トップ

製品の詳細

パラメータ

Datarate (Mbps) 10BASE-T1L Interface type MII, RMII master/slave, RMII master low power 5MHz, RGMII Number of ports Single Rating Catalog Features Dual MDI amplitude level for long cable reach, Compliant with IEEE 802.3cg, 10BASE-T1L, External terminations on MDI for intrinsic safety, Cable diagnostics Supply voltage (V) 3.3 IO supply (Typ) (V) 1.8, 2.5, 3.3 Operating temperature range (C) -40 to 105 Cable length (m) 1000 open-in-new その他の イーサネット PHYs

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RHB) 32 open-in-new その他の イーサネット PHYs

特長

  • Long cable reach
    • 1700 meters+ with 1-V p2p

    • 1700 meters+ with 2.4-V p2p
  • Ultra-low power
    • 45 mW for 1-V p2p mode
    • 99 mW for 2.4-V p2p mode
  • Compliant to IEEE 802.3cg 10Base-T1L
  • IEC 61000-4-4 EFT ±4 KV at 5 KHz, 100 KHz

  • CISPR22 radiated emission class B

  • External MDI terminations for intrinsic safety
  • MAC interface:
    • MII mode
    • RMII master/slave mode
    • RGMII mode
    • RMII master low-power 5-MHz mode
    • RMII back-2-back mode for range extender

  • Power supply
    • single supply operations from 3.3 V
    • dual supply operations for lowest power dissipation
  • I/O voltages: 1.8 V, 2.5 V or 3.3 V
  • Diagnostics tool kit

    • cable open and short detection
    • receiver SQI to measure cable degradation
    • active link cable diagnostics

  • Clock output: 25 MHz, 50 MHz (RMII master)
  • ±6-kV HBM ESD protection on MDI pins
  • Operating temperature range: –40°C to 105°C
  • Package: 5 mm x 5 mm, 32 pin with 0.5 mm pitch

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の イーサネット PHYs

概要

The DP83TD510E is an ultra-low power Ethernet physical layer transceiver compliant with the IEEE 802.3cg 10Base-T1L specification. The PHY has very low noise coupled receiver architecture enabling long cable reach and very low power dissipation. The DP83TD510E has external MDI termination to support intrinsic safety requirements. It interfaces with MAC layer through MII, Reduced MII (RMII) , RGMII, and RMII low power 5-MHz master mode. It also supports RMII back-to-back mode for applications that require cable reach extension beyond 1700 meters. It supports a 25MHz reference clock output to clock other modules on the system. The DP83TD510E offers integrated cable diagnostic tools; built-in self-test, and loopback capabilities for ease of design or debug.

open-in-new その他の イーサネット PHYs
ダウンロード
情報

サンプルのご注文

量産開始前サンプルが入手可能です (PDP83TD510ERHBR)。 ご注文

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 6
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DP83TD510E Ultra Low Power 802.3cg 10Base-T1L 10M Single Pair Ethernet PHY データシート 2020年 10月 2日
技術記事 How 10BASE-T1L single-pair Ethernet brings the network edge closer with fewer cables 2020年 10月 5日
ホワイト・ペーパー Leveraging Single-Pair Ethernet in Building Automation 2020年 10月 5日
アプリケーション・ノート DP83TD510 Cable Selection and Diagnotics Guide 2020年 9月 16日
ユーザー・ガイド DP83TD510EVM User Guide 2020年 8月 11日
その他の技術資料 DP83TD510E-EVM EU Declaration of Conformity (DoC) 2020年 7月 29日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
149
概要

DP83TD510E 評価基板は、10Base-T1L に関する IEEE 802.3cg に準拠した DP83TD510 PHY の低消費電力および長いケーブル到達距離という特長を強調します。DP83822 メディア・コンバータ・ボードは、10BASE-TX の標準イーサネットのサポートと、高速なシステム起動を目的として提供しています。また、この EVM には、USB-MDIO グラフィカル・ユーザー・インターフェイス (GUI) ツールを使用して、PHY のレジスタを構成するためのオンボード・ツールも付属しています。

特長
  • メディア・コンバータ:産業用イーサネットからシングル・ペアのイーサネットへの変換
  • MII と RMII の各インターフェイス
  • オンボードの MSP430F5529 は USB-2-MDIO に対応し、レジスタへのアクセスが可能
  • 1000m のケーブル到達距離

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析
シミュレーション・ツール ダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RHB) 32 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ