LMK61E07 EEPROM 内蔵の超低ジッタ・プログラマブル発振器 | TIJ.co.jp

LMK61E07 (供給中) EEPROM 内蔵の超低ジッタ・プログラマブル発振器

 

概要

LMK61E07ファミリの超低ジッタPLLatinumTMプログラマブル発振器は、fractional-N周波数シンセサイザと内蔵VCOを使用して、一般的に使用されるリファレンス・クロックを生成します。LMK61E07の出力は、LVPECL、LVDS、またはHCSLとして構成できます。このデバイスは、オンチップのEEPROMにより自己起動し、工場でプログラムされたデフォルト出力周波数を生成します。また、デバイスのレジスタとEEPROM設定は、I2Cシリアル・インターフェイス経由でシステム内で完全にプログラム可能です。このデバイスは、I2Cシリアル・インターフェイスにより細かい/粗い周波数マージン処理を実行でき、デジタル制御の発振器(DCXO)となります。

PLL帰還分周値の更新により、スパイクやグリッチなしに出力周波数を調整できます。xDSLの要件との互換のためには12.5MHzのPFD (R分周値 = 4、ダブラー無効)を使用し1ppb未満の刻みで、放送ビデオの要件との互換のためには100MHzのPFD (R分周値 = 1、ダブラー有効)を使用し5.2ppb未満の刻みで調整が可能です。また、周波数マージン処理機能により、標準への準拠やシステムのタイミング・マージン・テストなどのシステム設計検証テスト(DVT)が容易になります。

特長

  • 超低ノイズ、高性能
    • ジッタ: 90fs RMS (fOUT > 100MHzでの標準値、LMK61E07)
    • PSRR: -70dBcの堅牢な電源ノイズ耐性(LMK61E07)
  • 柔軟な出力フォーマット(LMK61E07)
    • LVPECL: 最大1GHz
    • LVDS: 最大900MHz
    • HCSL: 最大400MHz
  • 合計周波数許容誤差: ±25ppm
  • システム・レベルの機能
    • グリッチなしの周波数マージン処理: 公称値から最大±1000ppm
    • EEPROM内蔵: スタートアップ設定をユーザーが構成可能
  • その他の特長
    • デバイス制御: 最大1000kHzのファースト・モードI2C
    • 動作電圧: 3.3V
    • 工業用温度範囲: (-40℃~+85℃)
    • 7mm×5mmの8ピン・パッケージ
  • デフォルト周波数
    • 70.656MHz

All trademarks are the property of their respective owners.

機能一覧

他の製品と比較 クロック発振器 メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Features Output frequency (Max) (MHz) Output level Jitter (ps) Stability (ppm) VCC core (V) Operating temperature range (C)
LMK61E07 ご注文 Programmable with EEPROM
7x5mm    
1000     HCSL
LVDS
LVPECL    
0.150     25     3.3     -40 to 85    
LMK60E2-156M ご注文 Standard
7x5mm    
156.25     LVPECL     0.15     50     3.3     -40 to 85    
LMK61A2-100M ご注文 Standard
7x5mm    
100     LVDS     0.1     50     3.3     -40 to 85    
LMK61E0M ご注文 Standard
7x5mm    
200     LVCMOS     0.5     25     3.3     -40 to 85    
LMK61E2 ご注文 Programmable with EEPROM
7x5mm    
1000     HCSL
LVDS
LVPECL    
0.1     50     3.3     -40 to 85    
LMK62E2-156M ご注文 Standard
5x3.2mm    
156.25     LVPECL     0.15     50     3.3     -40 to 85