トップ

製品の詳細

パラメータ

Type Latch Supply voltage (Vcc) (Min) (V) 1.65 Supply voltage (Vcc) (Max) (V) 5.5 Operate point (Max) (mT) 3.3 Release point (Min) (mT) -3.3 Output Push-pull output driver Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の ホール・エフェクトのラッチとスイッチ

パッケージ|ピン|サイズ

X2SON (DMR) 4 2 mm² 1.4 x 1.1 open-in-new その他の ホール・エフェクトのラッチとスイッチ

特長

  • 業界最先端の低消費電力
  • サンプリング・レートをピンで選択可能:
    • SEL = Low: 20Hzで1.3µA使用(1.8V)
    • SEL = High: 2.5kHzで142µA使用(1.8V)
  • 1.65V~5.5VのVCC範囲で動作
  • 高い磁気感度: ±2mT (標準値)
  • 堅牢なヒステリシス: 4mT (標準値)
  • プッシュプルCMOS出力
  • 小さく薄型のX2SONパッケージ
  • –40℃~+85℃の動作温度範囲

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の ホール・エフェクトのラッチとスイッチ

概要

DRV5012デバイスは超低消費電力のデジタル・ラッチのホール効果センサで、サンプリング・レートをピンで選択可能です。 ™

磁石のS極がパッケージの上端に近づき、BOPスレッショルドを超えると、デバイスはLOW電圧を駆動します。磁石のN極が近づき、BRPスレッショルドを交差するまでの間、出力はLOWに維持され、交差した時点でHIGH電圧に駆動されます。出力を切り替えるには、N極とS極が交互に近づく必要があり、内蔵のヒステリシスによってBOPとBRPが分離されることで、堅牢なスイッチングが行われます。

DRV5012デバイスは、内蔵の発振器を使用して磁界をサンプリングし、SELピンの設定に応じて20Hzまたは2.5kHzのレートで出力を更新します。このデュアル帯域幅の機能により、システムは最小の消費電力で移動の変化を監視できます。

このデバイスは1.65V~5.5VのVCC範囲で動作し、小型のX2SONパッケージに搭載されます。

open-in-new その他の ホール・エフェクトのラッチとスイッチ
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 7
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DRV5012 超低消費電力、デジタル・ラッチ、ホール効果センサ データシート 英語版をダウンロード 2017年 9月 25日
ユーザー・ガイド DRV5011-5012EVM User's Guide 2019年 11月 15日
技術記事 Driving industrial innovation with small-size sensors 2019年 9月 12日
アプリケーション・ノート 磁気センサ付きの電力ゲーティング・システム (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2018年 3月 12日
技術記事 You can be an electromechanical engineer 2017年 11月 10日
技術記事 Invisible but indispensable: The future of sensing is magnetic 2017年 11月 8日
アプリケーション・ノート Incremental Rotary Encoders 2017年 9月 27日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
25
概要
The DRV5011-5012EVM facilitates evaluation of the DRV5012 and DRV5011 Hall effect sensors. The DRV5012 is an ultra-low-power digital-latch Hall effect sensor with a pin-selectable sampling rate. The DRV5011 is an ultra-low-power digital-latch Hall effect sensor.  These sensors (...)
特長
  • Easy evaluation and demonstration of the DRV5011 with included magnet and USB cable
  • Three of each DRV5011 and DRV5012 are provided on breakaway boards to integrate directly into a system for prototype evaluation
  • Vias are provided to attach wires to the breakaway boards

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
X2SON (DMR) 4 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ