DS125RT410

アクティブ

アダプティブ EQ (イコライザ) と CDR (クロック・データ・リカバリ) 搭載、9.8 ~ 12.5Gbps、クワッドチャネル・リタイマ

製品の詳細

Type Retimer Number of channels (#) 4 Input compatibility AC-coupling, CML Speed (Max) (Gbps) 12.5 Protocols 10G-SR/LR, 40G-SR4/LR4, Infiniband, CPRI, Interlaken, General purpose Operating temperature range (C) -40 to 85
Type Retimer Number of channels (#) 4 Input compatibility AC-coupling, CML Speed (Max) (Gbps) 12.5 Protocols 10G-SR/LR, 40G-SR4/LR4, Infiniband, CPRI, Interlaken, General purpose Operating temperature range (C) -40 to 85
WQFN (RHS) 48 49 mm² 7 x 7
  • Each Channel Independently Locks to Data Rates
    From 9.8 to 12.5 Gbps and Submultiples
  • Fast Lock Operation Based on Protocol-Select
    Mode
  • Low Latency (≈ 300 ps)
  • Adaptive Equalization up to 34-dB Boost at 5 GHz
  • Adjustable Transmit VOD: 600 to 1300 mVp-p
  • Adjustable Transmit De-emphasis to –15 dB
  • Typical Power Dissipation (EQ+CDR+DE):
    150 mW/Channel
  • Programmable Output Polarity Inversion
  • Input Signal Detection, CDR Lock Detection and
    Indicator
  • On-Chip Eye Monitor (EOM), PRBS Generator
  • Single 2.5-V ± 5% Power Supply
  • SMBus and EEPROM ConfigurationModes
  • Operating Temperature Range of –40 to 85°C
  • WQFN 48-Pin 7-mm × 7-mm Package
  • Easy Pin Compatible Upgrade Between Repeater
    and Retimers
    • DS100RT410 (EQ+CDR+DE): 10.3125 Gbps
    • DS100DF410 (EQ+DFE+CDR+DE):
      10.3125 Gbps
    • DS110RT410 (EQ+CDR+DE): 8.5 to
      11.3 Gbps
    • DS110DF410 (EQ+DFE+CDR+DE): 8.5 to
      11.3 Gbps
    • DS125RT410 (EQ+CDR+DE): 9.8 to
      12.5 Gbps
    • DS125DF410 (EQ+DFE+CDR+DE):
      9.8 to 12.5 Gbps
    • DS100BR410 (EQ+DE): Up to
      0.3125 Gbps
  • Each Channel Independently Locks to Data Rates
    From 9.8 to 12.5 Gbps and Submultiples
  • Fast Lock Operation Based on Protocol-Select
    Mode
  • Low Latency (≈ 300 ps)
  • Adaptive Equalization up to 34-dB Boost at 5 GHz
  • Adjustable Transmit VOD: 600 to 1300 mVp-p
  • Adjustable Transmit De-emphasis to –15 dB
  • Typical Power Dissipation (EQ+CDR+DE):
    150 mW/Channel
  • Programmable Output Polarity Inversion
  • Input Signal Detection, CDR Lock Detection and
    Indicator
  • On-Chip Eye Monitor (EOM), PRBS Generator
  • Single 2.5-V ± 5% Power Supply
  • SMBus and EEPROM ConfigurationModes
  • Operating Temperature Range of –40 to 85°C
  • WQFN 48-Pin 7-mm × 7-mm Package
  • Easy Pin Compatible Upgrade Between Repeater
    and Retimers
    • DS100RT410 (EQ+CDR+DE): 10.3125 Gbps
    • DS100DF410 (EQ+DFE+CDR+DE):
      10.3125 Gbps
    • DS110RT410 (EQ+CDR+DE): 8.5 to
      11.3 Gbps
    • DS110DF410 (EQ+DFE+CDR+DE): 8.5 to
      11.3 Gbps
    • DS125RT410 (EQ+CDR+DE): 9.8 to
      12.5 Gbps
    • DS125DF410 (EQ+DFE+CDR+DE):
      9.8 to 12.5 Gbps
    • DS100BR410 (EQ+DE): Up to
      0.3125 Gbps

The DS125RT410 is a four-channel retimer with integrated signal conditioning. The device includes a fully adaptive continuous-time linear equalizer (CTLE), clock and data recovery (CDR), and a transmit de-emphasis (DE) driver to enable data transmission over long, lossy and crosstalk-impaired highspeed serial links to achieve BER < 1 × 10–15. For channels with a high amount of crosstalk, the DS125DF410 should be used because it has self calibrating 5-tap decision-feedback equalizer (DFE).

Each channel can independently lock to data rate from 9.8 to 12.5 Gbps, and associated subrates (divide by 2, 4, and 8) to support a variety of communication protocols. A 25-MHz crystal oscillator clock is used to speed up the CDR lock process. This clock is not used for training the PLL and does not need to be synchronous with the serial data.

The programmable settings can be applied using the SMBus (I2C) interface, or they can be loaded through an external EEPROM. An on-chip eye monitor and a PRBS generator allow real-time measurement of high-speed serial data for system bring-up or field tuning.

The DS125RT410 is a four-channel retimer with integrated signal conditioning. The device includes a fully adaptive continuous-time linear equalizer (CTLE), clock and data recovery (CDR), and a transmit de-emphasis (DE) driver to enable data transmission over long, lossy and crosstalk-impaired highspeed serial links to achieve BER < 1 × 10–15. For channels with a high amount of crosstalk, the DS125DF410 should be used because it has self calibrating 5-tap decision-feedback equalizer (DFE).

Each channel can independently lock to data rate from 9.8 to 12.5 Gbps, and associated subrates (divide by 2, 4, and 8) to support a variety of communication protocols. A 25-MHz crystal oscillator clock is used to speed up the CDR lock process. This clock is not used for training the PLL and does not need to be synchronous with the serial data.

The programmable settings can be applied using the SMBus (I2C) interface, or they can be loaded through an external EEPROM. An on-chip eye monitor and a PRBS generator allow real-time measurement of high-speed serial data for system bring-up or field tuning.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
3 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DS125RT410 Low-Power Multi-Rate Quad Channel Retimer データシート (Rev. A) 2015年 10月 28日
ユーザー・ガイド DS100DF410EVK, DS110DF410EVK, DS125DF410EVM User's Guide (Rev. C) 2016年 6月 22日
アプリケーション・ノート Understanding EEPROM Programming for 10G to 12.5G Retimers 2016年 1月 13日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

DS125DF410EVM — DS125DF410EVM: アダプティブ EQ、CDR、および DFE 付き 9.8 ~ 12.5 Gbps 4 チャネル・リタイマ評価モジュール

The DS125DF410EVM evaluation board lets you examine the advanced signal conditioning capabilities of the DS125DF410 and DS125RT410 devices using SMAs. The board is controlled by a PC using a USB port and the SigCon Architect GUI.

To use the SigCon Architect GUI to control the device, use the  (...)

在庫あり
制限: 2
シミュレーション・モデル

IBIS-AMI Model Request Form

SNLM143.PDF (25 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI design and simulation tool

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

パッケージ ピン数 ダウンロード
WQFN (RHS) 48 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ