トップ

製品の詳細

パラメータ

Arm CPU 2 ARM Cortex-A72 Arm MHz (Max.) 1800 DSP 1 C7x, 2 C66x DSP MHz (Max) 1350, 1000 Graphics processing unit (GPU) 1 GE8430 2D/3D GPU frequency (Max) (MHz) 750 Hardware accelerators 1 Deep Learning accelerator, 1 Depth and Motion accelerator, 1 Video Encode/Decode accelerator, 1 Vision Processing accelerator Co-processor(s) MCU island: 2 ARM Cortex-R5F (lockstep opt), SoC main: 4 ARM Cortex-R5F (lockstep opt) Features MCU island: ASIL-D, SoC main: ASIL-B Security Cryptographic acceleration, Debug security, Device identity, Isolation firewalls, Secure boot & storage & programming, Software IP protection, Trusted execution environment Other on-chip memory 9.5 MB EMIF 1 32-bit DRAM LPDDR4-3733 Storage interface 1 2L UFS, 1 eMMC, 2 SDIO SPI 1 OSPI/HyperBus, 1 QSPI, 11 McSPI CSI-2 4L TX, 8L RX Display type 2 DPI, 1 DSI, 1 EDP Ethernet MAC 8-port 2.5Gb switch PCIe 4 PCIe Gen3 Serial I/O I2C, I3C, UART, CAN-FD, USB Rating Catalog open-in-new その他の TDAx ADAS SoCs

パッケージ|ピン|サイズ

FCBGA (ALF) 827 open-in-new その他の TDAx ADAS SoCs

特長

  • プロセッサ・コア:
  • C7x 浮動小数点、ベクタ DSP、最高 1.0GHz、80GFLOPS、256GOPS
  • ディープラーニング用マトリクス乗算アクセラレータ (MMA)、1.0GHz で最大 8TOPS (8b)
  • 画像信号プロセッサ (ISP) と複数のビジョン支援アクセラレータによるビジョン処理アクセラレータ (VPAC)
  • 深度およびモーション処理アクセラレータ (DMPAC)
  • 最高 1.8GHz、22K DMIPS のデュアル 64 ビット Arm® Cortex®-A72 マイクロプロセッサ・サブシステム
    • デュアル・コア Cortex®-A72 クラスタごとに 1MB の共有 L2 キャッシュ
    • Cortex®-A72 コアごとに 32KB L1 D キャッシュと 48KB L1 I キャッシュ
  • 最高 1.0GHz、12K DMIPS の 6 つの Arm® Cortex®-R5F MCU
    • コア・メモリごとに 64K L2 RAM
    • 分離 MCU サブシステムの 2 つの Arm® Cortex®-R5F MCU
    • 汎用計算パーティションの 4 つの Arm® Cortex®-R5F MCU
  • 2 つの C66x 浮動小数点 DSP、最高 1.35GHz、
    40GFLOPS、160GOPS
  • 3D GPU PowerVR® Rogue 8XE GE8430、最高 750MHz、96GFLOPS、6Gpix/sec
  • ほぼ最大限の処理権限をサポートするカスタム設計された相互接続構造
  • メモリ・サブシステム
  • 最大 8MB のオンチップ L3 RAM、ECC およびコヒーレンシ機能付き
    • ECC エラー保護
    • 共有コヒーレント・キャッシュ
    • 内部 DMA エンジンをサポート
  • ECC 付きの外部メモリ・インターフェイス (EMIF) モジュール
    • LPDDR4 メモリ・タイプをサポート
    • 最高 3733MT/s の速度をサポート
    • インライン ECC 付きで最高 14.9GB/s の 32 ビット・データバス
  • 汎用メモリ・コントローラ (GPMC)
  • MAIN ドメインの 512KB のオンチップ SRAM、ECC 保護付き
  • 安全性:MCU アイランドで ASIL-D、メイン・プロセッサで ASIL-B を満たすように設計
  • デュアル Arm® Cortex®-R5F コアと浮動小数点コプロセッサの統合型 MCU アイランド・サブシステム (オプションでロックステップ動作可能)、ASIL-D の安全要件 / 認定を満たすように設計
    • 512B のスクラッチパッド RAM メモリ
    • 最大 1MB のオンチップ RAM、R5F 専用 ECC 付き
    • 統合 Cortex®-R5F MCU アイランドを独立した電圧およびクロック・ドメインに分離
      • より大きな SoC から分離可能な専用メモリとインターフェイス
  • TDA4VM メイン・プロセッサは、ASIL-B の安全性要件 / 認定を満たすように設計
    • オンチップ・メモリと相互接続の広範な ECC 保護
    • CPU とオンチップ RAM のための内蔵セルフテスト (BIST) とフォルト・インジェクション
    • エラー・ピン付きのエラー・シグナリング・モジュール (ESM)
    • ランタイムの安全性診断、電圧、温度、クロックの監視、ウィンドウ付きウォッチドッグ・タイマ、CRC エンジンによるメモリ整合性チェック
    • ISO 26262 要件を満たす必要のあるアプリケーション用に安全性ドキュメントを利用可能
  • デバイスのセキュリティ
  • セキュアなランタイム・サポートによるセキュア・ブート
  • お客様がプログラム可能なルート・キー (RSA-4K または ECC-512 まで)
  • 組み込みハードウェア・セキュリティ・モジュール
  • 暗号化ハードウェア・アクセラレータ - ECC 付き PKA、AES、SHA、RNG、DES、3DES
  • 高速シリアル・インターフェイス
  • 次の機能をサポートするイーサネット・スイッチを内蔵
    (合計 8 つの外部ポート)
    • 最大 8 つの 2.5Gb SGMII
    • 最大 8 つの RMII (10/100) または RGMII (10/100/1000)
    • 最大 2 つの QSGMII
  • 最大 4 つの PCI-Express®(PCIe) Gen3 コントローラ
    • コントローラごとに最大 2 つのレーン
    • Gen1 (2.5GT/s)、Gen2 (5.0GT/s)、Gen3 (8.0GT/s) で動作 (オート・ネゴシエーション付き)
  • 2 つの USB 3.0 デュアルロール・デバイス (DRD) サブシステム
    • 2 つの Enhanced SuperSpeed Gen1 ポート
    • 各ポートは Type-C スイッチングをサポート
    • 各ポートを個別に USB ホスト、USB ペリフェラル、USB DRD として構成可能
  • 車載インターフェイス
  • CAN-FD をフルサポートする 16 個のモジュラー・コントローラ・エリア・ネットワーク (MCAN) モジュール
  • キャプチャ・サブシステム
  • 2 つの CSI2.0 4L RX と 1 つの CSI2.0 4L TX
    • レーンごとに 2.5Gbps の RX スループット (合計 20Gbps)
  • ディスプレイ・サブシステム
  • 1 つの eDP/DP インターフェイス (マルチ・ディスプレイ・サポート (MST) 付き)
    • HDCP1.4/HDCP2.2 高帯域幅デジタル・コンテンツ保護
  • 1 つの DSI TX (最大 2.5K)
  • 最大 2 つの DPI
  • オーディオ・インターフェイス
  • 12 個のマルチチャネル・オーディオ・シリアル・ポート (MCASP) モジュール
  • ビデオ・アクセラレーション
  • Ultra-HD ビデオ、1 つ (3840 × 2160p、60fps) または 2 つ (3840 × 2160p、30fps) の H.264/H.265 デコード
  • Full-HD ビデオ、4 つ (1920 × 1080p、60fps) または 8 つ (1920 × 1080p、30fps) の H.264/H.265 デコード
  • Full-HD ビデオ、1 つ (1920 × 1080p、60fps) または最大 3 つ (1920 × 1080p、30fps) の H.264 エンコード
  • フラッシュ・メモリ・インターフェイス
  • 組み込みの MultiMediaCard インターフェイス (eMMC™ 5.1)
  • 2 つのレーンを持つユニバーサル・フラッシュ・ストレージ (UFS 2.1)
  • 2つの Secure Digital® 3.0/Secure Digital Input Output 3.0 インターフェイス (SD3.0/SDIO3.0)
  • 2 つの同時フラッシュ・インターフェイスを以下のように構成可能
    • 1 つの OSPI と 1 つの QSPI フラッシュ・インターフェイス
    • または HyperBus™ と QSPI フラッシュ・インターフェイス
  • システム・オン・チップ (SoC) アーキテクチャ
  • 16nm FinFET テクノロジ
  • 24mm × 24mm、0.8mm ピッチ、827 ピンの FCBGA (ALF)、IPC クラス 3 PCB 配線に対応
  • TPS6594-Q1 コンパニオン電力管理 IC (PMIC)
  • ASIL-D までの機能安全性
  • 柔軟なマッピングにより各種の使用事例をサポート

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の TDAx ADAS SoCs

概要

TDA4VM プロセッサ・ファミリは、革新的な Jacinto™ 7 アーキテクチャを基礎とし、ADAS および自律走行車 (AV) アプリケーションを対象としており、ADAS プロセッサ市場において TI がリーダーとして 10 年以上蓄積した膨大な市場知識の上に構築されています。TDA4VM は、高度なシステム統合によって、従来型とディープ・ラーニングの両方のアルゴリズムを業界最高の電力 / 性能比で高精度計算し、集中 ECU またはスタンドアロン・センサの複数センサ方式をサポートする先進車載用プラットフォームの拡張とコスト低減を実現できます。主要なコアとして、スカラーおよびベクター・コアを持つ次世代 DSP、ディープ・ラーニング専用および従来型アルゴリズム用アクセラレータ、汎用計算用の最新の Arm および GPU プロセッサ、統合型次世代イメージング・サブシステム (ISP)、ビデオ・コーデック、イーサネット・ハブ、分離された MCU アイランドが含まれています。これらはすべて、車載グレードの安全性とセキュリティ・ハードウェア・アクセラレータにより保護されています。

主要な高性能コアの概要

「C7x」次世代 DSP は、TI の業界最先端の DSP と EVE コアを 1 つの高性能コアに統合し、浮動小数点ベクトル計算機能を追加することで、ソフトウェアのプログラミングを簡単にしながら従来のコードとの後方互換性を確保しています。新しい「MMA」ディープ・ラーニング・アクセラレータにより、一般的な車載用のワーストケースの接合部温度である 125℃で動作させた場合、業界最低の電力エンベロープ内で最高 8TOPS の性能を発揮できます。専用 ADAS/AV ハードウェア・アクセラレータは、システム性能に影響を及ぼさずに、ビジョン・プリプロセッシングに加えて距離測定およびモーション処理を行います。

汎用コンピューティング・コアと統合の概要

Arm® Cortex®-A72 の独立したデュアル・コア・クラスタ構成により、ソフトウェア・ハイパーバイザをほとんど使わないでマルチ OS アプリケーションに対応できます。最大 4 つの Arm® Cortex®-R5F サブシステムにより低レベルでタイミング・クリティカルな処理タスクを実行でき、 Arm® Cortex®-A72 はアプリケーションの負荷に専念できます。内蔵の「8XE GE8430」GPU は最高 100GFLOPS の性能を備えており、拡張表示アプリケーションの動的 3D レンダリングを可能にします。既存の世界最先端の ISP に基づいて構築された TI の第 7 世代 ISP は、より広範なセンサ・スイートを処理する柔軟性、より深いビット深度のサポート、分析アプリケーションを対象とした機能を備えています。内蔵セキュリティ機能が現代の攻撃からデータを保護する一方で、内蔵診断および安全性機能は ASIL-D レベルまでの動作をサポートしています。大きなデータ帯域幅を要求するシステムに対応するため、PCIe ハブとギガビット・イーサネット・スイッチが内蔵されており、多くのセンサ入力に必要なスループットをサポートするための CSI-2 ポートも内蔵されています。さらに高度な統合のため、TDA4VM ファミリには MCU アイランドも内蔵されているため、外部のシステム・マイクロプロセッサは不要です。

open-in-new その他の TDAx ADAS SoCs
ダウンロード

サンプル供給

ALF パッケージはプレビュー・ステータスです。XTDA4VMXXXGALF 用量産開始前サンプルが入手可能です (XJ721EGALF と記載)。  ご注文

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 18
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TDA4VMADAS および自律走行車向けの Jacinto™ 車載用プロセッサシリコン・リビジョン 1.0 データシート (Rev. E 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.E) 2020年 6月 23日
* ユーザー・ガイド AM752x/DRA829/TDA4xM Technical Reference Manual 2019年 11月 14日
アプリケーション・ノート Jacinto 7 LPDDR4 Board Design and Layout Guidelines 2020年 4月 23日
ホワイト・ペーパー A 360-degree view of surround-view and automated parking systems. 2020年 3月 1日
ホワイト・ペーパー A 360-degree view of surround-view and automated parking systems.. 2020年 3月 1日
ホワイト・ペーパー Leverage Jacinto 7 Processors Functional Safety Features for Automotive DesignsK 2020年 3月 1日
ホワイト・ペーパー Leverage Jacinto 7 Processors Functional Safety Features for Automotive DesignsN 2020年 3月 1日
ホワイト・ペーパー Jacinto 7 プロセッサの機能安全性能を車載設計に活用 英語版をダウンロード 2020年 2月 28日
ホワイト・ペーパー 360 度サラウンドビューと自動駐車システム 英語版をダウンロード 2020年 1月 28日
技術記事 Making ADAS technology more accessible in vehicles 2020年 1月 7日
その他の技術資料 Jacinto Automotive Processor System-On-Module Quick Start Guide 2019年 10月 10日
アプリケーション・ノート Jacinto 7 High-Speed Interface Layout Guidelines 2019年 10月 4日
ユーザー・ガイド C6000-to-C7000 Migration User's Guide 2019年 8月 11日
ユーザー・ガイド VCOP Kernel-C to C7000 Migration Tool User's Guide 2019年 8月 11日
ユーザー・ガイド TPS6594, TP6594-Q1, TPS6593, TP6593-Q1 Technical Reference Manual 2019年 7月 9日
技術記事 Smart sensors are going to change how you drive (because eventually, you won’t) 2018年 4月 25日
技術記事 AI in Automotive: Practical deep learning 2018年 2月 8日
技術記事 How to maintain automotive front camera thermal performance on a hot summer day 2018年 2月 2日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
TDA4VMXEVM
TDA4VMXEVM
document-generic ユーザー・ガイド
概要

TDA4VMXEVM は、ADAS アプリケーション開発の迅速化と、開発期間の短縮を実現する評価プラットフォームです。

TDA4x EVM は、TDA4VMx システム・オン・チップ (SoC) をベースとしています。この SoC は、TI の固定 / 浮動小数点 TMS320C66x デジタル信号プロセッサ (DSP) である C71x DSP のコア、AI 用 Matrix Math Accelerator、Arm® Cortex®-A72 コア、統合 ISP とビジョン処理アクセラレーション、2D および 3D GPU コア、H.264 エンコード / H.265 エンコード・アクセラレーションの組み合わせで形成された、強力でスケーラブルな異種アーキテクチャを採用しています。デュアル・ロックステップ R5F コアを搭載したオンチップ Safety Island は、外部セーフティ・マイコンの必要性を低下させ、さらにシステム部品点数を低減しながら、システムで ASIL-D レベルの認定に役立ちます。オンチップ・ペリフェラルを使用すると、CSI-2 経由のマルチカメラ入力、PCI Express、CAN-FD、ギガビット Ethernet に基づいた自動車との接続、DSI インターフェイス経由のディスプレイ・コネクティビティが可能になります。 

この評価基板は、プロセッサ SDK のビジョンでサポートされています。これには、基礎的なドライバ、コンピューティングおよびビジョン・カーネル、強力な異種 SoC アーキテクチャの利用方法をユーザーに紹介するサンプル・アプリケーション・フレームワークおよびデモが含まれています、

特長
  • SOM
    • J721E プロセッサ
    • コモン・プロセッサ・ボードと連携 (基本の評価基板機能には SOM と CP が必要)
    • 最適化済みの電源ソリューション (PMIC)
    • DRAM、LPDDR4‐3733、4GByte 合計メモリ、インライン ECC をサポート
    • オクタル SPI NOR フラッシュ、512Mb メモリ (8 ビット)
    • HyperFlash + HyerRAM、512Mb フラッシュ・メモリー + 256Mb RAM
  • コモン・プロセッサ (CP) ボード
    • プロセッサ SOM と連携 (基本の評価基板機能には SOM と CP が必要)
    • UFS フラッシュ・メモリー、32GByte、2 レーン、ギヤ 3
    • USB3.1 type C インターフェイス、DFP、DRP、UFP モードをサポート
    • ディスプレイ・ポート、最大 4K の解像度、MST サポート付き
    • 2 個の PCIe カード・スロット、1 個の PCIe M.2 スロット (M キー)、すべて Gen3
開発キット ダウンロード
概要
These rugged development kits are in a finalized product form-factor that lets you evaluate TI ADAS technology under realistic on-vehicle conditions. Accelerate development of autonomous vision-based navigation systems for automotive, transportation and materials handling applications. The (...)

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
Software Development Kit for DRA8x & TDA4x Jacinto Automotive Processors
PROCESSOR-SDK-DRA8X-TDA4X — Processor SDK RTOS Automotive (PSDKRA) and Processor SDK Linux Automotive (PSDKLA) together form a multi-processor software development platform for TDA4x and DRA8x SoCs within the TI’s Jacinto™ automotive platform. The SDK provides a comprehensive set of software tools and (...)
特長

PSDKLA:

  • R5F SPL: eMMC boot, HS400 mode support
  • A72 U-boot: USB Mass Storage Class, Device Firmware Upgrade (DFU) , Universal Flash Storage (UFS), eMMC boot
  • Kernel Connectivity drivers: CPSW9G Ethernet Virtual driver, USB gadget, dual role support, SD card Ultra-High Speed (UHS) mode, PCIe backplane (...)
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク ダウンロード
Third party folder page for Hella-Aglaia Forward Camera Algorithms
Hella Aglaia からの提供 HELLA Aglaia develops embedded software solutions for advanced driver assistance systems – compliant with certified industry standards and ready for hardware integration.

Leveraging the powerful deep learning capabilities of the TDA4x processor family, HELLA Aglaia’s robust image processing (...)

アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク ダウンロード
Third party folder page for Momenta Deep Learning Algorithms for ADAS
Momenta からの提供 Momenta’s deep learning based algorithms for ADAS applications make full use of the DSP cores and accelerators on TDA4x for neural network processing. Designed to achieve market leading computational and power efficiency, Momenta’s algorithms offer an array of pre- and post-imaging (...)
デバッグ・プローブ ダウンロード
XDS110 JTAG デバッグ・プローブ
TMDSEMU110-U The Texas Instruments XDS110 is a new class of debug probe (emulator) for TI embedded processors. The XDS110 replaces the XDS100 family while supporting a wider variety of standards (IEEE1149.1, IEEE1149.7, SWD) in a single pod. Also, all XDS debug probes support Core and System Trace in all ARM and (...)
$99.00
特長

The XDS110 is the latest entry level debug probe (emulators) for TI embedded processors. Designed to be a complete solution that delivers JTAG and SWD connectivity at a low cost, the XDS110 is the debug probe of choice for entry-level debugging of TI microcontrollers, processors and SimpleLink (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
Blackhawk XDS560v2 システム・トレース USB エミュレータ
TMDSEMU560V2STM-U The XDS560v2 System Trace is the first model of the XDS560v2 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. The XDS560v2 is the highest performance of the XDS family of debug probes and supports both the traditional JTAG standard (IEEE1149.1) and cJTAG (IEEE1149.7).

The (...)

$995.00
特長

XDS560v2 is the latest variant of the XDS560 family of high-performance debug probes (emulators) for TI processors. With the fastest speeds and most features of the entire XDS family, XDS560v2 is the most comprehensive solution to debug TI microcontrollers, processors and wireless connectivity (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
Code Composer Studio IDE
CCSTUDIO

Code Composer Studio™ - 統合開発環境(IDE)

Code Composer Studio は、TI のマイコンと組込みプロセッサ・ポートフォリオをサポートする統合開発環境(IDE)です。Code Composer Studio は、組込みアプリケーションの開発およびデバッグに必要な一連のツールで構成されています。最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。直感的な IDE には、アプリケーションの開発フローをステップごとに実行できる、単一のユーザー・インターフェイスが備わっています。使い慣れたツールとインターフェイスにより、ユーザーは従来より迅速に作業を開始できます。Code Composer Studio は、Eclipse ソフトウェア・フレームワークの利点と、TI の先進的な組込みデバッグ機能の利点を組み合わせ、組込み分野のデベロッパーにとって豊富な機能を備えた魅力的な開発環境を実現します。

特長

プラットフォームごとの特長- 個別のプロセッサ・ファミリで利用できる機能の詳細をご確認ください。

 

Code Composer Studio は TI の幅広い組込みプロセッサ・ポートフォリオを包括的にサポートします。お探しのファミリに対応するリンクが上に表示されていない場合は、そのファミリのプロセッサ・コアが最も類似した製品のリンクを選択してください。


ダウンロード

  • Code Composer Studio の最新バージョンをダウンロード
  • 追加のダウンロード - 以前のバージョンを含む包括的なダウンロード・リストを利用するには、Code Composer Studio download site(英語)にアクセスしてください。
  • クラウド・ツール - TI のクラウド・ツールにアクセスするには、dev.ti.com をご利用ください。特定のデバイスに関連するリソース全般の参照や、デモ・アプリケーションの実行、さらに Code Composer Studio Cloud を使用した開発が可能です。

追加情報

オペレーティング・システム(OS) ダウンロード
QNX Neutrino RTOS
QNX Software Systems からの提供 — QNX Neutrino® リアルタイム・オペレーティング・システム(RTOS)はフル機能を搭載した信頼性の高い RTOS で、車載、医療、交通、軍用、産業用組込みシステム向けの次世代製品を可能にします。マイクロカーネル採用の設計とモジュール型アーキテクチャにより、総所有コストを低減しながら、高度に最適化された信頼性の高いシステムを実現できます。

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM751.ZIP (13 KB) - BSDL Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM752.ZIP (1983 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM753.ZIP (1 KB) - Thermal Model
計算ツール ダウンロード
Clock Tree Tool for Sitara™ ARM® Processors
CLOCKTREETOOL The Clock Tree Tool (CTT) for Sitara™ ARM®, Automotive, and Digital Signal Processors is an interactive clock tree configuration software that provides information about the clocks and modules in these TI devices. It allows the user to:
  • Visualize the device clock tree
  • Interact with clock tree elements (...)
document-generic ユーザー・ガイド
計算ツール ダウンロード
ピン・マルチプレクサ・ユーティリティ、ARM MPU プロセッサ(AM389x、AM35x、AM/DM37x、C6A816x、DM816x、OMAP35x)用
PINMUXTOOL The Pin MUX Utility is a software tool which provides a Graphical User Interface for configuring pin multiplexing settings, resolving conflicts and specifying I/O cell characteristics for TI MPUs. Results are output as C header/code files that can be imported into software development kits (SDKs) or (...)

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
FCBGA (ALF) 827 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ