トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of channels (#) 1 Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) 2.85 Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) 12.6 BW @ Acl (MHz) 60 Acl, min spec gain (V/V) 1 Slew rate (Typ) (V/us) 230 Vn at flatband (Typ) (nV/rtHz) 4 Iq per channel (Typ) (mA) 0.78 Rail-to-rail In to V-, Out Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 0.25 Operating temperature range (C) -40 to 125 Output current (Typ) (mA) 27 2nd harmonic (dBc) 117 3rd harmonic (dBc) 124 GBW (Typ) (MHz) 60 Input bias current (Max) (pA) 600000 CMRR (Typ) (dB) 110 open-in-new その他の 完全差動アンプ

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RGT) 16 9 mm² 3 x 3 VSSOP (DGK) 8 15 mm² 3 x 4.9 WQFN (RUN) 10 4 mm² 2 x 2 open-in-new その他の 完全差動アンプ

特長

  • 帯域幅:60MHz (G = 1V/V)
  • スルー・レート:230V/µs
  • ゲイン帯域幅積:68MHz
  • 電圧ノイズ:
    • 1/f 電圧ノイズ・コーナー:8Hz
    • 広帯域ノイズ (≥ 500Hz):4nV/√ Hz
  • 入力オフセット:±250µV 以下
    • ドリフト:±4µV/℃以下
  • 電源動作範囲:2.85V~12.6V
  • 消費電流:775µA
  • 負のレール入力 (NRI)
  • レール・ツー・レール出力 (RRO)
  • 非常に小さい高調波歪み:
    • HD2:2VPP、100kHz において –117dBc
    • HD3:2VPP、100kHz において –124dBc
  • 0.01% セトリング (2V ステップ):90ns

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 完全差動アンプ

概要

THS4561 完全差動アンプ (FDA) は、高精度アナログ / デジタル・コンバータ (ADC) に必要な、シングルエンド信号源から差動出力への簡単なインターフェイスとして機能します。THS4561 は、わずか 775µA の静止電流でありながら、8Hz の非常に低い 1/f 電圧ノイズ・コーナーと -130dB の小さな全高調波歪み (THD) を実現するように設計されているため、アンプと ADC の組み合わせによる最高水準の信号対雑音比 (SNR) とスプリアス・フリー・ダイナミック・レンジ (SFDR) が必要とされる、電力の制約が厳しいデータ・アクイジション (DAQ) システムに最適です。

THS4561 は、DC 結合、グランド中心のソース信号と、単一電源の差動入力 ADC とを接続するために必要な負レール入力機能を備えています。DC 誤差とドリフトが小さいため、新しい高速高分解能の逐次比較型 (SAR) およびデルタ・シグマ (ΔΣ) ADC の入力要件をサポートできます。2.85V~12.6V の電源範囲に対応し、出力同相モード電圧を柔軟に設定でき、電源へのヘッドルームが小さくて済むため、幅広い ADC 入力および DAC 出力要件をサポートできます。

THS4561 デバイスは、–40℃~+125℃で動作が規定されています。

open-in-new その他の 完全差動アンプ
ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 10
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート THS4561 低消費電力、高電力範囲、60MHz、完全差動アンプTHS4561 低消費電力、高電力範囲、60MHz、完全差動アンプ データシート (Rev. C 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.D) 2020年 12月 31日
アプリケーション・ノート 完全差動アンプを使用するシングルエンド入力、差動出力回路 英語版をダウンロード 2019年 1月 24日
アプリケーション・ノート 完全差動アンプを使用する差動入出力回路 英語版をダウンロード 2019年 1月 24日
アプリケーション・ノート Attenuator amplifier design to maximize differential ADCs input voltage 2018年 6月 14日
ユーザー・ガイド THS4561 EVM Users Guide 2017年 8月 10日
技術記事 How to minimize filter loss when you drive an ADC 2016年 10月 20日
技術記事 Go differential to differentiate your precision design 2016年 8月 11日
技術記事 How to use a fully differential amplifier as a level shifter 2016年 7月 13日
技術記事 What you need to know about internal ESD protection on integrated circuits 2015年 12月 2日
アプリケーション・ノート 高速オペアンプのノイズ解析 (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2007年 12月 5日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
99
概要
The THS4561DGKEVM is an evaluation module (EVM) for the single THS4561 amplifier in the DGK (VSSOP-8) package. This EVM is designed to quickly and easily demonstrate the functionality and versatility of the amplifier. The THS4561DGKEVM is ready to connect to power, signal source, and test (...)
特長
  • Configured for split-supply operation and easily modified for single supply
  • Default gain of 1 configuration is easily reconfigured for other gains
  • Designed for easy connection to standard 50-Ω input and output impedance test equipment
  • Inputs and outputs include SMA connectors

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOMAE3C.ZIP (42 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOMAE4C.TSC (36 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOMAE5C.ZIP (11 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOMBM0.TSC (94 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOMBM1.TSC (1083 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析
シミュレーション・ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
大電流アプリケーション向けバッテリ・テスタのリファレンス・デザイン
TIDA-01040 — リチウムイオン・バッテリの構成と電気的テストには高精度の電圧 / 電流制御が必要で、通常は規定された温度範囲にわたって ±0.05% 以内の精度が求められます。  このリファレンス・デザインは 8V ~ 16V の入力(バス)電圧と 0V ~ 5V の出力負荷(バッテリ)電圧に対応した大電流(最大 50A)バッテリ・テスタ・アプリケーションを実現します。内蔵のマルチフェーズ双方向コントローラ LM5170 と高精度データ・コンバータ、計測アンプを組み合わせ、0.01% フルスケールの充放電精度を実現します。バッテリ容量の最大化とバッテリ構成時間の最小化のため、高精度定電流(CC)/ 定電圧(CV)較正ループと簡素化したインターフェイスを使用しています。主要な設計理論をすべて取り上げており、部品の選択プロセスや最適化について解説しています。また、回路図、基板レイアウト、ハードウェア・テスト、結果も公開しています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.B)
リファレンス・デザイン ダウンロード
マルチフェーズ、高精度、0.5 ~ 100A のバッテリ構成に対応するバッテリ・テスタのリファレンス・デザイン
TIDA-01041 — This reference design provides a multi-phase solution for a wide range of current battery test applications. Leveraging the dual phase buck/boost controller LM5170's daisy chain configuration gives the design the ability to achieve 100A charging/discharging rates. Utilizing high accuracy constant (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
50A、100A、200A アプリケーション向け、モジュール型バッテリ・テスタのリファレンス・デザイン
TIDA-01042 — このリファレンス・デザインはモジュール形式のバッテリ・テスト・ソリューションであり、1 つのデザインを使用するだけで、さまざまな電流レベルでバッテリをテストできるフレキシビリティを実現します。このデザインは TIDA-01041 リファレンス・デザインを活用しており、2 個の 100A バッテリ・テスタを独立形式で動作させること、または並列接続して最大電流出力を 100A から 200A に増やすことができます。このデザインは、設計理論、パーツの選定、このソリューションの最適化方法を提示します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
10Vpp の真の差動入力に対応し、信号ダイナミック・レンジを最大化する最大 20 ビットの ADC のリファレンス・デザイン
TIDA-01057 — This reference design is designed for high performance data acquisition(DAQ) systems to improve the dynamic range of 20 bit differential input ADCs. Many DAQ systems require the measurement capability at a wide FSR (Full Scale Range) in order to obtain sufficient signal dynamic range. Many earlier (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
QFN (RUN) 10 オプションの表示
VQFN (RGT) 16 オプションの表示
VSSOP (DGK) 8 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ