トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of TX 1 Number of RX 1 Duplex Half Supply voltage (Nom) (V) 3.3 Signaling rate (Max) (Mbps) 50 IEC 61000-4-2 contact (+/- kV) 12 Isolated No Fault protection (V) -13 to 16.5 Number of nodes 200 Common mode range -7 to 12 ICC (Max) (mA) 0.95 Features IEC ESD protection Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

パッケージ|ピン|サイズ

SOIC (D) 8 19 mm² 4.9 x 3.9 VSON (DRB) 8 9 mm² 3 x 3 VSSOP (DGK) 8 15 mm² 3 x 4.9 open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

特長

  • 基板面積を削減できる小型 VSSOP パッケージ、またはドロップイン互換性を備えた SOIC パッケージ
  • バス I/O 保護
    • >±15kV HBM 保護
    • >±12kV IEC61000-4-2 接触放電
    • >±4kV IEC 61000-4-4 高速過渡バースト
  • 拡張産業用温度範囲:
    -40°C~+125°C
  • レシーバの大きなヒステリシス (80mV) によるノイズ除去
  • 単位負荷が小さいため、200 を超えるノードを接続可能
  • 低消費電力
    • 低いスタンバイ時消費電流: 2µA未満
    • 動作時静止電流 ICC < 1mA
  • 5V 許容のロジック入力、
    3.3V または 5V のコントローラと互換
  • 信号速度オプション、
    250kbps、20Mbps、50Mbps に最適化
  • 電源オンおよび電源オフ時にバスの入力および出力がグリッチ・フリー

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

概要

これらのデバイスは、小さなパッケージに堅牢な 3.3V ドライバおよびレシーバを搭載しており、要求の厳しい産業用アプリケーション向けです。バスのピンは ESD イベントに対して強化されており、人体モデルおよび IEC 接触放電仕様について高いレベルの保護を実現しています。

各デバイスは差動ドライバと差動レシーバを組み合わせたもので、3.3V 単一電源で動作します。ドライバの差動出力とレシーバの差動入力は内部的に接続され、半二重 (2 線式バス) 通信に適したバス・ポートを形成しています。これらのデバイスは同相電圧範囲が広いため、長いケーブルを使用するマルチポイント・アプリケーションに適しています。これらのデバイスは、–40°C~125°Cで動作が規定されています。

open-in-new その他の RS-485 と RS-422 の各トランシーバ
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能およびピン配置は同じだが、同等ではない比較製品
THVD1429 アクティブ サージ保護機能搭載 3.3V ~ 5V RS-485 トランシーバ Pin-to-pin device that offers integrated IEC surge (2.5-kV), IEC ESD protection (8-kV contact discharge), IEC EFT (4-kV noise immunity), and extended common vol
THVD1450 アクティブ ±18kV IEC ESD 保護機能搭載 3.3V ~ 5V RS-485 トランシーバ Pin-to-pin device that offers integrated IEC ESD protection (18-kV contact discharge), IEC EFT (4-kV noise immunity), and extended common voltage range
THVD2450 アクティブ IEC ESD 対応 ±70V 故障保護機能搭載、3.3V ~ 5V RS-485 トランシーバ Pin-to-pin device that offers integrated ±70-V fault-protection, IEC ESD protection (12-kV contact discharge), IEC EFT (4-kV noise immunity), and extended comm

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 6
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート SN65HVD7x IEC ESD 保護機能を持つ 3.3V 電源 RS-485 データシート (Rev. H 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.H) 2019年 6月 5日
技術記事 A cost-effective option to get started with integrated position sensing 2018年 7月 11日
技術記事 RS-485 basics: the RS-485 receiver 2016年 2月 9日
技術記事 Designing an EMC-compliant interface to motor position encoders – Part 3 2015年 9月 14日
ユーザー・ガイド RS-485 Half-Duplex EVM User's Guide 2013年 6月 12日
ユーザー・ガイド SN65HVD7x EVM User's Guide 2012年 3月 9日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード $49.00
概要
PositionManager BoosterPack はアブソリュート・エンコーダ、リゾルバや SinCos トランスデューサなどのアナログ・センサへのインターフェイスを評価するためのフレキシブルな低電圧プラットフォームです。 低コストのこの評価モジュールは DesignDRIVE Position Manager ソフトウェア・ソリューションとの組み合わせにより、一般的に使用されている EnDat、BiSS、T-format などのさまざまなタイプのポジション・エンコーダを C2000 デバイスとインターフェイスするための強力なツールになります。  C2000 Position Manager 技術は最も一般的なデジタル / アナログ・ポジション・センサへのインターフェイスを C2000 マイコンに統合します。これにより、こうした機能のための外部 FPGA を不要にします。
特長

ハードウェアの特長

  • 最大 100m の距離に対応する 2 チャネルの RS-485 ライン・インターフェイス
  • 1 個の SinCos アナログ・インターフェイス
  • LaunchPad 接続のための 2 個の 20 ピン・ヘッダ / コネクタ
  • 2 個のアブソリュート・エンコーダを同時にサポート可能
  • CLB 対応 C2000 マイコンと組み合わせて動作

ソフトウェアの特長

  • C2000 controlSUITE パッケージに収録されている Position Manager ソリューションの無償ダウンロード
    • シンプルな API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)
    • EnDat 2.2、2.1、BiSS-C、T-format に対応するアブソリュート・エンコーダ・サポート
    • リゾルバと SinCos トランスデューサに対応するアナログ・センサ・サポート

推奨 LaunchPad

  • LAUNCHXL-F28379D C2000 Delfino マイコン F28379D LaunchPad 開発キット
  • 互換 BoosterPack のインタラクティブなリストを提供する TI BoosterPack Checker

設計を開始

  • Code Composer Studio(CCS)と controlSUITE をインストール、またはアップデートします。
  • コンピュータに接続すると LaunchPad に電力が供給され、赤と青の LED が約 3秒間点滅します。
  • BOOSTXL-POSMGR (...)
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$49.00
概要

The RS-485 full-duplex evaluation module (EVM) helps designers evaluate device performance, supporting fast development and analysis of data transmission systems using any of the SN65HVD147x, SN65HVD179x, SN65HVD3x, SN65HVD5x and SN65HVD7x full-duplex transceivers in a 14-pin D package.  The EVM (...)

特長
  • Enables evaluation of RS-485 full-duplex transceivers in standard 14-pin SOIC (D) package
  • Allows evaluation of performance over common-mode voltage
  • Flexible design for convenient evaluation of all standard RS-485 test circuits
  • 50-Ω termination on I/O pins for use with standard 50-Ω test equipment
  • Connect (...)
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$49.00
概要
RS485 半二重評価モジュール(EVM)により、デバイス性能の評価と、SN65HVD1x、SN65HVD2x、SN65HVD7x、SN65HVD8x、SN65HVD96 半二重トランシーバを使用したデータ送信システムの迅速な開発と分析が可能になります。この EVM は RS-485 デバイスが基板にハンダ付けされていません。TI の RS-485 半二重デバイスの無償サンプル請求または製品購入後、評価にご利用ください。互換デバイスの全リストについては EVM のユーザーズ・ガイドをご覧ください。
特長

この EVM により、TI の RS-485 製品ファミリの迅速、容易で精度の高い評価が可能になります。

ハードウェア:
  • RS-485 半二重 EVM PWB
  • I/O 接続にネジ式 SMA コネクタと Bergstik ヘッダを使用
  • DC 電源入力端子としてバナナ・ジャックを使用
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$49.00
概要

The SN65HVD72EVM evaluation module (EVM) helps you evaluate device performance, supporting fast development and analysis of data transmission systems using the SN65HVD72, SN65HVD75 and SN65HVD78 transceivers. The EVM board comes with the SN65HVD75 (20 Mbps) device soldered to the board (...)

特長
  • The EVM lets you quickly, easily and accurately evaluate our SN65HVD7x family of RS-485 products
  • Hardware:
    • SN65HVD7X EVM PWB
  • Screw-type SMA jacks and Bergstik headers serve as the I/O connections
  • Banana jacks serve as the DC power input terminals

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLLM185.ZIP (37 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

多くのTIリファレンス・デザインには、 SN65HVD78 が含まれています。 TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示
SON (DRB) 8 オプションの表示
VSSOP (DGK) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ