製品の詳細

Quiescent current (Max) (uA) 2 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 Interface type I2C Input type Light
Quiescent current (Max) (uA) 2 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 Interface type I2C Input type Light
USON (DNP) 6 4 mm² 2 x 2
  • Precision Optical Filtering to Match Human Eye:
    • Rejects > 99% (typ) of IR
  • Automatic Full-Scale Setting Feature Simplifies Software and Ensures Proper Configuration
  • Measurements: 0.01 lux to 83 k lux
  • 23-Bit Effective Dynamic Range With
    Automatic Gain Ranging
  • 12 Binary-Weighted Full-Scale Range Settings:
    < 0.2% (typ) Matching Between Ranges
  • Low Operating Current: 1.8 µA (typ)
  • Operating Temperature Range: –40°C to +85°C
  • Wide Power-Supply Range: 1.6 V to 3.6 V
  • 5.5-V Tolerant I/O
  • Flexible Interrupt System
  • Small-Form Factor: 2.0 mm × 2.0 mm × 0.65 mm
  • Precision Optical Filtering to Match Human Eye:
    • Rejects > 99% (typ) of IR
  • Automatic Full-Scale Setting Feature Simplifies Software and Ensures Proper Configuration
  • Measurements: 0.01 lux to 83 k lux
  • 23-Bit Effective Dynamic Range With
    Automatic Gain Ranging
  • 12 Binary-Weighted Full-Scale Range Settings:
    < 0.2% (typ) Matching Between Ranges
  • Low Operating Current: 1.8 µA (typ)
  • Operating Temperature Range: –40°C to +85°C
  • Wide Power-Supply Range: 1.6 V to 3.6 V
  • 5.5-V Tolerant I/O
  • Flexible Interrupt System
  • Small-Form Factor: 2.0 mm × 2.0 mm × 0.65 mm

The OPT3001 is a sensor that measures the intensity of visible light. The spectral response of the sensor tightly matches the photopic response of the human eye and includes significant infrared rejection.

The OPT3001 is a single-chip lux meter, measuring the intensity of light as visible by the human eye. The precision spectral response and strong IR rejection of the device enables the OPT3001 to accurately meter the intensity of light as seen by the human eye regardless of light source. The strong IR rejection also aids in maintaining high accuracy when industrial design calls for mounting the sensor under dark glass for aesthetics. The OPT3001 is designed for systems that create light-based experiences for humans, and an ideal preferred replacement for photodiodes, photoresistors, or other ambient light sensors with less human eye matching and IR rejection.

Measurements can be made from 0.01 lux up to 83k lux without manually selecting full-scale ranges by using the built-in, full-scale setting feature. This capability allows light measurement over a 23-bit effective dynamic range.

The digital operation is flexible for system integration. Measurements can be either continuous or single-shot. The control and interrupt system features autonomous operation, allowing the processor to sleep while the sensor searches for appropriate wake-up events to report via the interrupt pin. The digital output is reported over an I2C- and SMBus-compatible, two-wire serial interface.

The low power consumption and low power-supply voltage capability of the OPT3001 enhance the battery life of battery-powered systems.

The OPT3001 is a sensor that measures the intensity of visible light. The spectral response of the sensor tightly matches the photopic response of the human eye and includes significant infrared rejection.

The OPT3001 is a single-chip lux meter, measuring the intensity of light as visible by the human eye. The precision spectral response and strong IR rejection of the device enables the OPT3001 to accurately meter the intensity of light as seen by the human eye regardless of light source. The strong IR rejection also aids in maintaining high accuracy when industrial design calls for mounting the sensor under dark glass for aesthetics. The OPT3001 is designed for systems that create light-based experiences for humans, and an ideal preferred replacement for photodiodes, photoresistors, or other ambient light sensors with less human eye matching and IR rejection.

Measurements can be made from 0.01 lux up to 83k lux without manually selecting full-scale ranges by using the built-in, full-scale setting feature. This capability allows light measurement over a 23-bit effective dynamic range.

The digital operation is flexible for system integration. Measurements can be either continuous or single-shot. The control and interrupt system features autonomous operation, allowing the processor to sleep while the sensor searches for appropriate wake-up events to report via the interrupt pin. The digital output is reported over an I2C- and SMBus-compatible, two-wire serial interface.

The low power consumption and low power-supply voltage capability of the OPT3001 enhance the battery life of battery-powered systems.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
13 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート OPT3001 Ambient Light Sensor (ALS) データシート (Rev. C) 2017年 11月 6日
アプリケーション・ノート Buildup Test Platform for Stand-Alone OPT300x 2020年 4月 3日
アプリケーション・ノート How to Select an Ambient Light Sensor for Your End Equipment (Rev. B) 2019年 11月 25日
技術記事 Understanding tamper detection sensors 2019年 11月 18日
ユーザー・ガイド BOOSTXL-BASSENSORS User's Guide 2018年 6月 18日
アプリケーション・ノート OPT3001: Ambient Light Sensor Application Guide (Rev. A) 2017年 9月 19日
アプリケーション・ノート Automatic control of Display backlight using an Ambient Light Sensor 2017年 8月 18日
技術記事 Collecting environmental data with less energy and wiring 2017年 5月 23日
その他の技術資料 Engineering A Smarter Building 2016年 1月 26日
技術記事 Cold chain in the IoT 2015年 11月 20日
技術記事 How to bring the IoT to older buildings with automation technology 2015年 8月 13日
アプリケーション・ノート Understanding the I2C Bus 2015年 6月 30日
ユーザー・ガイド OPT3001EVM User's Guide (Rev. A) 2014年 10月 14日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

BOOSTXL-BASSENSORS — Sensors BoosterPack plug-in module for building automation

The BOOSTXL-BASSENSORS BoosterPack plug-in module is an easy way to add digital sensors to your LaunchPad development kit. MCU Launchpad developers can use this BoosterPack module to start developing sensor applications using the on-board temperature, humidity, ambient light, and hall-effect (...)
在庫あり
制限: 5
評価ボード

BOOSTXL-SENSORS — センサ BoosterPack プラグイン・モジュール

BOOSTXL-SENSORS ブースタパック・プラグイン・モジュールを使用すると、LaunchPad&trade (...)
評価ボード

CC3200STK-WIFIMK — Wi-Fi SensorTag

SimpleLink™ Wi-Fi® CC3200 SensorTag 開発キットは、迅速かつ簡単にセンサのクラウドへの直接接続を可能にします。

新しい Wi-Fi SensorTag キットは、低消費電力 SimpleLink Wi-Fi CC3200 ワイヤレス・マイコンをベースとしており、Wi-Fi コネクティビティを内蔵した業界初の (...)

在庫あり
制限: 10
評価ボード

LPSTK-CC1352R — SimpleLink™ multi band CC1352R wireless MCU Launchpad™ SensorTag kit

TI LaunchPad™ SensorTag キットは、環境とモーションを対象にする統合型センサ、マルチバンドのワイヤレス・コネクティビティ、使いやすいソフトウェアを組み合わせたもので、コネクテッド (ネットワーク接続型 (...)

評価ボード

NFC-DATALOGGER-EVM — NFC インターフェイス搭載、超低消費電力マルチセンサ・データ・ロガーの評価基板

この NFC-DATALOGGER-EVM は、包括的なリファレンス・デザインを提示しています
用途は、アセット・トラッキング (資産管理) とコールド・チェーンのデータ・ロギングです。
5 年以上のバッテリ動作に対応し、シンプルな NFC (近距離
無線通信) インターフェイスを通じて、構成と読み取りに
対応しています。フレキシビリティを最大限に高めるために、システムが提供している
選択肢は複数のセンサ構成に対応しており、監視対象は、
温度 (TMP112)、周辺光 (OPT3001)、
湿度 (HDC1000) のいずれかまたは複数です。NFC を実現しているのは
TI の RF430CL331H であり、最大 64KB の不揮発性
FRAM メモリを利用できるのは MSP430FR5969
マイコン (MCU) です。

この NFC-DATALOGGER-EVM は、資産管理とコールド・チェーンのデータ・ロギング向けの包括的なリファレンス・デザインです。5 年以上のバッテリ寿命を実現するとともに、構成と読み取りのためのシンプルな NFC (近距離無線通信) インターフェイスを搭載しています。フレキシビリティを最大限に高めるために、このシステムは温度 (TMP112)、周辺光 (OPT3001)、湿度 (HDC1000) のそれぞれを監視する目的で、複数のセンサ構成を選択肢として用意しています。NFC を実現しているのは TI の RF430CL331H であり、MSP430FR5969 マイコンで最大 64KB の不揮発性 FRAM メモリが利用できます。

在庫あり
制限: 3
評価ボード

OPT3001EVM — OPT3001 人間の目と同様の高精度応答を実現するデジタル周辺光センサ (ALS) の評価基板

The OPT3001 is an ambient light sensor (ALS) with a digital output integrated circuit.  It uses a two-wire interface that works with the I2C protocol making it ideal for many applications.  The OPT3001EVM is a platform for evaluating the performance of the OPT3001 under various (...)

在庫あり
制限: 3
ドーター・カード

BOOSTXL-EDUMKII — 教育用ブースタパック MKII

設計ファイルのダウンロード

教育用ブースタバック MKII は高度に統合されているので、包括的なソリューションのプロトタイプを短期間で製作できます。アナログ・ジョイスティック、環境/モーション・センサ、RGB LED、マイク、ブザー、カラー LCD ディスプレイなど、さまざまなアナログおよびデジタル入出力を思いどおりに利用できます。

このブースタパックは、Energia との組み合わせを想定した開発です。Energia は、コミュニティが開発したオープン・ソースのコーディング環境であり、ファームウェアを迅速に開発できるように、直観的な API と使いやすいソフトウェア・ライブラリで構成された、信頼性の高いフレームワークによってサポートされています。Energia v12 またはそれ以降を推奨します。Energia の詳細については、www.energia.nu をご覧ください。

設計ファイルのダウンロード

在庫あり
制限: 100
開発キット

CC2650STK — SimpleLink SensorTag

新しい SensorTag IoT キットは、クラウド対応製品の設計に便利です。この新しい SensorTag は、小さな赤いパッケージに封止されている 10 個の低消費電力 MEMS センサが内蔵されています。また、DevPack を使用して拡張できることから、独自のセンサやアクチュエータを簡単に追加できます。

 

Bluetooth Low Energy を使用すると、わずか 3 分でクラウドとの接続を確立してセンサ・データをオンラインで利用可能にすることができます。SensorTag は購入時の状態で iOS / Android アプリから利用可能で、プログラミング経験が不要です。

新しい SensorTag のベースとなっている CC2650 ワイヤレス・マイコン (MCU) は、Bluetooth Low Energy の従来製品と比べて 75% の消費電力削減を実現しています。このため SensorTag はバッテリ動作が可能であり、コイン・セル・バッテリ 1 個で数年間の動作を実現できます。

Bluetooth Low Energy SensorTag は iBeacon テクノロジーを採用しています。この結果、携帯電話やスマートフォンからアプリケーションを起動し、SensorTag データと物理的な位置に基づいてコンテンツをカスタマイズすることができます。

さらに、ZigBee®/6LoWPAN 技術と組み合わせて SensorTag を活用することもできます。

在庫あり
制限: 999999999
ドライバまたはライブラリ

OPT3001SW-LINUX — Linux ドライバ、OPT3001 用

この Linux ドライバは、人間の目に類似した高精度の応答性を実現するデジタル周囲光センサ (ALS) である OPT30001 をサポートしています。また、この Linux ドライバは I2C バス経由の通信をサポートするほか、IIO (産業用入出力) クラスを Linux カーネルに登録します。
Linux のメインライン・ステータス

Linux メインラインで利用可能か:はい
git.ti.com から入手可能か:N/A

サポート対象デバイス:
  • OPT3001
Linux ソース・ファイル

このデバイスに関連付けられているファイル:

  1. drivers/iio/light/opt3001.c
ソース・ファイル

drivers/iio/light/opt3001.c

 

ドライバ・サポートの有効化

"make menuconfig" を使用してカーネルを構成します (代わりに、"make xconfig" または "make nconfig" (...)
CAD/CAE シンボル

OPT3001 STEP Model

SBOC449.ZIP (41 KB)
多くのTIリファレンス・デザインには、 OPT3001 が含まれています。

TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

パッケージ ピン数 ダウンロード
USON (DNP) 6 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ