トップ

製品の詳細

パラメータ

Supply voltage(s) (Nom) (V) 3.3, 5 Number of TX 1 Number of RX 1 Duplex Half Signaling rate (Max) (Mbps) 10 IEC 61000-4-2 contact (+/- kV) HBM ESD (kV) 16 Fault protection (V) -30 to 30 Number of nodes 64 Common mode range -7 to 12 ICC (Max) (mA) 6 Isolated No Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 105 Approx. price (US$) 1.58 | 1ku open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

パッケージ|ピン|サイズ

PDIP (P) 8 93 mm² 9.81 x 9.43 SOIC (D) 8 19 mm² 3.91 x 4.9 open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

特長

  • Bus-Pin Fault Protection to:
    • > ±70 V (SN65HVD1780, SN65HVD1781)
    • > ±30 V (SN65HVD1782)
  • Operation With 3.3-V to 5-V Supply Range
  • ±16-kV HBM Protection on Bus Pins
  • Reduced Unit Load for Up to 320 Nodes
  • Failsafe Receiver for Open-Circuit, Short-Circuit, and Idle-Bus Conditions
  • Low Power Consumption
    • Low Standby Supply Current, 1 µA Maximum
    • ICC 4-mA Quiescent Current During Operation
  • Pin-Compatible With Industry-Standard SN75176
  • Signaling Rates of 115 kbps, 1 Mbps, and up to 10 Mbps
  • Create a Custom Design using the SN65HVD178x with the WEBENCH® Power Designer

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

概要

The SN65HVD178x devices are designed to survive overvoltage faults such as direct shorts to power supplies, mis-wiring faults, connector failures, cable crushes, and tool mis-applications. The devices are also robust to ESD events with high levels of protection to the human-body-model specification.

The SN65HVD178x devices combine a differential driver and a differential receiver, which operate from a single power supply. In the SN65HVD1782, the driver differential outputs and the receiver differential inputs are connected internally to form a bus port suitable for half-duplex (two-wire bus) communication. This port features a wide common-mode voltage range, making the devices suitable for multipoint applications over long cable runs. These devices are characterized from –40°C to 125°C. These devices are pin-compatible with the industry-standard SN75176 transceiver, making them drop-in upgrades in most systems.

These devices are fully compliant with ANSI TIA/EIA 485-A with a 5-V supply and can operate with a 3.3-V supply with reduced driver output voltage for low-power applications. For applications where operation is required over an extended common-mode voltage range, see the SN65HVD1785 (SLLS872) data sheet.

open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能およびピン配置は同じだが、同等ではない比較製品
THVD2450 アクティブ IEC ESD 対応 ±70V 故障保護機能搭載、3.3V ~ 5V RS-485 トランシーバ Pin-to-pin device that offers integrated ±70-V fault-protection, IEC ESD protection (12-kV contact discharge), IEC EFT (4-kV noise immunity), and extended comm

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 6
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート SN65HVD178x Fault-Protected RS-485 Transceivers With 3.3-V to 5-V Operation データシート 2017年 3月 10日
技術記事 Small doesn’t mean you compromise performance when implementing signal isolation 2017年 5月 25日
技術記事 Upgrading the standard: a better way to drive peripherals 2014年 6月 20日
技術記事 How Thunderbolt™ 2 enables 4k video resolution 2014年 4月 3日
技術記事 Going for distance or going for speed on the RS-485 bus? 2014年 3月 5日
ユーザー・ガイド RS-485 Half-Duplex EVM User's Guide 2013年 6月 12日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$49.00
概要
RS485 半二重評価モジュール(EVM)により、デバイス性能の評価と、SN65HVD1x、SN65HVD2x、SN65HVD7x、SN65HVD8x、SN65HVD96 半二重トランシーバを使用したデータ送信システムの迅速な開発と分析が可能になります。この EVM は RS-485 デバイスが基板にハンダ付けされていません。TI の RS-485 半二重デバイスの無償サンプル請求または製品購入後、評価にご利用ください。互換デバイスの全リストについては EVM のユーザーズ・ガイドをご覧ください。
特長

この EVM により、TI の RS-485 製品ファミリの迅速、容易で精度の高い評価が可能になります。

ハードウェア:
  • RS-485 半二重 EVM PWB
  • I/O 接続にネジ式 SMA コネクタと Bergstik ヘッダを使用
  • DC 電源入力端子としてバナナ・ジャックを使用

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLLC353.ZIP (7 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SLLC354.ZIP (8 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
PDIP (P) 8 オプションの表示
SOIC (D) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

One-Minute RS-485: Common Mode Voltage

A brief overview of common-mode voltage as a factor in RS-485 signaling.

投稿日: 02-Apr-2012
時間: 01:54

More Information on TI's RS-485 Portfolio

関連ビデオ