トップ

製品の詳細

パラメータ

Features Standard, 7x5mm Output frequency (Max) (MHz) 156.25 Output level LVPECL Jitter (ps) 0.15 Stability (ppm) 50 VCC core (V) 3.3 Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の 発振器

パッケージ|ピン|サイズ

QFM (SIA) 6 - open-in-new その他の 発振器

特長

  • 低ノイズ、高性能
    • ジッタ:150fs RMS (標準値)、Fout > 100MHz
    • PSRR: –60dBc、堅牢な電源ノイズ耐性
  • 対応出力フォーマット
    • LVPECL、LVDS、HCSL (最大400MHz)
  • 合計周波数公差:±50ppm (LMK60X2)、±25ppm (LMK60X0)
  • 動作電圧: 3.3V
  • 工業用温度範囲: (-40℃~+85℃)
  • 7mm× 5mmの6ピン・パッケージ、業界標準の7050 XOパッケージとピン互換

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 発振器

概要

LMK60EXは低ジッタの発振器ファミリで、一般的に使用されるリファレンス・クロックを生成します。このデバイスは、任意のリファレンス・クロック周波数をサポートするよう工場であらかじめプログラムされ、出力フォーマットとしてLVPECL、LVDS、HCSLで最大400MHzをサポートします。内部的な電力コンディショニングにより、電源リップル除去(PSRR)が非常に優れているため、電力供給ネットワークのコストと複雑性を減らすことができます。単一の3.3V±5%電源で動作します。

open-in-new その他の 発振器
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 3
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LMK60XX 高性能、低ジッタ発振器 データシート (Rev. C 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.C) 2017年 12月 28日
ユーザー・ガイド LMK60xxEVM User's Guide 2017年 2月 9日
技術記事 How to select an optimal clocking solution for your FPGA-based design 2015年 12月 9日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$75.00
概要
事前指定済み周波数(156.25 MHz)と事前定義済み出力構成(LVPECL)でクロックを出力する LMK60xx 向けの評価モジュールです。ユーザーによる調整は許可されておらず、実行できません。
特長
  • 超低ノイズ、高性能(150fs fout = 156.25MHz)
  • ユーザー調整機能は非搭載
  • 単一 3.3V 電源
  • 単一差動 LVPECL 出力

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SNAM201.ZIP (24 KB) - IBIS Model

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
QFM (SIA) 6 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示