製品の詳細

Illumination wavelength (Min) (nm) 700 Illumination wavelength (Max) (nm) 2500 Micromirror array size 912 x 1140 Chipset family DLP4500NIR Pattern rate, binary (Max) (Hz) 4225 Pixel data rate (Max) (Gbps) 4.4 Micromirror pitch (um) 7.6 Component type DMD Display resolution (Max) WXGA Pattern rate, 8-bit (Max) (Hz) 120 Micromirror array orientation Diamond Micromirror driver support Integrated Power consumption (mW) 442 Thermal dissipation (°C/W) 2
Illumination wavelength (Min) (nm) 700 Illumination wavelength (Max) (nm) 2500 Micromirror array size 912 x 1140 Chipset family DLP4500NIR Pattern rate, binary (Max) (Hz) 4225 Pixel data rate (Max) (Gbps) 4.4 Micromirror pitch (um) 7.6 Component type DMD Display resolution (Max) WXGA Pattern rate, 8-bit (Max) (Hz) 120 Micromirror array orientation Diamond Micromirror driver support Integrated Power consumption (mW) 442 Thermal dissipation (°C/W) 2
CLGA (FQD) 98 188 mm² 9.1 x 20.7
  • 0.45 インチ対角マイクロミラー・アレイ
    • 912×1140解像度のアレイ(100万個超のマイクロミラー)
    • ダイヤモンド型のアレイ方向により側面照明をサポートし、光学設計を簡素化かつ効率化
    • WXGA解像度の表示が可能
    • 7.6µmのマイクロミラー・ピッチ
    • ±12°の傾き角度
    • 5µsのマイクロミラー・クロスオーバー時間(公称)
  • NIR 光の高効率なステアリング
    • ウィンドウ伝送効率 96% (公称値) (700~2000nm、2 つのウィンドウ表面経由のシングル・パス)
    • ウィンドウ伝送効率 90% (公称値) (2000~2500nm、2 つのウィンドウ表面経由のシングル・パス)
    • 偏光に依存しないアルミニウム製のマイクロミラー
    • アレイの充填率92% (公称値)
  • 専用のDLPC350コントローラによる信頼性の高い動作
    • 最大 4kHz のバイナリ・パターン・レート
    • パターン・シーケンス・モードによりアレイ内の各マイクロミラーを制御
  • マイクロミラー・ドライバ回路を内蔵
  • 9.1mm×20.7mm で携帯機器に好適
    • 拡張サーマル・インターフェイス搭載のFQDパッケージ
  • 0.45 インチ対角マイクロミラー・アレイ
    • 912×1140解像度のアレイ(100万個超のマイクロミラー)
    • ダイヤモンド型のアレイ方向により側面照明をサポートし、光学設計を簡素化かつ効率化
    • WXGA解像度の表示が可能
    • 7.6µmのマイクロミラー・ピッチ
    • ±12°の傾き角度
    • 5µsのマイクロミラー・クロスオーバー時間(公称)
  • NIR 光の高効率なステアリング
    • ウィンドウ伝送効率 96% (公称値) (700~2000nm、2 つのウィンドウ表面経由のシングル・パス)
    • ウィンドウ伝送効率 90% (公称値) (2000~2500nm、2 つのウィンドウ表面経由のシングル・パス)
    • 偏光に依存しないアルミニウム製のマイクロミラー
    • アレイの充填率92% (公称値)
  • 専用のDLPC350コントローラによる信頼性の高い動作
    • 最大 4kHz のバイナリ・パターン・レート
    • パターン・シーケンス・モードによりアレイ内の各マイクロミラーを制御
  • マイクロミラー・ドライバ回路を内蔵
  • 9.1mm×20.7mm で携帯機器に好適
    • 拡張サーマル・インターフェイス搭載のFQDパッケージ

DLP4500NIR デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD) は空間光変調器 (SLM) として動作し、近赤外線 (NIR) 光をステアリングして速度、精度、効率を併せ持つパターンを作成します。DLP4500NIR DMD は小さな外形で高解像度を実現し、多くの場合、単一要素検出器と組み合わせることで、高価な InGaAs アレイを基礎とする検出器の設計の代替品となり、高性能でコスト効率の優れた携帯型ソリューションを実現できます。

DLP4500NIR デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD) は空間光変調器 (SLM) として動作し、近赤外線 (NIR) 光をステアリングして速度、精度、効率を併せ持つパターンを作成します。DLP4500NIR DMD は小さな外形で高解像度を実現し、多くの場合、単一要素検出器と組み合わせることで、高価な InGaAs アレイを基礎とする検出器の設計の代替品となり、高性能でコスト効率の優れた携帯型ソリューションを実現できます。

ダウンロード
Information

Request more information

An optical module will be required for you to continue development. View the optical module search tool to select an optical module that works with your DMD. View more information

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
12 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DLP4500NIR .45 WXGA 近赤外線 DMD データシート 英語版をダウンロード 2019年 1月 16日
アプリケーション・ノート Mounting Hardware and Quick Reference Guide for DLP® Advanced Light Control DMDs (Rev. A) 2018年 11月 27日
ユーザー・ガイド DLP® NIRscan™ EVM User's Guide (Rev. C) 2018年 11月 1日
アプリケーション・ノート DMD 101: Introduction to Digital Micromirror Device (DMD) Technology (Rev. B) 2018年 2月 23日
ソリューション・ガイド TI DLP® Technology for Spectroscopy (Rev. B) 2016年 4月 8日
ホワイト・ペーパー DLP® for Spectroscopy (Rev. A) 2015年 8月 15日
技術記事 Autodesk’s Ember…the story behind the technology 2015年 6月 25日
技術記事 From crops to store shelves, the future is looking bright for near-infrared spectroscopy 2015年 5月 1日
アプリケーション・ノート DLPNIRSCANEVM, DLP4500NIR, DLPC350 2014年 8月 21日
アプリケーション・ノート Geometric Optics for DLP 2013年 12月 5日
アプリケーション・ノート DLP® Series-310 DMD and System Mounting Concepts 2013年 7月 18日
アプリケーション・ノート DLP® Series-241 DMD and System Mounting Concepts 2013年 4月 26日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

DLPNIRSCANEVM — DLP® NIRscan™ 評価モジュール

 

DLP NIRscan は、高性能で手頃な近赤外線分光計を設計するための評価モジュール(EVM)です。設計者が DLP ベースの分光器の開発をすぐに開始するために必要なものがすべて含まれています。この評価モジュールは、近赤外(NIR)光用に最適化されている初の DLP チップセットとなる DLP 0.45 WXGA NIR チップセットが特長です。DLP テクノロジーにより、食品、製薬、石油/ガス、他の新興産業で使用されている分光器で、ラボ・レベルの性能を工場や現場でも実現できるようになります。

 

 

在庫あり
制限: 1
光学モジュール

DLP-OMM-SEARCH — DLP® 製品サードパーティの検索ツール

お客様の設計ニーズを最適な方法で満たし、市場投入までの期間を短縮できるように、DLP® Products は、さまざまなサード・パーティーと連携します。これらのサード・パーティーは、光学モジュールやハードウェアの設計から、専用ソフトウェアやその他の量産サービスまで、あらゆる支援を行っています。以下に示す検索ツールの一方または両方をダウンロードすると、TI のサード・パーティー各社を手早く参照すること、またはお客様のニーズに適した特定の光学モジュールを見つけることができます。掲載されている各種製品、ソフトウェア、サービスの製造と管理を実施しているのは、TI (テキサス・インスツルメンツ) ではなく独立系サード・パーティー各社です。

サード・パーティー・リソース全般を、以下の 2 つの検索ツールを使用して編成しています。

  • DLP Products サード・パーティー・プロバイダ検索ツール (DLP-3P-SEARCH) は、光学系、ハードウェア、ソフトウェア、補完技術の設計または製造を実施できるサービス・プロバイダの一覧を表示
  • DLP Products 光学モジュール検索ツール (DLP-OMM-SEARCH) は、詳細な仕様とともに、実製品の開発に対応した光学モジュールの一覧を表示

 

サード・パーティー・プロバイダ検索ツールは、サード・パーティー各社が提供する能力とサービスを重視しています。このツールを使用すると、DLP 技術に関する経験のある各社が提供している、製造向けソリューション、設計サービス、光学部品、補完技術を見つけることができます。

また、光学モジュール検索ツールをダウンロードし、モジュールの詳細な仕様の参照、開発中最終製品の使用に適した製品の特定、製造に対応した光学モジュールの調達先として使用できるサプライヤへの問い合わせを実施することもできます。光学モジュールはコンパクトなターンキー (すぐに使用できる) アセンブリ部品であり、デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)、光源、光学部品、関連機械部品などを搭載しています。プロジェクション (投影) や車載の業界では「光学エンジン」、「ライト・エンジン」、「画像生成ユニット」 (picture generation unit:PGU) という用語も使用されていることに注意してください。一貫性を高めるために、これらの資料は「光学モジュール」という用語のみを使用します。

光学モジュール

ANHUA-3P-DLP45OPTICALMOD — ANHUA-3P-DLP45OPTICALMOD

Anhua Optoelectronics は、DLP® 0.45” WXGA DMD を採用し、投影比、輝度レベル、サイズ、波長のさまざまなオプションをサポートする、生産対応の各種光学モジュールを提供しています。同社は、光源の変更や光学システムの再設計を含め、システムの変更に関するご相談もお受けしています。

Anhua Optoelectronics 社の詳細は、http://www.anhuaoe.com でご確認になれます。
Anhua Optoelectronics Technology Co., Ltd からの提供
光学モジュール

EKB-3P-DLP4500EVM — EKB-3P-DLP4500EVM

EKB の E4500 MKII™ 開発モジュールは、産業、医療、科学の各アプリケーション向けに、UV (紫外線)、IR (赤外線)、 RGB を含めたさまざまな光源を使用するフレキシブルな光操作 (ライト・ステアリング (...)
EKB Technologies Ltd. からの提供
光学モジュール

KP-3P-DLP4500EVM — Keynote Photonics DLP4500 評価モジュール

Keynote Photonics offers a number of optical engine options, featuring DLP4500/DLPC350 DLP® chipset.

The LC4500-RGB optical engine provides a full color, high resolution projector for your display applications. Excellent uniformity and short focus capability enable a wide range of applications. The (...)
Keynote Photonics からの提供
サンプル・コードまたはデモ

KST-3P-DLP2010NIR — The source code for a NIRScanNano Demo app + SDK is made freely available on KST's github repository

The source code for a NIRScanNano Demo app + SDK is made freely available on KST's github repository. This allows you to very quickly get up-and-running as a mobile developer wishing to take advantage of the NIRScan Nano's capabilities. The SDK allows easy integration into your shipping, native app (...)
KS Technologies LLC からの提供
ファームウェア

DLPR350 — DLPC350 構成およびサポート・ファームウェア

The DLP 0.45 WXGA chipset consists of the DLP4500 DMD and DLPC350 controller. To enable broad functionality of the chipset and ensure reliable operation of the DLP4500 micromirrors, TI is offering DLPR350 configuration and support firmware. Combined with the DLPC350 controller, the DLPR350 firmware (...)
シミュレーション・モデル

DLP4500 FQE IBIS Model

DLPM003.ZIP (6 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル

DLP4500 FQD IBIS Model

DLPM004.ZIP (6 KB) - IBIS Model
リファレンス・デザイン

TIDA-00155 — DLP® 近赤外分光計、液体と固体の光学的分析用

この近赤外線(NIR)分光器リファレンス・デザインでは、テキサス・インスツルメンツの DLP テクノロジーと単素子 InGaAs 検出器の組み合わせによって高性能な測定が可能です。しかも、高価な InGaAs アレイ検出器や壊れやすい回転回折格子アーキテクチャとは異なり、低コストでポータブルなフォーム・ファクタを実現しています。NIR 分光器は、食品、農業、製薬、石油化学製品、プラスチックなどさまざまなアプリケーションで、有機系の液体や固体を解析するために一般的に使用されています。強力な Sitara 組込みプロセッサやアナログ・シグナル・チェーン部品と組み合わせれば、デベロッパーは、ハイエンドのラボ用分光器の実力を備えた機器を作業現場や製造ラインに提供できます。
パッケージ ピン数 ダウンロード
CLGA (FQD) 98 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ