トップ

製品の詳細

パラメータ

Function Clock generator Number of outputs 2 Output frequency (Max) (MHz) 1296 VCC core (V) 3.3 VCC out (V) 3.3 Input type LVPECL Output type LVDS Operating temperature range (C) -40 to 85 Features 3.3-V VCC/VDD, Pin programmable Rating Catalog open-in-new その他の クロック・ジェネレータ

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RHB) 32 25 mm² 5 x 5 open-in-new その他の クロック・ジェネレータ

特長

  • Integrated Low-Noise Clock Generator Including
    PLL, VCO, and Loop Filter
  • Two Low-Noise 100-MHz Clocks (LVPECL,
    LVDS, or pair of LVCMOS)
    • Support for HCSL Signaling Levels
      (AC-Coupled)
    • Typical Period Jitter: 21 ps pk-pk
    • Typical Random Jitter: 510 fs RMS
    • Output Type Set by Pins
  • Bonus Single-Ended 25-MHz Output
  • Integrated Crystal Oscillator Input Accepts
    25-MHz Crystal
  • Output Enable Pin Shuts Off Device and Outputs
  • 5-mm × 5-mm 32-Pin VQFN Package
  • ESD Protection Exceeds 2000 V HBM, 500 V
    CDM
  • Industrial Temperature Range (–40°C to 85°C)
  • 3.3-V Power Supply
open-in-new その他の クロック・ジェネレータ

概要

The CDCM9102 is a low-jitter clock generator designed to provide reference clocks for communications standards such as PCI Express™. The device supports up to PCIE gen3 and is easy to configure and use. The CDCM9102 provides two 100-MHz differential clock ports. The output types supported for these ports include LVPECL, LVDS, or a pair of LVCMOS buffers. HCSL signaling is supported using an AC-coupled network. The user configures the output buffer type desired by strapping device pins. Additionally, a single-ended 25-MHz clock output port is provided. Uses for this port include general-purpose clocking, clocking Ethernet PHYs, or providing a reference clock for additional clock generators. All clocks generated are derived from a single external 25-MHz crystal.

open-in-new その他の クロック・ジェネレータ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 7
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CDCM9102 Low-Noise Two-Channel 100-MHz Clock Generator データシート 2016年 4月 25日
技術記事 How to select an optimal clocking solution for your FPGA-based design 2015年 12月 9日
セレクション・ガイド Analog for Xilinx (R) FPGAs Selection Guide - 2015 2015年 1月 7日
技術記事 Clocking sampled systems to minimize jitter 2014年 7月 31日
技術記事 Timing is Everything: How to optimize clock distribution in PCIe applications 2014年 3月 28日
その他の技術資料 クロック&タイミング・ソリューション (Rev. A 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.C) 2013年 12月 11日
ユーザー・ガイド CDCM9102EVM Evaluation Module 2012年 2月 27日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$199.00
概要

CDCM9102EVM is the evaluation module for CDCM9102, a low-jitter clock generator designed to provide reference clocks for communications standards such as PCI Express. The device is easy to configure and use. The CDCM9102 provides two 100-MHz differential clock ports. The output types supported for (...)

特長
  • Easy-to-use evaluation module to generate clock signals with low jitter and phase noise
  • Easy device setup
  • Control pins configurable through jumpers
  • Requires 3.3-V power supply
  • Single-ended or crystal input clock reference
  • Termination available for LVPECL, LVDS, and LVCMOS output clocks
評価基板 ダウンロード
$1,146.54
概要
J6Entry, RSP and TDA2E-17 CPU Board EVM is an evaluation platform designed to speed up development efforts and reduce time to market for Infotainment  reconfigurable Digital Cluster or Integrated Digital Cockpit and ADAS applications. The CPU board integrates key peripherals such as parallel (...)
特長
  • 2GB DDR3L
  • LP8733/LP8732 Power Solution
  • On-board eMMC, NAND, NOR
  • USB3, USB2, PCIe, Ethernet, COM8Q, CAN, MLB, MicroSD and HDMI connectors
評価基板 ダウンロード
$2,324.44
概要

The J6Entry/RSP EVM is an evaluation platform designed to speed up development efforts and reduce time to market for applications such as Infotainment, reconfigurable Digital Cluster or Integrated Digital Cockpit.

The main CPU board integrates these key peripherals such as Ethernet or HDMI, while the (...)

特長
  • 10.1" Display with capacitive Touch
  • JAMR3 Radio Tuner Application Board
  • 2GB DDR3L
  • LP8733/LP8732 Power Solution
  • On-board eMMC, NAND, NOR
  • USB3, USB2, PCIe, Ethernet, COM8Q, CAN, MLB, MicroSD and HDMI connectors

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SCAM055.ZIP (64 KB) - IBIS Model

リファレンス・デザイン

参考设计 ダウンロード
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
参考设计 ダウンロード
AM572x 向け OPC UA データ・アクセス・サーバのリファレンス・デザイン
TIDEP0078 — OPC UA は、接続された機械間の相互運用性と通信を実現する Industry 4.0 向け産業用 M2M(マシン・ツー・マシン)プロトコルです。TIDEP0078 は、設計プロジェクトで採用される組込み OPC UA (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
参考设计 ダウンロード
DLP® 構造化光使用、AM572x プロセッサ・ベース 3D マシン・ビジョンのリファレンス・デザイン
TIDEP0076 — The TIDEP0076 3D machine vision design describes an embedded 3D scanner based on the structured light principle. A digital camera along with a Sitara™ AM57xx processor System on Chip (SoC)  is used to capture reflected light patterns from a DLP4500-based projector. Subsquent processing of (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.B)
参考设计 ダウンロード
AM57x 上のモンテカルロ・シミュレーション、OpenCL 使用、DSP アクセラレーション用、リファレンス・デザイン
TIDEP0046 TI’s high performance ARM® Cortex®-A15 based AM57x processors also integrate C66x DSPs. These DSPs were designed to handle high signal and data processing tasks that are often required by industrial, automotive and financial applications. The AM57x OpenCL implementation makes it easy (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
参考设计 ダウンロード
電源および熱設計検討事項、TI 製 AM57x プロセッサ使用、リファレンス・デザイン
TIDEP0047 This TI Design (TIDEP0047) is a reference platform based on the AM57x processor and companion TPS659037 power management integrated circuit (PMIC).  This TI Design specifically highlights important power and thermal design considerations and techniques for systems designed with AM57x and (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RHB) 32 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示