トップ

製品の詳細

パラメータ

Protocols LIN Number of channels (#) 1 Supply voltage(s) (V) 4 to 45 Bus fault voltage (V) -58 to 58 Signaling rate (Max) (Mbps) 0.02 Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125 Low power mode Sleep, Standby Isolated No open-in-new その他の CAN と LIN トランシーバと SBC

パッケージ|ピン|サイズ

SOIC (D) 8 19 mm² 4.9 x 3.9 VSON (DRB) 8 9 mm² 3 x 3 open-in-new その他の CAN と LIN トランシーバと SBC

特長

  • 車載アプリケーション用にAEC-Q100認定済み
    • デバイス周囲温度: -40℃~125℃
    • デバイスHBM認定レベル: ±8kV
    • デバイスCDM認定レベル: ±1.5kV
  • LIN 2.0、LIN 2.1、LIN 2.2、LIN 2.2A、およびISO/DIS 17987–4.2に準拠
  • LIN用のSAEJ2602推奨プラクティスに準拠
  • 24Vアプリケーションをサポート
  • 最高20kbpsのLIN送信データ・レート
  • 広い動作範囲
    • 電源電圧: 4V~48V
    • LINバスのフォルト保護: ±58V
  • スリープ・モード: 超低消費電流で、次のウェイクアップ・イベントに対応
    • LINバス
    • EN経由のローカル・ウェイクアップ
  • 電源オンまたはオフ時のグリッチ・フリー動作
  • 保護機能
    • VSUPの低電圧保護
    • TXDドミナント・タイムアウト保護(DTO)
    • サーマル・シャットダウン保護
    • 電源なしノードまたはグランド切断への、システム・レベルでのフェイルセーフ
  • SOIC (8)およびリードレスVSON (8)パッケージで供給、自動光学検査(AOI)機能を強化

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の CAN と LIN トランシーバと SBC

概要

TLIN2029-Q1はローカル相互接続ネットワーク(LIN)の物理レイヤ・トランシーバで、ウェイクアップおよび保護機能が内蔵され、LIN 2.0、LIN 2.1、LIN 2.2、LIN 2.2A、およびISO/DIS 17987-4.2標準に準拠しています。LINは単線式の双方向バスで、データ・レートが20kbpsまでの低速の車内用ネットワークで一般に使用されます。TLIN2029-Q1は24Vのアプリケーションをサポートするよう設計されており、広い動作電圧に対応し、追加のバス・フォルト保護機能が搭載されています。LINレシーバは、インライン・プログラミング用に100kbpsまでのデータ・レートをサポートしています。TLIN2029-Q1は、TXD入力のLINプロトコルのデータ・ストリームを、電流が制限された波形整形ドライバを使用してLINバス信号に変換し、電磁気放射(EME)を低減します。レシーバは、データ・ストリームを論理レベル信号に変換し、オープン・ドレインのRXDピン経由でマイクロプロセッサに送信します。スリープ・モードからLINバスやピンによるウェイクアップが可能なため、非常に低い消費電流を実現できます。抵抗、ESD、フォルト保護機能を内蔵しているため、設計者はアプリケーションの基板面積を削減できます。

open-in-new その他の CAN と LIN トランシーバと SBC
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 8
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TLIN2029-Q1 フォルト保護された、ドミナント状態タイムアウト搭載のローカル相互接続ネットワーク (LIN) トランシーバ データシート (Rev. C 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.E) 2020年 3月 23日
* エラッタ TLIN102x and TLIN202x Duty Cycle Over VSUP 2020年 5月 22日
ユーザー・ガイド Multipoint-Low Voltage Differential Signaling (MLVDS) EVM User's Guide 2019年 4月 1日
アプリケーション・ノート CAN and LIN transceiver low-power modes 2019年 2月 25日
技術記事 Transients in 24V automobiles 2018年 2月 28日
アプリケーション・ノート LIN Protocol and Physical Layer Requirements 2018年 2月 28日
技術記事 Local Interconnect Network – the last mile network 2018年 1月 18日
ユーザー・ガイド TLIN2029 EVM User's Guide 2017年 9月 18日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
BOOSTXL-CANFD-LIN
BOOSTXL-CANFD-LIN
document-generic ユーザー・ガイド
$149.00
概要
The SPI to CAN FD SBC + LIN BoosterPack™ plug-in module features the TCAN4550-Q1 CAN FD controller with integrated transceiver providing microcontrollers without an integrated CAN FD controller, or those needing additional channels, access to CAN FD applications through a SPI interface (...)
特長
  • TCAN4550-Q1 CAN FD controller with integrated transceiver and SPI interface
  • TLIN2029-Q1 fault protected LIN transceiver
  • TPS7B7702-Q1 automotive dual-channel LDO
  • Common DB9 connector for supply voltage, CAN FD, and LIN bus signals
  • Follows the BoosterPack pinout standard
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$49.00
概要
この EVM はデバイスの性能評価、開発の迅速化のほか、TLIN2029 LIN(Local Interconnect Network)物理層トランシーバ・デバイスを使用した車載 LIN システムの分析を可能にします。
特長
  • LIN トランシーバのすべてのピンへのアクセスが容易
  • 直列ジャンパ経由でマスター・ノードのプルアップ抵抗をイネーブル可能
  • 一般的な保護 / フィルタリング部品向けパッドを提供

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLLM401.ZIP (32 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示
SON (DRB) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ