用の 1MB の実行可能フラッシュも搭載しています。

SimpleLink™ CC3235MODAx モジュールは以下の 2 つのバリアントで提供しています。

  • CC3235MODAS は、256KB の RAM、IoT ネットワーク・セキュリティ、デバイス ID およびキー、MCU レベルのセキュリティ機能 (ファイル・システム暗号化、ユーザー IP (MCU イメージ) 暗号化、セキュア・ブート、デバッグ・セキュリティなど) を備えています。
  • CC3235MODASF は CC3235MODAS の上位製品であり、256KB の RAM に加えて、ユーザー専用の 1MB の実行可能フラッシュも搭載しています。

IoT 用に開発された SimpleLink™ Wi-Fi® CC3235MODx および CC3235MODAx モジュール・ファミリは、物理的に分離された 2 つのオンチップ MCU を統合したワイヤレス・モジュールです。

  • アプリケーション・プロセッサ。この Arm Cortex-M4 MCU は、ユーザー専用の 256KB の RAM と、オプションとして 1MB の実行可能フラッシュを内蔵しています。
  • すべての Wi-Fi およびインターネット論理レイヤを実行するネットワーク・プロセッサ。この ROM ベースのサブシステムは、ホスト MCU を負荷から完全に解放し、802.11 a/b/g/n デュアル・バンド 2.4GHz および 5GHz 無線、ベースバンド、強力なハードウェア暗号化エンジンを持つ MAC を内蔵しています。

この世代では、IoT 接続をより簡単にする新しい機能を導入しています。主要な新機能は次のとおりです。

  • 802.11a/b/g/n:2.4GHz と 5GHz のサポート
  • Bluetooth ® Low Energy 無線との 2.4GHz の共存
  • アンテナ・ダイバーシティ
  • FIPS 140-2 レベル 1 検証済み IC の内蔵による拡張セキュリティ:認定
  • 多くのセキュア・ソケットを同時に使用可能 (最大 16)
  • 認証署名要求 (CSR)
  • オンライン認証ステータス・プロトコル (OCSP)
  • 低消費電力性能などを備えた IoT アプリケーションとして Wi-Fi Alliance 認定を取得済み
  • テンプレート・パケットの転送負荷から解放するための、ホスト不要モード
  • 高速スキャンの改良

CC3235MODx および CC3235MODAx デバイス・ファミリは SimpleLink MCU プラットフォームの一部です。SimpleLink MCU プラットフォームは、豊富なツールセットとリファレンス・デザインを備えた、シングルコア・ソフトウェア開発キット (SDK) に基づく一般的で使いやすい開発環境です。E2E™ サポート・フォーラムは、Wi-Fi、Bluetooth Low Energy、Sub-1GHz、ホスト MCU をサポートしています。詳細については、www.ti.com/simplelink または www.ti.com/simplelinkwifi をご覧ください。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
31 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CC3235MODx および CC3235MODAx SimpleLink™ Wi-Fi CERTIFIED™ デュアルバンド・ワイヤレス MCU モジュール データシート (Rev. B 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.B) 2021年 9月 8日
* 放射線と信頼性レポート CC3235MODASF Reliability Data – Reliability Estimate 2020年 2月 5日
ユーザー・ガイド CC3235MODSF LaunchPad Development Kit (LAUNCHCC3235MOD) User’s Guide (Rev. C) 2021年 9月 2日
アプリケーション・ノート SimpleLink Wi-Fi CC3x20, CC3x3x Test Strategy Overview (Rev. A) 2021年 7月 1日
証明書 CC3235MODASF12MON EC Declaration of Conformity (DoC) (Rev. A) 2021年 3月 3日
ユーザー・ガイド SimpleLink™ Wi-Fi® CC3x20, CC3x3x Network Processor (Rev. M) 2020年 9月 30日
アプリケーション・ノート CC3x20, CC3x35 SimpleLink™ Wi-Fi® Internet-on-a chip™ Solution Built-In Security (Rev. C) 2020年 9月 29日
アプリケーション・ノート SimpleLink™ Wi-Fi® CC3x20, CC3x3x Over-the-Air Update Application Report (Rev. B) 2020年 9月 17日
アプリケーション・ノート CE Compliance Test Procedure for TI’s WiFi Devices 2020年 8月 19日
アプリケーション・ノート SimpleLink™ Wi-Fi® CC3135x, CC3235x BLE Coexistence Application Report (Rev. A) 2020年 8月 17日
ユーザー・ガイド SimpleLink™ Wi-Fi® CC3x20 and CC3x35 Provisioning for Mobile Applications User G (Rev. B) 2020年 8月 17日
ユーザー・ガイド SimpleLink™ Wi-Fi® CC3x20, CC3x3x Radio Tool User Guide (Rev. B) 2020年 8月 17日
ユーザー・ガイド UniFlash CC3x20, CC3x3 SimpleLink™ Wi-Fi® and IoC™ Solution ImageCreator and Pro (Rev. H) 2020年 8月 17日
アプリケーション・ノート Using Serial Flash on CC3135 and CC3235x SimpleLink™ Wi-Fi® and IoT Devices (Rev. B) 2020年 8月 17日
証明書 Product Information for CC3xxx Devices as Per Annex-E of EN 300 328 2020年 8月 10日
証明書 Product Information for CC3xxx Devices as Per Annex-G of EN 301 893 2020年 8月 10日
アプリケーション・ノート Variable Time Tag Comparison on SimpleLink™ Devices 2020年 6月 5日
アプリケーション・ノート CE Regulations for SRDs Operating in License-Free 2.4GHz/5GHz Bands-WiFi Devices 2020年 4月 15日
ユーザー・ガイド CC3x35 Hardware Design Checklist (Rev. A) 2020年 2月 17日
アプリケーション・ノート Mod Reliability for CC2564MODx, CC3x00MOD, CC3x20MODx, CC3x2MODAx, and WL18xxMOD (Rev. A) 2020年 2月 6日
アプリケーション・ノート Transfer of TI Wi-Fi® Alliance Certifications to Products Using WFA Cert Policy (Rev. F) 2020年 1月 30日
ホワイト・ペーパー Low-Power Internet Connectivity Over Wi-Fi (Rev. A) 2019年 5月 23日
技術記事 Top 3 design challenges that the new generation of SimpleLink Wi-Fi devices will help you overcome 2019年 2月 21日
ホワイト・ペーパー A primer to Wi-Fi® provisioning for IoT applications (Rev. A) 2019年 1月 31日
アプリケーション・ノート CC3235MOD Production Line Guide 2018年 12月 12日
アプリケーション・ノート CC3120, CC3220 SimpleLink™ Wi-Fi® IoC Networking Subsystem Power Managment (Rev. C) 2018年 11月 2日
技術記事 An out-of-the-box Internet of Things: building a seamless and secure smart home network 2018年 6月 12日
技術記事 Thread vs. Zigbee – what’s the difference? 2018年 5月 16日
技術記事 Your microcontroller deserves a nap – designing “sleepy” wireless applications 2018年 3月 28日
アプリケーション・ノート CC3135 and CC3235 Simplelink™ Wi-Fi® Embedded Programming User's Guide 2018年 3月 21日
ユーザー・ガイド TI-RTOS 2.15 for CC32xx SimpleLink Wireless MCUs Getting Started Guide (Rev. F) 2016年 2月 22日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

開発キット

LAUNCHCC3235MOD — SimpleLink™ Wi-Fi® CC3235MODSF LaunchPad™ 開発キット

SimpleLink™ Wi-Fi® CC3235MODSF LaunchPad™ 開発キット(モジュール・パッケージ封止デバイス付き)は、CC3235MODS および CC3235MODSF デュアル・バンド・ワイヤレス・マイコン(MCU)用の評価開発プラットフォームです。  (...)

在庫あり
制限: 25
ソフトウェア開発キット (SDK)

SIMPLELINK-CC32XX-SDK — SimpleLink™ Wi-Fi® CC32xx ソフトウェア開発キット(SDK)

ステップ 1:LaunchPad を購入
ステップ 2:CC32xx SDK をダウンロード
ステップ 3:SimpleLink Academy で開発を開始

SimpleLink™ Wi-Fi® CC32XX SDK には CC3220 / CC3235 (...)

アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

WIFISTARTERPRO — SimpleLink™ Wi-Fi® Starter Pro

Download on the iTunes App Store
Download on Google play

The SimpleLink™ Wi-Fi® Starter Pro mobile App is a new mobile application for SimpleLink provisioning. It goes along with the embedded provisioning library and example that runs on the device side. The new provisioning release is TI (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

CC3XXXRADIOTEST — SimpleLink Wi-Fi 無線試験ツール

SimpleLink™ Wi-Fi® 無線試験ツールは、開発段階と認定段階で、SimpleLink Wi-Fi CC31xx と CC32xx を使用した設計に関する RF の評価と試験を行うための Windows ベース・ソフトウェア・ツールです。  (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

CCSTUDIO — Code Composer Studio™ 統合開発環境(IDE)

Code Composer Studio™ - 統合開発環境(IDE)

Code Composer Studio は、TI のマイコンと組込みプロセッサ・ポートフォリオをサポートする統合開発環境(IDE)です。Code Composer Studio は、組込みアプリケーションの開発およびデバッグに必要な一連のツールで構成されています。最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。直感的な IDE には、アプリケーションの開発フローをステップごとに実行できる、単一のユーザー・インターフェイスが備わっています。使い慣れたツールとインターフェイスにより、ユーザーは従来より迅速に作業を開始できます。Code Composer Studio は、Eclipse ソフトウェア・フレームワークの利点と、TI の先進的な組込みデバッグ機能の利点を組み合わせ、組込み分野のデベロッパーにとって豊富な機能を備えた魅力的な開発環境を実現します。

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

SYSCONFIG — System configuration tool

To help simplify configuration challenges and accelerate software development, we created SysConfig, an intuitive and comprehensive collection of graphical utilities for configuring pins, peripherals, radios, subsystems, and other components.  SysConfig helps you manage, expose and resolve (...)
プラグイン

SIMPLELINK-SDK-PLUGIN-FOR-AWSIOT — Amazon Web Services(AWS)対応 SimpleLink™ SDK プラグイン

The AWS IoT Plugin is a companion software package that enables development of AWS IoT applications on the SimpleLink™ family of devices.

SimpleLink Plugins are designed to work in tandem with the SimpleLink SDKs. This Plugin is designed to work alongside the SimpleLink CC32XX and MSP432E4 SDKs and (...)

プラグイン

SIMPLELINK-SDK-PLUGIN-FOR-AZUREIOT — Microsoft Azure 向け SimpleLink™ SDK プラグイン

The Azure IoT Plugin is a companion software package that enables development of Azure IoT applications on the SimpleLink™ family of devices.

SimpleLink Plugins are designed to work in tandem with the SimpleLink SDKs. This Plugin is designed to work alongside the SimpleLink CC32XX and MSP432E4 SDKs (...)

ソフトウェア・プログラミング・ツール

EMBEDDED-PROGRAMMING — SimpleLink™ Wi-Fi® 埋込プログラミング

Each product that has an embedded CC3120/CC3220 device on board must also have a serial flash device connected. The serial flash must be formatted and, at minimum, be programmed with the Service Pack that contains necessary software updates and additional features. In the case of CC3220, a binary (...)
ソフトウェア・プログラミング・ツール

UNIFLASH — UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family

サポート対象のデバイス: CC13xx、CC25xx、CC26xx、CC3x20、CC3x30、CC3x35、Tiva、C2000、MSP43x、Hercules、PGA9xx、IWR12xx、IWR14xx、IWR16xx、IWR18xx、IWR68xx、AWR12xx、AWR14xx、AWR16xx、AWR18xx。  コマンドライン専用:AM335x、AM437x、AM571x、AM572x、AM574x、M65XX、K2G

CCS Uniflash は、TI マイコン (MCU) 上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara プロセッサのオンボード・フラッシュ・メモリをプログラムする (書き込む) 目的で使用する、スタンドアロンのツールです。Uniflash には、GUI、コマンド・ライン、スクリプト・インターフェイスがあります。CCS Uniflash は無料で利用できます。

設計ツール

SIMPLELINK-WIFI-DESIGN-REVIEWS — Hardware design reviews for SimpleLink™ Wi-Fi devices

アセンブリの図面

CC3235MODA LaunchPad Design Files

SWRR169.ZIP (11222 KB)
認証

SIMPLELINK-CC3XXX-CERTIFICATION — SimpleLink™ CC3XXX の無線認証

Are you looking for CC31XX or CC32XX certification support? SIMPLELINK-CC3XXX-CERTIFCATION provides the relevant information and support for successful certification of your product. Within this page you will find the latest certification reports of our Modules as well as our evaluation boards for (...)
リファレンス・デザイン

TIDC-01005 — SimpleLink™ Wi-Fi® によるクラウド接続機能搭載、バッテリ駆動スマート・ロックのリファレンス・デザイン

This reference design demonstrates how to create a battery-powered electronic smart lock with integrated Wi-Fi®. The design demonstrates how the SimpleLink™ Wi-Fi CC3220S wireless MCU (SoC) can be used as the main system controller and network processor to create a highly integrated (...)
リファレンス・デザイン

TIDM-1020 — SimpleLink™ ワイヤレス MCU ベース・サーモスタットのリファレンス・デザイン

大部分のサーモスタット設計者の目標は、ネットワーク接続型の低消費電力マイコンをベースとするスマート・サーモスタットを製作し、さまざまなセンサを安全な方法でクラウドに接続して、リモート監視とリモート制御を実現することです。TIDM-1020 は、Wi-Fi® コネクティビティを搭載した主要なマイコンとして CC3220 を使用し、スマート・サーモスタットを実装するためのソフトウェア・リファレンスを公開しています。このデザインは、サーモスタット最終機器のデベロッパ、エンジニア、システム評価担当の皆様に最適なデザインです。各種アナログ / デジタル・センサ、クラウド・コネクティビティ・サービス、HMI、PIR(パッシブ赤外線センサ)、外部リレー制御機能に CC3220SF を統合する方法を示すリファレンス・コードを公開しています。このリファレンス・デザインは、インターネット / クラウドへの低消費電力の接続、リモート制御とプログラミング、データのリモート監視、デバイスとアプリケーションのファームウェアに対するセキュアなワイヤレス(Over The Air、OTA)アップデートの方法を示すことも目的としています。
リファレンス・デザイン

TIDC-CC3200-VIDEO — Wi-Fi でビデオ/オーディオ・ストリーミングを実施する SimpleLink™ CC32xx-OV788 のリファレンス・デザイン

The design enables OV788 ultra-low power video compression chip users to bring live streaming capabilities of audio and video data over Wi-Fi® very easily. It showcases a single chip implementation of RTP video streaming + Wi-Fi connection on the SimpleLink™ CC3200 Wi-Fi wireless (...)
リファレンス・デザイン

TIDC-CC3200AUDBOOST — Wi-Fi オーディオ・ストリーミング・アプリケーション、SimpleLink Wi-Fi CC3200 Launchpad 用

この SimpleLink Wi-Fi CC3200ローンチパッドとオーディオ・ブースタパックのデザインを活用すると、新規アプリケーションや、HD デジタル・スピーカのような既存のアプリケーションに対して、Wi-Fi オーディオ・ストリーミング機能を追加することができます。デジタル・マイクやステレオ/モノラル・オーディオ・ジャックから出力されたオーディオのキャプチャと、別の Wi-Fi 対応デバイスへのストリーミングや再生を実現できます。受信した Wi-Fi オーディオは、オンボードのステレオ・オーディオ・ジャックやターミナル・ブロックを通じて、ステレオ・スピーカやデジタル・スピーカに送信することもできます。
パッケージ ピン数 ダウンロード
QFM (MON) 63 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ