トップ

製品の詳細

パラメータ

Type Retimer Mux Number of channels (#) 4 Input compatibility AC-coupling, CML Speed (Max) (Gbps) 25.8 Protocols IEEE802.3bj, 100GbE, Infiniband EDR, OIF-CEi-25G-LR/MR/SR/VSR, QSFP28, CFP2/CFP4, CDFP Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の イーサネット・リタイマ、リドライバ、マルチプレクサ、バッファ

パッケージ|ピン|サイズ

FC/CSP (ABM) 101 36 mm² 6 x 6 open-in-new その他の イーサネット・リタイマ、リドライバ、マルチプレクサ、バッファ

特長

  • 信号コンディショニング機能を備えた 4 チャネル・マルチレート・リタイマ
  • すべてのチャネルは独立に 20.2752~ 25.8Gbps でロック (10.3125Gbps、12.5Gbps などのサブレートを含む)
  • 非常に短いレイテンシ:25.78125Gbps のデータ・レートで 500ps 未満 (標準値)
  • 単一電源で、低ジッタの基準クロックを必要とせず、電源デカップリングが最小限であるため、基板配線が簡単、BOM コストも削減可能
  • 2×2 のクロス・ポイントを内蔵
  • アダプティブ連続時間リニア・イコライザ (CTLE)
  • アダプティブ・デシジョン・フィードバック・イコライザ (DFE)
  • 3 タップ FIR フィルタ付きの低ジッタ・トランスミッタ
  • 結合イコライゼーションにより、12.9GHz で 35dB を超えるチャネル損失に対応
  • 伝送振幅を変更可能:205mVppd~1225mVppd (標準値)
  • オンチップのアイ・オープニング・モニタ (EOM)、PRBS パターン・チェッカ/ジェネレータ
  • JTAG/AC-JTAG バウンダリ・スキャンをサポート
  • フロースルーで簡単に配線できる小型 6mm × 6mm BGA パッケージ

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の イーサネット・リタイマ、リドライバ、マルチプレクサ、バッファ

概要

DS250DF410 デバイスは、信号コンディショニング機能を備えた 4 チャネル、マルチレート・リタイマです。10~15 以下のビット・エラー・レート (BER) を達成しながら、長距離で、損失が大きく、クロストークの影響を受ける高速シリアル・リンクの到達距離と堅牢性を拡張するために使用します。

DS250DF410の各チャネルは、20.2752Gbps~25.8Gbpsの連続した範囲のシリアル・データ・レート、またはサポートされている任意のサブレート(÷2および÷4) (10.3125Gbpsや12.5Gbpsなどの主要データ・レートを含む)へ独立にロックされるため、DS250DF410は個別レーンの前方誤り訂正(FEC)パススルーをサポートできます。

DS250DF410は単一電源で、必要な外部部品も最小限です。これらの特長により、PCB配線の複雑性とBOMコストが低減されます。

DS250DF410の高度なイコライゼーション機能には、低ジッタの3タップ送信有限インパルス応答(FIR)フィルタ、アダプティブ連続時間リニア・イコライザ(CTLE)、アダプティブ・デシジョン・フィードバック・イコライザ(DFE)が含まれています。これにより、複数のコネクタやクロストークが存在する、損失の多い相互接続およびバックプレーンにおいて、到達距離を拡張できます。内蔵のCDR機能は、フロントポート光学モジュール・アプリケーションで、ジッタ・バジェットをリセットし、高速シリアル・データをリタイムするために最適です。DS250DF410 は、各チャネル・ペアに 2x2 のクロスポイントを実装しているため、ホストはレーンクロス、ファンアウト、多重化のいずれの方法でも使用できます。

DS250DF410はSMBus経由、または外付けのEEPROMにより構成可能です。最大16個のデバイスが、共通のチャネル・フォーマットを使用して単一のEEPROMを共有できます。非破壊的なオンチップ・アイ・モニタと PRBS ジェネレータ/チェッカにより、インシステム診断が可能です。

open-in-new その他の イーサネット・リタイマ、リドライバ、マルチプレクサ、バッファ
ダウンロード

Special note

To request IBIS AMI models, and device GUI profile: Request DS250DF410

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 6
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DS250DF410 25Gbps マルチレート 4 チャネル・リタイマ データシート (Rev. D 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.D) 2020年 1月 6日
アプリケーション・ノート Selection Guide for TI 25G and 28G Retimers and Repeaters 2020年 1月 7日
ユーザー・ガイド DS250DF410EVM User's Guide 2019年 9月 3日
その他の技術資料 Advanced Signal Conditioning Made Easy and Efficient 2017年 1月 12日
アプリケーション・ノート Green box testing: A method for optimizing high-speed serial links 2016年 7月 21日
アプリケーション・ノート Understanding EEPROM Programming for 25G and 28G Repeaters and Retimers 2016年 1月 13日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析
シミュレーション・ツール ダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
FC/CSP (ABM) 101 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ