トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of channels (#) 1 Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) 8 Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) 60 Output current (Typ) (mA) 3000 GBW (Typ) (MHz) 1 Slew rate (Typ) (V/us) 10 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 10 Offset drift (Typ) (uV/C) 30 Iq per channel (Typ) (mA) 17 Features Adj Current Limit, Shutdown Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 Input bias current (Max) (pA) 500000 CMRR (Typ) (dB) 95 Rail-to-rail In to V- Architecture Bipolar open-in-new その他の パワー・オペアンプ

パッケージ|ピン|サイズ

TO-220 (KC) 7 47 mm² 10.16 x 4.58 TO-220 (KVT) 7 84 mm² 10.16 x 8.26 TO-263 (KTW) 7 154 mm² 10.1 x 15.24 open-in-new その他の パワー・オペアンプ

特長

  • 広い電源電圧範囲
    • シングル電源:8V~60V
    • デュアル電源:±4V~±30V
  • 大きな出力電流
    • 連続 3A
    • ピーク 5A
  • 大きな出力電圧振幅
  • 包括的な保護機能
    • サーマル・シャットダウン
    • 可変電流制限
  • 出力ディセーブル制御
  • サーマル・シャットダウン・インジケータ
  • 高スルーレート:10V/µs
  • 低静止電流
  • パッケージ
    • 7 リードの TO-220、zip およびストレート・リード
    • 7 リードの DDPAK 表面実装

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の パワー・オペアンプ

概要

OPA548 デバイスは、さまざまな負荷を駆動するように設計された低コスト、高電圧、大電流のオペアンプです。レーザー・トリムされたモノリシック集積回路により、非常に優れた小信号精度と大きな出力電圧および電流を実現しています。

OPA548 はシングル電源とデュアル電源のどちらでも動作するため、柔軟な設計が可能です。シングル電源動作では、入力同相範囲がグランドより下まで到達します。

OPA548 は、過熱状態と電流過負荷に対して内部的に保護されています。さらに OPA548 には、ユーザーが選択可能な高精度の電流制限機能を備えています。出力電流経路と直列にパワー抵抗を使用するその他の設計とは異なり、OPA548 は負荷を間接的に測定します。電流制限値は外付け抵抗とポテンショメータによって 0A~5A の範囲に設定でき、電圧出力または電流出力 DAC を使用してデジタル制御することもできます。

イネーブル / ステータス (E/S) ピンには 2 つの機能があります。このピンの入力は出力段をディセーブルして実質的に負荷を切断するだけでなく、静止電流を減らして電力を節減します。E/S ピンの出力を監視することで、OPA548 がサーマル・シャットダウン状態にあるかどうかを判断できます。

OPA548 デバイスは、業界標準の 7 リードの千鳥配列および直線リードの TO-220 パッケージと、7 リード DDPAK 表面実装プラスチック・パワー・パッケージで供給されます。銅のタブによりヒートシンクまたは基板に簡単に実装でき、非常に優れた熱性能が得られます。このデバイスは、拡張産業用温度範囲の –40℃~85℃で動作が規定されています。設計解析用の SPICE マクロモデルが利用できます。

open-in-new その他の パワー・オペアンプ
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能およびピン配置は同じだが、同等ではない比較製品
OPA549 アクティブ 高電圧、高電流オペアンプ、高出力スイング 本製品はより高い電流駆動(8A)を提供します。

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 8
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート OPA548 高電圧、大電流オペアンプ データシート (Rev. D 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.D) 2020年 6月 9日
技術記事 Unique active mux capability combines buffer and switch into one solution 2017年 10月 10日
技術記事 Four ways to design an amplifier without a rail-to-rail op amp 2016年 7月 21日
ユーザー・ガイド OPA547/OPA548 High Power Operational Amplifier Evaluation Module (EVM) 2015年 11月 10日
技術記事 Why correct voltage matters for op-amp PowerPads™ 2014年 11月 6日
アプリケーション・ノート 高速データ変換 英語版をダウンロード 2009年 12月 11日
アプリケーション・ノート DC MOTOR SPEED CONTROLLER: Control a DC Motor without Tachometer Feedback 2000年 9月 27日
アプリケーション・ノート Power Amplifier Stress and Power Handling Limitations 2000年 9月 27日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$199.00
概要

The OPA548EVM is a platform for evaluating the OPA548 in a variety of circuit configurations. Circuit configuations include inverting/non-inverting gain, single/dual power supply, internal/external load and external reference. Access is provided to the Enable/Shutdown pin and LED's provide visual (...)

特長
  • Easily configured for most key Operational Amplifier circuits
  • Large heatsink allows operation with a wide variety of loads
  • LED indicators for Power On, Enable/Shutdown, and Thermal Shutdown
  • Surface mount pads are provided for small loads, and Banana jacks allow larger loads
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要

The Universal OPAMPEVM is a series of general purpose blank circuit boards that simplify prototyping circuits for a variety of IC package types. The evaluation module board design allows many different circuits to be constructed easily and quickly. Five models are offered with each targeted for (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOC114C.TSC (116 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOM088B.ZIP (39 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SBOM191B.ZIP (4 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・ツール ダウンロード 計算ツール ダウンロード
アナログ技術者向けカリキュレータ
ANALOG-ENGINEER-CALC — アナログ・エンジニア向けカリキュレータは、アナログ回路設計エンジニアが日常的に繰り返し行っている計算の多くを迅速化します。この PC ベース・ツールはグラフィカル・インターフェイスにより、帰還抵抗を使用したオペアンプのゲイン設定から、A/D コンバータ(ADC)のドライブ・バッファ回路の安定化に最適な部品の選択に至るまで、一般的に行われている各種計算のリストを表示します。スタンドアロン・ツールとして使用できるほか、『アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド』で説明されているコンセプトと組み合わせることもできます。
特長
  • A/D コンバータ(ADC)と D/A コンバータ(DAC)の回路設計を迅速化
    • ノイズの計算
    • 一般的な単位変換
  • アンプ回路設計の一般的な問題を解決
    • 標準的な抵抗を使用してゲインを選択
    • フィルタの構成
    • 一般的なアンプ構成の総ノイズ
  • PCB 寄生成分の計算(R、L、C など)
  • 一般的なセンサのセンサ出力値の算定(RTD、熱電対など)
  • 受動回路の一般的な問題を解決(受動部品を使用する電圧デバイダなど)

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
DDPAK/TO-263 (KTW) 7 オプションの表示
TO-220 (KC) 7 オプションの表示
TO-220 (KVT) 7 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ