製品の詳細

Local sensor accuracy (Max) (+/- C) 0.5 Type Local Operating temperature range (C) -40 to 125 Supply voltage (Min) (V) 1.4 Interface type I2C, SMBus Supply voltage (Max) (V) 3.6 Supply current (Max) (uA) 10 Temp resolution (Max) (bits) 12 Features ALERT, One-shot conversion, NIST traceable Remote channels (#) 0 Addresses 4 Rating Catalog
Local sensor accuracy (Max) (+/- C) 0.5 Type Local Operating temperature range (C) -40 to 125 Supply voltage (Min) (V) 1.4 Interface type I2C, SMBus Supply voltage (Max) (V) 3.6 Supply current (Max) (uA) 10 Temp resolution (Max) (bits) 12 Features ALERT, One-shot conversion, NIST traceable Remote channels (#) 0 Addresses 4 Rating Catalog
SOT-5X3 (DRL) 6 2 mm² 1.65 x 1.2
  • TMP112Aの較正なしでの精度
    • 0℃~+65℃ (3.3V)について0.5℃ (最大値)
    • -40℃~+125℃について1.0℃ (最大値)
  • TMP112Bの較正なしでの精度
    • 0℃~+65℃ (1.8V)について0.5℃ (最大値)
    • -40℃~+125℃について1.0℃ (最大値)
  • TMP112Nの較正なしでの精度
    • -40℃~+125℃について1.0℃ (最大値)
  • SOT563パッケージ(1.6mm×1.6mm)
  • 低い静止電流
    • アクティブ時10µA (最大値)、シャットダウン時1µA (最大値)
  • 電源電圧範囲: 1.4V~3.6V
  • 分解能: 12ビット
  • デジタル出力 SMBus™、2線式、およびI2Cインターフェイスとの互換性
  • NISTトレース可能
  • TMP112Aの較正なしでの精度
    • 0℃~+65℃ (3.3V)について0.5℃ (最大値)
    • -40℃~+125℃について1.0℃ (最大値)
  • TMP112Bの較正なしでの精度
    • 0℃~+65℃ (1.8V)について0.5℃ (最大値)
    • -40℃~+125℃について1.0℃ (最大値)
  • TMP112Nの較正なしでの精度
    • -40℃~+125℃について1.0℃ (最大値)
  • SOT563パッケージ(1.6mm×1.6mm)
  • 低い静止電流
    • アクティブ時10µA (最大値)、シャットダウン時1µA (最大値)
  • 電源電圧範囲: 1.4V~3.6V
  • 分解能: 12ビット
  • デジタル出力 SMBus™、2線式、およびI2Cインターフェイスとの互換性
  • NISTトレース可能

TMP112ファミリのデバイスは、NTC/PTCサーミスタの代替となる高精度、低消費電力のデジタル温度センサで、特に高精度が重要な場合向けに設計されています。TMP112AおよびTMP112Bは0.5℃の精度を持ち、それぞれ3.3Vおよび1.8Vの動作で最良のPSR性能を実現するよう最適化されています。TMP112Nの精度は1℃です。これらの温度センサは線形性が高く、複雑な計算やルックアップ・テーブルなしに温度を導出できます。オンチップの12ビットADCは、最小で0.0625℃の分解能があります。

1.6mm×1.6mmのSOT563パッケージは、SOT23パッケージよりも68%も占有面積が小さくなります。TMP112ファミリにはSMBus、2線式、およびI2Cインターフェイスとの互換性があり、4つまでのデバイスを1つのバスに接続できます。このデバイスには、SMBusのアラート機能も搭載されています。デバイスは1.4~3.6Vの電源電圧で動作が規定されており、動作範囲の全体にわたって、最大静止電流は10µAです。

TMP112ファミリは、通信、コンピュータ、消費者用、環境用、産業用、計測用アプリケーションでの広範囲な温度測定用に設計されています。このデバイスは、-40℃ ~+125℃の温度範囲での動作が規定されています。

TMP112ファミリの量産ユニットは、NIST追跡可能なセンサに対して100%テストされ、ISO/IEC 17025基準に合格した較正によりNIST追跡可能な機器によって検証されています。

TMP112ファミリのデバイスは、NTC/PTCサーミスタの代替となる高精度、低消費電力のデジタル温度センサで、特に高精度が重要な場合向けに設計されています。TMP112AおよびTMP112Bは0.5℃の精度を持ち、それぞれ3.3Vおよび1.8Vの動作で最良のPSR性能を実現するよう最適化されています。TMP112Nの精度は1℃です。これらの温度センサは線形性が高く、複雑な計算やルックアップ・テーブルなしに温度を導出できます。オンチップの12ビットADCは、最小で0.0625℃の分解能があります。

1.6mm×1.6mmのSOT563パッケージは、SOT23パッケージよりも68%も占有面積が小さくなります。TMP112ファミリにはSMBus、2線式、およびI2Cインターフェイスとの互換性があり、4つまでのデバイスを1つのバスに接続できます。このデバイスには、SMBusのアラート機能も搭載されています。デバイスは1.4~3.6Vの電源電圧で動作が規定されており、動作範囲の全体にわたって、最大静止電流は10µAです。

TMP112ファミリは、通信、コンピュータ、消費者用、環境用、産業用、計測用アプリケーションでの広範囲な温度測定用に設計されています。このデバイスは、-40℃ ~+125℃の温度範囲での動作が規定されています。

TMP112ファミリの量産ユニットは、NIST追跡可能なセンサに対して100%テストされ、ISO/IEC 17025基準に合格した較正によりNIST追跡可能な機器によって検証されています。

ダウンロード
Information

Request more information

NIST calibration documentation is available. Request now

おすすめの類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスにアップグレード機能を搭載した、ドロップ・イン代替製品。
TMP102 アクティブ I2C/SMBus 搭載、2.56mm2 パッケージ封止、精度 2℃ のデジタル温度センサ ピン互換 2℃ 代替品

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
14 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TMP112x SOT563パッケージでSMBusおよび2線式シリアル・インターフェイス搭載の高精度、低消費電力、デジタル温度センサ データシート (Rev. I 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.I) 2019年 10月 4日
アプリケーション・ノート How to Boost Your CPU Performance Through Thermal Accuracy 2020年 9月 22日
技術記事 How to choose the right thermistor for your temperature sensing application 2020年 2月 13日
アプリケーション・ノート High-performance processor die temperature monitoring (Rev. A) 2019年 10月 17日
技術記事 How to enable thermal safety for automotive infotainment and cluster systems 2019年 10月 15日
技術記事 Driving industrial innovation with small-size sensors 2019年 9月 12日
アプリケーション・ノート Optimizing Low Power Temperature Sensor Applications 2019年 6月 6日
アプリケーション・ノート Monitoring Board Temperature 2019年 1月 28日
アプリケーション・ノート Temperature Sensing Fundamentals 2019年 1月 28日
アプリケーション・ノート Temperature Sensors: PCB Guidelines for Surface Mount Devices (Rev. A) 2019年 1月 18日
アプリケーション・ノート Wearable Temp-Sensing Layout Considerations Optimized for Thermal Response (Rev. B) 2018年 10月 23日
アプリケーション・ノート Ambient Temperature Measurement Layout Considerations 2018年 7月 16日
アプリケーション・ノート Calculating Useful Lifetimes of Temperature Sensors 2018年 7月 6日
技術記事 Real-time temperature sensing with dual-mode connectivity 2016年 11月 3日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

DIP-ADAPTER-EVM — DIP アダプタの評価基板

DIP-Adapter-EVM は、オペアンプの迅速なプロトタイプ製作とテストを可能にする評価モジュールです。小型の表面実装 IC とのインターフェイスを迅速、容易、低コストで実現します。付属の Samtec 端子ストリップか、回路への直接配線により、サポートされているオペアンプを接続できます。

DIP-Adapter-EVM キットは、業界標準の最も一般的なパッケージをサポートしています:

  • D と U(SOIC-8)
  • PW(TSSOP-8)
  • DGK(MSOP-8、VSSOP-8)
  • DBV(SOT23-6、SOT23-5、SOT23-3)
  • DCK(SC70-6、SC70-5)
  • DRL(SOT563-6)
在庫あり
制限: 5
評価ボード

NFC-DATALOGGER-EVM — NFC インターフェイス搭載、超低消費電力マルチセンサ・データ・ロガーの評価基板

この NFC-DATALOGGER-EVM は、包括的なリファレンス・デザインを提示しています
用途は、アセット・トラッキング (資産管理) とコールド・チェーンのデータ・ロギングです。
5 年以上のバッテリ動作に対応し、シンプルな NFC (近距離
無線通信) インターフェイスを通じて、構成と読み取りに
対応しています。フレキシビリティを最大限に高めるために、システムが提供している
選択肢は複数のセンサ構成に対応しており、監視対象は、
温度 (TMP112)、周辺光 (OPT3001)、
湿度 (HDC1000) のいずれかまたは複数です。NFC を実現しているのは
TI の RF430CL331H であり、最大 64KB の不揮発性
FRAM メモリを利用できるのは MSP430FR5969
マイコン (MCU) です。

この NFC-DATALOGGER-EVM は、資産管理とコールド・チェーンのデータ・ロギング向けの包括的なリファレンス・デザインです。5 年以上のバッテリ寿命を実現するとともに、構成と読み取りのためのシンプルな NFC (近距離無線通信) インターフェイスを搭載しています。フレキシビリティを最大限に高めるために、このシステムは温度 (TMP112)、周辺光 (OPT3001)、湿度 (HDC1000) のそれぞれを監視する目的で、複数のセンサ構成を選択肢として用意しています。NFC を実現しているのは TI の RF430CL331H であり、MSP430FR5969 マイコンで最大 64KB の不揮発性 FRAM メモリが利用できます。

在庫あり
制限: 3
評価ボード

TMP112EVM — TMP112 高精度、低消費電力、デジタル温度センサ、評価モジュール

TMP112EVM を使用すると、TMP112 デジタル温度センサの性能を評価できます。この評価基板 (EVM) は USB スティックのフォーム・ファクタを採用しており、オンボードの MSP430F5528 マイコンは I²C インターフェイスを使用して、ホスト・コンピュータおよび TMP112 デバイスの両方とのインターフェイスを確立します。この評価基板は、EVM 基板上でセンサとホスト・コントローラの間にミシン目を設けた設計を採用しています。ミシン目を使用して TMP112 を切り離し、評価の際にフレキシビリティを高めることができます。

サンプル・コードまたはデモ

TMP102 Arduino Example Code v1.0

SBOC486.ZIP (52 KB)
ドライバまたはライブラリ

LM75SW-LINUX — Linux ドライバ、LM75 用

この Linux ドライバは、LM75 互換の各種温度センサをサポートしています。また、この Linux ドライバは I2C バス経由の通信をサポートしており、ハードウェア監視サブシステムとのインターフェイスとして機能します。
Linux のメインライン・ステータス

Linux メインラインで利用可能か:はい
git.ti.com から入手可能か:N/A

サポート対象デバイス:
  • LM75A
  • TMP100
  • TMP101
  • TMP105
  • TMP112
  • TMP175
  • TMP275
  • TMP75
  • TMP1075
Linux ソース・ファイル

このデバイスに関連付けられているファイル:

  1. drivers/hwmon/lm75.c
  2. Documentation/devicetree/bindings/i2c/trivial-devices.txt
  3. drivers/hwmon/lm75.h
  4. Documentation/hwmon/lm75
ソース・ファイル

drivers/hwmon/lm75.c

Linux デバイス・ツリー・ドキュメント

(...)

評価基板 (EVM) 向けの GUI

TMP112EVM GUI Software and Source

SBOC438.ZIP (147351 KB)
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

ASC-STUDIO — Analog signal chain (ASC) studio (アナログ・シグナル・チェーン向けツール)

構成に関する課題を簡素化し、ソフトウェア開発を迅速化できるように、TI は ASC studio を開発しました。このツールは直観的な操作が可能で、TI のセンサのあらゆる要素と、将来的には他のシグナル・チェーンのコンポーネントを構成できます。ASC studio を使用すると、構成パラメータを視覚的に選択できるので、より多くの時間をアプリケーションの差異化に用いることができます。

ツールの出力には、スタンドアロンまたは TI MCU 向けの TI ソフトウェア開発キット (SDK) サンプルで使用できる C ヘッダとコード・ファイルが含まれています。

シミュレーション・モデル

TMP102, TMP112 IBIS Model

SBFM009.ZIP (63 KB) - IBIS Model
リファレンス・デザイン

TIDEP-0090 — ミリ波レーダー・センサ使用、交通監視用物体検出 / 追跡のリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、TI のシングルチップ・ミリ波 (mmWave) テクノロジーを使用して、交通監視や他のアプリケーションで、堅牢な長距離センシングを実現する方法を示します。このリファレンス・デザインは、IWR1642BOOST 評価基板 (EVM) または IWR1843BOOST 評価基板 (EVM) を使用し、包括的なレーダー処理チェーンを IWR1642、IWR6843、IWR8143 いずれかのデバイスに実装します。この処理チェーンは、アナログ・レーダー構成、A/D コンバータ (ADC) キャプチャ、低レベル FFT 処理、高レベルのクラスタ化および追跡アルゴリズムを採用しています。このリファレンス・デザインは、TI のミリ波 SDK を土台として構築することを意図しており、評価、開発、データの視覚化に適した API、ライブラリ、ツールなど統一性の高いソフトウェア環境を実現できます。
リファレンス・デザイン

TIDEP-01001 — 車両乗員検出のリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、AWR6843 の使用方法を示します。この製品は、DSP を搭載した 60GHz シングルチップ・ミリ波センサであり、車両の乗員検出 (VOD) や子供の占有検出 (CPD) センサとして使用すると、車両内の乗員や生体を検出できます。このデザインは、C674x DSP 上で動作するリファレンス・ソフトウェアの処理チェーンを実現し、ヒート・マップを生成して、±60 度の視野角 (FOV) で乗員を検出できるようにします。

 ミリ波センサを使用した車両の乗員検出に関するビデオをご覧ください。

追加情報

レーダーを使用して車内の乗員を検出するリファレンス・ソフトウェアの処理チェーン。

リファレンス・デザイン

TIDEP-01025 — mmWave diagnostic and monitoring reference design

このリファレンス・デザインは、ミリ波レーダー・センサが内蔵している自律型の監視機能を提示します。これらの機能を活用すると、ホスト側の処理負荷を最小化し、システムの効率を改善することができます。このデザインは安全性診断ライブラリ (safety diagnostic library、SDL) を使用し、複数のプログラマブル・デジタル・コア、ペリフェラル、メモリに対する診断テストを実行します。また、このリファレンス・デザインは、さまざまなハードウェア・コンポーネントが搭載している RF / アナログ向けの監視機能を構成し、有効にします。このデザインは、さまざまな安全性リソースを活用して ASIL-B/SIL2 準拠の製品の実装を進めている開発ユーザーを支援し、全体の開発期間および市場出荷までの期間の短縮に貢献します。
リファレンス・デザイン

TIDEP-0092 — 短距離レーダー(SRR)のリファレンス・デザイン

TIDEP-0092  は、AWR1642 評価モジュール(EVM)を使用した短距離レーダー(SRR)アプリケーション向けの TI Design リファレンス・デザインです。このリファレンス・デザインは最大 80m の視野にある物体の位置(水平面)と速度を推定します。
リファレンス・デザイン

TIDEP-01021 — Beamsteering for corner radar reference design

このリファレンス・デザインは、AWR1843BOOST 評価基板 (EVM) を使用して、ブラインド・スポット検出、クロス・トラフィック・アラート、車線変更アシスト、トラフィックジャム・アシストの各アプリケーションに対応する基礎を実現します。このデザインを使用すると、最大 150m の視野 (FoV) にある物体の推定 (水平面と垂直面)、位置の追跡 (水平面)、速度の追跡を実施できます。

また、このデザインを採用すると、3TX の同時動作を有効にする方法で、送信 (TX) のビーム・フォーミングを実現することもできます。6 ビットの TX 位相シフターを使用し、水平方向で複数の角度に向かってビームを操作する方法で、ビーム・フォーミングをサポートすることも可能です。

リファレンス・デザイン

TIDEP-01011 — 77GHz ミリ波センサを使用した自動パーキング・システムのリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、DSP、マイコン、ハードウェア・アクセラレータを統合した 77GHz シングルチップ・ミリ波センサである AWR1843 を、自動パーキングのセンサとして使用する方法を示します。その結果、課題の多い駐車条件や環境条件の下でも、自動車の周囲にある物体を信頼性の高い方法で検出できます。4cm 未満に対応する距離分解能と 10MHz の IF 帯域幅により、高速で移動している物体を良好な分解能で検出することができます。この評価キットには、水平方向に ±50 度、上下方向に ±15 度と見通し視野(FoV)が広く、検出距離が 4cm から 40m 以上に達するアンテナ・デザインが付属しています。リファレンス・ソフトウェアはデバイスに実装済みの形で提供されており、クラスタ化した状態にある複数の物体を高分解能で検出できます。検出した物体を視覚化できるように、MATLAB® ベースの GUI が提供されています。
リファレンス・デザイン

TIDEP-0104 — 77GHz ミリ波センサを使用した物体検知のリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、自動車のドアやトランク向けの物体検出センサとして、DSP 統合型の AWR1642 シングルチップ・ミリ波センサを使用する方法を紹介し、ドアの自動開扉装置や、広い見通し視野での障害物や物体の高精度検出のようなアプリケーションを実現できます。この評価キットには、水平方向に ±70 度、上下方向に ±40 度と見通し視野(FoV)が広く、検出距離が最大 15m に達する単一のパッチ・アンテナが付属しています。リファレンス・ソフトウェアはデバイスに実装済みの形で提供されており、クラスタ化した状態にある複数の物体を高分解能で検出できます。検出した物体を視覚化できるように、MATLAB® ベースの GUI が提供されています。
リファレンス・デザイン

TIDM-BIOSIGNMONITOR — パーソナル・モニタリング向けマルチパラメータ生体信号モニタのリファレンス・デザイン

このマルチパラメータ生体信号モニタ(Multi-Parameter Bio-signal Monitor、MPBSM)は、コンセプト実証用評価モジュール(EVM)で、4 つの主要なバイタル・サインのうち 3 つを測定できます。MPBSM のコンセプト実証として、心電図(ECG)、ガルバニック皮膚反応(GSR)、皮膚温を直接測定できます。MPBSM のコンセプト実証として、心拍、呼吸数、歩行率、歩数、糖質損失率を間接的に測定することもできます。
リファレンス・デザイン

TIDA-00524 — 超低消費電力マルチセンサ・データ・ロガー、NFC インターフェイス付、リファレンス・デザイン

TIDA-00524 は、資産管理とコールド・チェーンのデータ・ロギング向けの包括的なリファレンス・デザインです。5 年以上のバッテリ寿命を実現するとともに、構成と読み取りのためのシンプルな NFC (近距離無線通信) インターフェイスを搭載しています。

フレキシビリティを最大限に高めるために、このシステムは温度 (TMP112)、周囲光 (OPT3001)、湿度 (HDC1000/HDC1010) のそれぞれを監視する目的で、複数のセンサ構成を選択肢として用意しています。

NFC は TI の RF430CL331H によって実現されており、MSP430FR5969 マイコンで最大 64KB の不揮発性 FRAM メモリが利用できます。

リファレンス・デザイン

TIDA-00220 — 静電容量ベース、ヒト近接検出、システム・ウエークアップおよび割込み用リファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、キャパシタンス/デジタル・コンバータ技術を使用した信頼性の高い方法で、人間が操作したときにシステムをウェークアップします。TIDA-00220 は、代替のセンサ設計、環境補正、電磁干渉に対する保護を実現する手法を示します。
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-5X3 (DRL) 6 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ