トップ

製品の詳細

パラメータ

Datarate (Mbps) 10/100/1000 Interface type SGMII, RGMII, MII Number of ports Single Rating Catalog Features FX support, Media convertor, Bridge mode, Cable diagnostics, JTAG1149.1 Supply voltage (V) 1.1 and 2.5 IO supply (Typ) (V) 1.8, 2.5, 3.3 Operating temperature range (C) -40 to 125 Cable length (m) 130 open-in-new その他の イーサネット PHYs

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RGZ) 48 49 mm² 7 x 7 open-in-new その他の イーサネット PHYs

特長

  • 複数の動作モード
    • 銅線と光ファイバーのメディアをサポート
    • 銅線と光ファイバーとの間のメディア変換
    • RGMIIとSGMIIとの間のブリッジ
  • 最大周囲温度: 125°C
  • 8kVを超えるIEC61000-4-2 ESD耐性
  • 短いRGMIIレイテンシ
    • 1000Base-Tで合計レイテンシ ≤ 384ns
    • 100Base-TXで合計レイテンシ ≤ 361ns
  • 低消費電力
    • 1000Base-Xで150mW未満
    • 1000Base-Tで500mW未満
  • TSN (Time Sensitive Network)準拠
  • SyncEのための回復クロック出力
  • 同期クロック出力として25MHzと125MHzを選択可能
  • SFP MSA仕様互換の1000Base-Xと100Base-FX
  • SFDによるIEEE1588サポート
  • ウェイク・オンLANのサポート
  • IO電圧を1.8V、2.5V、3.3Vに設定可能
  • SGMII、RGMII、MII MACインターフェイス
  • 1000Mおよび100M速度のためのジャンボ・フレームのサポート
  • ケーブル診断
    • TDR
    • BIST
  • RGMII終端インピーダンスをプログラム可能
  • MDI終端抵抗を内蔵
  • 高速なリンク・ドロップ・モード
  • IEEE 802.3 1000Base-T、100Base-TX、10Base-Te、1000Base-X、100Base-FXと互換

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の イーサネット PHYs

概要

DP83869HMデバイスは、10BASE-Te、100BASE-TX、1000BASE-Tイーサネット・プロトコルをサポートする、PMDサブレイヤを内蔵した、堅牢で完全な機能を持つギガビット物理レイヤ(PHY)トランシーバです。DP83869は、1000BASE-Xおよび100BASE-FXファイバー・プロトコルもサポートしています。DP83869HMは最適化されたESD保護を備えており、IEC 61000-4-2で8kVを超えています(直接接触)。このデバイスはRGMII (Reduced GMII)およびSGMIIによりMACレイヤと接続します。100Mモードでは、レイテンシ低減のためMIIを使用できます。RGMII/MIIの内蔵終端インピーダンスはプログラム可能なため、システムBOMの削減に役立ちます。

DP83869HMは、管理モードでのメディア変換をサポートしています。このモードでは、DP83869HMは1000BASE-Xから1000BASE-Tへの変換と100BASE-FXから100BASE-TXへの変換を実行できます。

また、RGMIIからSGMIIへのブリッジ変換とSGMIIからRGMIIへのブリッジ変換もサポートできます。DP83869HMはTSN規格に準拠しており、短いレイテンシを実現しています。

DP83869HMは、MACへのIEEE 1588同期フレーム検出信号も生成できます。この信号を使うことで、時間同期のジッタを低減でき、システムはパケットの送受信の非対称遅延を把握できます。

標準的なイーサネット・システムのブロック図を最初のページに示しています。DP83869はメディア・コンバータ・モード、RGMIIからSGMIIへのブリッジ・アプリケーション、SGMIIからRGMIIへのブリッジ・アプリケーションでも使用できます。

open-in-new その他の イーサネット PHYs
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能は同じだが、ピン配列、またはパラメーターが同等ではない比較製品
DP83867E アクティブ 拡張温度範囲、SGMII 対応、高い信頼性、低レイテンシ、ギガビット・イーサネット PHY トランシーバ This product supports RGMII & SGMII and operates over an extended temperature range of -40°C to 105°C
DP83867IR アクティブ 産業用温度範囲、信頼性の高いギガビット・イーサネット PHY トランシーバ This product supports rGMII and operates over an industrial temperature range of -40°C to 85°C
DP83867IS アクティブ 産業用温度範囲、SGMII 搭載、信頼性の高いギガビット・イーサネット PHY トランシーバ This product supports SGMII and operates over an industrial temperature range of -40°C to 85°C

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 10
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DP83869HM 電磁波耐性が高く、銅線と光ファイバーのインターフェイスに対応した10/100/1000イーサネット物理レイヤ・トランシーバ データシート (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2019年 11月 12日
アプリケーション・ノート 88E1512 to DP83867 and DP83869 System Rollover 2019年 8月 30日
アプリケーション・ノート AR8031 to DP83867 and DP83869 System Rollover 2019年 8月 30日
技術記事 Solving synchronization challenges in Industrial Ethernet 2019年 7月 19日
アプリケーション・ノート Understanding modes of operation 2019年 2月 12日
アプリケーション・ノート Selection and Specification of Crystals for Texas Instruments Ethernet Devices 2019年 2月 6日
アプリケーション・ノート DP83869HM App Note 2018年 12月 4日
ユーザー・ガイド DP83869EVM User's Guide 2018年 4月 20日
技術記事 Fiber in industrial applications 2016年 4月 21日
技術記事 Three things you should know about Ethernet PHY 2015年 7月 15日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
299
概要
Use the DP83869EVM evaluation module (EVM) to evaluate the various features of the DP83869HM Ethernet PHY. The EVM supports copper Ethernet protocols such as 10BASE-Te, 100BASE-TX and 1000BASE-T. It also supports fiber protocols such as 1000BASE-X and (...)
特長
  • Copper and fiber Ethernet
  • Media convertor and bridge mode
  • On-board MSP430F5529 with USB-2-MDIO for register access
  • Supports interoperability testing, compliance testing and BER testing

ソフトウェア開発

ドライバまたはライブラリ ダウンロード
イーサネット PHY の Linux ドライバとツール
ETHERNET-SW The Linux drivers for Texas Instruments' Ethernet physical layer (PHY) transceivers support communication through the serial management interface (MDC/MDIO) to configure and read PHY registers.

The USB-2-MDIO software lets you directly access the registers during debug and prototyping.  (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SNLM216A.ZIP (728 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNLM240.ZIP (1 KB) - BSDL Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析
シミュレーション・ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
メディア・コンバータ - RJ45 - ファイバー・コンバータ
TIDA-00306 This reference design details a methodology to use the DP83849 evaluation board to implement a 10/100BASE-TX to 10/100BASE-FX media converter, which enables copper based legacy equipment to be easily connected to a fiber network. Copper based Ethernet (10/100BASE-TX) has been widely used in grid (...)
document-generic 回路

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RGZ) 48 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ