トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of channels (#) 1 Vs (Max) (V) 36 Vs (Min) (V) 2.7 Input offset (+/-) (Max) (uV) 50 Gain (Min) (V/V) 1 Gain (Max) (V/V) 10000 Noise at 1 kHz (Typ) (nV/rt (Hz)) 10 CMRR (Min) (dB) 107 Input offset drift (+/-) (Max) (uV/C) 0.5 Input bias current (+/-) (Max) (nA) 5 Iq (Typ) (mA) 0.35 Bandwidth at min gain (Typ) (MHz) 0.8 Gain error (+/-) (Max) (%) 1 Operating temperature range (C) -40 to 85 Noise at 0.1 Hz-10 Hz (Typ) (uVpp) 0.28 Gain non-linearity (+/-) (Max) (%) 0.002 open-in-new その他の 計測アンプ

パッケージ|ピン|サイズ

PDIP (P) 8 93 mm² 9.81 x 9.43 SOIC (D) 8 19 mm² 3.91 x 4.9 open-in-new その他の 計測アンプ

特長

  • このデバイスには新しいバージョン INA818 が存在します
  • 低いオフセット電圧:50µV (最大値)
  • 低いドリフト係数:0.5µV/℃ (最大値)
  • 低い入力バイアス電流:5nA (最大値)
  • 高CMR:110dB 以上
  • ±40V までの入力保護
  • 広い電源電圧範囲: ±1.35~±18V
  • 低い静止電流: 350µA
  • パッケージ:8 ピンのプラスチック DIP、SO-8

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 計測アンプ

概要

INA118 は、精度の優れた低消費電力の汎用計装アンプです。本デバイスは、用途が広い 3 オペアンプ設計を採用しており、サイズが小型であるため、広範なアプリケーションに非常に適しています。電流帰還入力回路により、高いゲインでも広い帯域幅が得られます (G = 100 で 70kHz)。

1 個の外付け抵抗で、1~10000 の任意のゲインを設定できます。内部入力保護機能は、損傷なしに±40Vまで耐えられます。

INA118 はレーザー・トリムにより、非常に低いオフセット電圧 (50µV) とドリフト係数 (0.5µV/℃)、高い同相除去 (G = 1000 で 110dB) を実現しています。INA118 は、最低 ±1.35V の電源で動作し、静止電流がわずか 350µA であるため、バッテリ動作システムに非常に適しています。

INA118 は 8 ピンのプラスチック DIP および SO-8 表面実装パッケージで供給され、-40℃~+85℃の温度範囲で動作が規定されています。

アップグレードされた INA818 は、同じ静止電流で、より低い入力段オフセット電圧 (最大値 35µV)、入力バイアス電流 (最大値 0.5nA)、ノイズ (8nV/√Hz) を実現しています。テキサス・インスツルメンツ製の高精度計装アンプのラインナップについては、「デバイス比較表」を参照してください。

open-in-new その他の 計測アンプ
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能およびパラメーターが同等の比較製品
INA818 アクティブ Low power (350-µA), precision instrumentation amp with ±60-V overvoltage protection (gain pins 1, 8) より高い GBW(2MHz)、DC 精度(最大 35µV Vos、0.4µV/C 最大ドリフト)、CMRR(140dB 最小)とより低いバイアス電流(最大 0.5nA)を備えたピン・ツー・ピン・デバイス

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 8
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート INA118 高精度、低消費電力計装アンプ データシート (Rev. B 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.B) 2020年 3月 4日
技術記事 What is an instrumentation amplifier? 2019年 8月 9日
アプリケーション・ノート MUX-Friendly Precision Operational Amplifiers 2019年 3月 26日
技術記事 How to layout a PCB for an instrumentation amplifier 2016年 10月 14日
ユーザー・ガイド Universal Instrumentation Amplifier EVM User’s Guide 2016年 8月 9日
技術記事 Dealing with rejection: Instrumentation amplifier PSRR and CMRR (Part I) 2013年 11月 25日
ユーザー・ガイド INA623EVM User's Guide 2013年 9月 11日
アプリケーション・ノート 最適な計測アンプ設計 2005年 10月 10日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
概要

The universal INAEVM (Instrumentation Amplifier Evaluation Module) is available in two package options that simplify prototyping precision instrumentation amplifiers in either the SO-8 (D) package or the MSOP-8(DGK) package with the pinout shown.  See the chart below for compatible TI INA’s. Note (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SBFC023A.ZIP (5 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOC151B.TSC (109 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOM016A.ZIP (55 KB) - PSpice Model
シミュレーション・ツール ダウンロード 計算ツール ダウンロード
アナログ技術者向けカリキュレータ
ANALOG-ENGINEER-CALC — アナログ・エンジニア向けカリキュレータは、アナログ回路設計エンジニアが日常的に繰り返し行っている計算の多くを迅速化します。この PC ベース・ツールはグラフィカル・インターフェイスにより、帰還抵抗を使用したオペアンプのゲイン設定から、A/D コンバータ(ADC)のドライブ・バッファ回路の安定化に最適な部品の選択に至るまで、一般的に行われている各種計算のリストを表示します。スタンドアロン・ツールとして使用できるほか、『アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド』で説明されているコンセプトと組み合わせることもできます。
特長
  • A/D コンバータ(ADC)と D/A コンバータ(DAC)の回路設計を迅速化
    • ノイズの計算
    • 一般的な単位変換
  • アンプ回路設計の一般的な問題を解決
    • 標準的な抵抗を使用してゲインを選択
    • フィルタの構成
    • 一般的なアンプ構成の総ノイズ
  • PCB 寄生成分の計算(R、L、C など)
  • 一般的なセンサのセンサ出力値の算定(RTD、熱電対など)
  • 受動回路の一般的な問題を解決(受動部品を使用する電圧デバイダなど)
計算ツール ダウンロード
計測アンプの入力同相範囲を計算
INA-CMV-CALC The Common-Mode Input Range Calculator is tool for quickly generating plots of an instrumentation amplifier’s common-mode input range vs output. The tool is compatible with both 2-amp and 3-amp instrumentation amplifiers utilizing any supply range.

The Common-Mode Input Range Calculator is pre-loaded (...)

特長
  • Preloaded with 20 of TI’s most popular instrumentation amplifier specifications
  • Customizable supply, gain, and voltage reference options
  • Calculator displays output limitations graphically and numerically
計算ツール ダウンロード
SBOC452I.ZIP (209503 KB)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
TIDA-010065
TIDA-010065 — このリファレンス・デザインは、絶縁形式で電圧と電流を測定することを目的として、絶縁型アンプ向けの絶縁型電源を生成するシンプルなアーキテクチャを採用しています。強化絶縁を採用したフル統合型の DC/DC コンバータは 5V 入力で動作し、5V または (低ドロップアウト (LDO) レギュレータのヘッドルームを確保する目的で) 5.4V の絶縁型電力を生成するように構成することができます。入力範囲が ±50mV である複数の絶縁型アンプは、複数のチャネル絶縁入力という形で構成済みであり、これらのアンプに接続した複数のシャントを使用して電流を測定します。入力範囲が ±250mV または ±12V である複数の絶縁型アンプは、複数のグループ絶縁入力という形で構成済みであり、これらのアンプに接続した電位デバイダの出力を使用して電圧を測定します。これらの絶縁型アンプの出力は、24 ビットのデルタ・シグマ A/D コンバータ (ADC) に直接接続する方法、またはゲイン・アンプを使用して ±10 V にスケール化した後、16 ビット SAR ADC に接続する方法で性能を評価できます。オンボードのデジタル診断機能は、信頼性の向上と、性能の強化に貢献します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
Ethernet や 6LoWPAN RF メッシュなどをサポートするユニバーサル・データ・コンセントレータのリファレンス・デザイン
TIDA-010032 — IPv6-based grid communications are becoming the standard choice in industrial markets and applications like smart meters and grid automation. The universal data concentrator design provides a complete IPv6-based network solution integrated with Ethernet backbone communication, 6LoWPAN RF mesh (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
PDIP (P) 8 オプションの表示
SOIC (D) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ