LP87524B-Q1

アクティブ

AWR と IWR の各 MMIC (ミリ波 IC) 向け、マルチフェーズ、4MHz、4A/1.8V + 2.5A/2.3V + 1.5A/3.3V + 1.5A/1.2V、降圧コンバータ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Regulated outputs (#) 4 Vin (Min) (V) 2.8 Vin (Max) (V) 5.5 Iout (Max) (A) 3 Step-down DC/DC controller 0 Step-down DC/DC converter 4 Step-up DC/DC controller 0 Step-up DC/DC converter 0 LDO 0 Iq (Typ) (mA) 0.0067 Features Diagnostics, Dynamic Voltage Scaling, Enable, I2C Control, Over Current Protection, Power Good, Power Sequencing, Spread-Spectrum Clock (SSC) Generation, Thermal Shutdown, UVLO Fixed Operating temperature range (C) -40 to 125 Rating Automotive Processor name AWR1243 Processor supplier Texas Instruments Shutdown current (Typ) (uA) 1.4 Configurability Factory programmable, Software configurable open-in-new その他の パワー・マネジメント・マルチチャネル IC(PMIC)

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN-HR (RNF) 26 18 mm² 4 x 4.5 open-in-new その他の パワー・マネジメント・マルチチャネル IC(PMIC)

特長

  • 車載アプリケーションに対応
  • 下記内容でAEC-Q100認定済み:
    • デバイス温度グレード 1: 動作時周囲温度       –40℃~+125°C
  • 入力電圧: 2.8V~5.5V
  • 出力電圧: 0.6V~3.36V
  • 4つの高効率降圧DC-DCコンバータ・コア
    • 合計出力電流: 最大10A
    • 出力電圧スルー・レート: 3.8mV/µs
  • スイッチング周波数: 4MHz
  • スペクトラム拡散モードと位相インターリービング
  • 構成可能な汎用I/O (GPIO)
  • I2C互換インターフェイスのStandard (100kHz)、Fast (400kHz)、Fast+ (1MHz)、High-Speed (3.4MHz)モードをサポート
  • マスクをプログラム可能な割り込み機能
  • プログラム可能なパワー・グッド信号(PGOOD)
  • 出力短絡および過負荷保護
  • 過熱警告および保護
  • 過電圧保護(OVP)および低電圧誤動作防止(UVLO)

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の パワー・マネジメント・マルチチャネル IC(PMIC)

概要

LP87524B/J/P-Q1は、各種の車載用電源アプリケーションにおける最先端のプロセッサおよびプラットフォームの電力管理要件を満たすよう設計されています。このデバイスには、4つの降圧DC/DCコンバータ・コアが内蔵されており、4つの単相出力として構成されます。このデバイスは、I2C互換のシリアル・インターフェイスとイネーブル信号により制御されます。

自動PFM/PWM (AUTOモード)動作により、広い範囲の出力電流について最大の効率が得られます。LP87524B/J/P-Q1はリモート電圧センシングをサポートし、レギュレータ出力と負荷ポイント(POL)との間のIR降下を補償して、出力電圧の精度を向上します。さらに、スイッチング・クロックを強制的にPWMモードに設定し、外部クロックと同期して、外乱による変動を最小限に抑えることができます。

LP87524B/J/P-Q1デバイスは、外付けの電流センス抵抗の追加なしに、負荷電流測定をサポートします。さらに、LP87524B/J/P-Q1はスタートアップとシャットダウンの遅延をプログラム可能で、イネーブル信号に同期されたシーケンシングに対応します。このシーケンスにGPIO信号を含め、外部レギュレータ、負荷スイッチ、プロセッサのリセットを制御することもできます。スタートアップ時および電圧の変化時に、デバイスは出力スルー・レートを制御し、出力電圧のオーバーシュートおよび突入電流を最小化します。

open-in-new その他の パワー・マネジメント・マルチチャネル IC(PMIC)
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 8
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LP87524B/J/P-Q1 AWR および IWR MMIC 用の 4 つの 4MHz 降圧コンバータ データシート (Rev. B 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.B) 2019年 11月 14日
アプリケーション・ノート The Benefits of FlexPower PMIC Devices 2019年 7月 2日
ユーザー・ガイド LP87524B-Q1 Technical Reference Manual 2019年 3月 13日
技術記事 Let’s break it down: how buck converters make your power supply more flexible 2017年 12月 13日
アプリケーション・ノート AWR1xxx Power Management Optimizations- Low Cost LC Filter Solution 2017年 10月 16日
技術記事 Don’t underestimate the power of an LDO 2013年 10月 19日
技術記事 How to optimize your DSP power budget 2013年 10月 3日
技術記事 "X" Marks the spot - 7 Treasures in a pirate engineer's treasure chest 2013年 9月 19日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
299
概要

AWR1243BOOST は、AWR1243 ミリ波高性能フロント・エンド向け評価ボードです。この評価プラットフォームは、フロント・エンドから ADC 生データをキャプチャし、RF 性能を評価できます。

2.1mm バレル・プラグ(DC プラグ)(中心部が正極)の付いた 5V、2.5A の電源ブリックは付属していません。TI は、使用地域の安全規格に適合した外部電源の購入を推奨しています。

特長
  • フィールド・テストを実施するためのオンボード・アンテナ
  • フラッシュ・プログラミング用シリアル・ポートを使用した XDS110 ベースの JTAG
  • 制御、構成、データ視覚化のための UART から USB へのインターフェイス
  • TI のマイコンとシームレスに接続するための TI LaunchPad インターフェイス
  • 5V 単一電源電圧から電力を供給
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
299
概要
AWR1443BOOST は、TI の車載用レーダー・デバイス AWR1443 用の使いやすい評価ボードで、TI のマイコン LaunchPad™ エコシステムとのダイレクト・コネクティビティを確立できます。この評価ボードには、低消費電力の ARM®-R4F (...)
特長
  • フィールド・テスト実施のためのオンボード・アンテナ
  • フラッシュ・プログラミング用シリアル・ポートを使用した XDS110 ベースの JTAG
  • 制御、構成、データ視覚化のための UART から USB へのインターフェイス
  • TI のマイコンとシームレスに接続するための TI LaunchPad インターフェイス
  • CAN コネクタにより、車載ユニットとの直接インターフェイスが可能
  • 5V 単一電源電圧から電力を供給
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
299
概要
AWR1642BOOST は、AWR1642 車載用レーダー・センサ用の使いやすい評価ボードで、マイコン(MCU)LaunchPad&trade (...)
特長
  • フィールド・テスト実施のためのオンボード・アンテナ
  • フラッシュ・プログラミング用シリアル・ポートを使用した XDS110 ベースの JTAG
  • 制御、構成、データ視覚化のための UART から USB へのインターフェイス
  • TI のマイコンとシームレスに接続するための TI LaunchPad インターフェイス
  • CAN コネクタにより、車載ユニットとの直接インターフェイスが可能
  • 5V 単一電源電圧から電力を供給
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
299
概要

AWR1642BOOST-ODS は、AWR1642 シングルチップ・ミリ波センサ向けの使いやすい評価ボードであり、DSP とマイコンを統合しています。この評価ボードには、水平面と垂直面の両方で広い視野角(FOV)を実現するパッチ・アンテナ構造が付属しており、近距離 3D 空間で物体を検出する必要がある車載用アプリケーションに最適です。

AWR1642BOOST-ODS には、C67x DSP コア、低消費電力の Arm® R4F コントローラ、オンチップ・メモリを使用してソフトウェア開発を開始するために必要な要素すべてが付属しています。この評価ボードには、プログラミングおよびデバッグ用のオンボード・エミュレーション機能と、オンボードのボタンや LED が搭載されているので、シンプルなユーザー・インターフェイスを迅速に統合できます。

2.1mm バレル・プラグ(DC プラグ)(中心部が正極)の付いた 5V、2.5A の電源ブリックは付属していません。TI は、使用地域の安全規格に適合した外部電源の購入を推奨しています。

特長
  • DSP を統合し、1.5MB のオンチップ RAM を搭載したシングルチップ・ソリューション
  • 距離:最大 15m
  • 分解能:4cm
  • FOV
    • 水平視野角:±70 度
    • 垂直視野角:±40 度
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
349
概要

AWR2243 BoosterPack™ プラグイン・モジュールは、AWR2243 シングルチップ・ミリ波センシング・デバイス向けの使いやすい評価基板であり、TI のマイコン (MCU) LaunchPad™ 開発キット・エコシステムとの直接のコネクティビティを確立できます。

AWR2243BOOST には、低消費電力の Arm® Cortex® R4F プロセッサの開発を開始するために必要な機能がすべて付属しています。この評価基板は、プログラミングおよびデバッグ向けのオンボード・エミュレーション機能と、複数のボタンや LED をオンボード搭載しているので、シンプルなユーザー・インターフェイスを迅速に統合できます。

標準的な 20 ピン・ブースタパック・ヘッダーを搭載したこの評価基板は、さまざまなマイコン LaunchPad 開発キットとの互換性があり、プロトタイプ製作を容易に実施できます。

特長
  • オンボード・アンテナ搭載で、フィールド・テストが実施可能
  • フラッシュ・プログラミング用シリアル・ポートを使用した XDS110 ベースの JTAG
  • 制御、構成、データ視覚化のための UART から USB へのインターフェイス
  • TI のマイコンとシームレスに接続するための TI LaunchPad 開発キット・インターフェイス
  • CAN コネクタにより、車載ユニットとの直接インターフェイスが可能
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要
IWR1443BOOST は、IWR1443 シングルチップ・ミリ波センサ用の使いやすい評価ボードで、TI のマイコン(MCU)LaunchPad™ エコシステムとのダイレクト・コネクティビティを確立できます。この評価ボードには、低消費電力 (...)
特長
  • フラッシュ・プログラミング用シリアル・ポートを使用した XDS110 ベースの JTAG
  • 制御、構成、データ視覚化のための UART から USB へのインターフェイス
  • TI のマイコンとシームレスに接続するための TI LaunchPad インターフェイス
  • CAN コネクタ
  • 5V 単一電源電圧から電力を供給
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要
IWR1642BOOST は、IWR1642 ミリ波センサ向けの使いやすい評価ボードで、マイコン(MCU)LaunchPad&trade (...)
特長
  • フィールド・テスト実施のためのオンボード・アンテナ
  • フラッシュ・プログラミング用シリアル・ポートを使用した XDS110 ベースの JTAG
  • 制御、構成、データ視覚化のための UART から USB へのインターフェイス
  • TI のマイコンとシームレスに接続するための TI LaunchPad インターフェイス
  • CAN コネクタ
  • 5V 単一電源電圧から電力を供給
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
199
概要
The LP87524Q1EVM demonstrates the integrated circuit LP87524-Q1 from Texas Instruments. The LP87524-Q1 is a high-performance, multiphase step-down converter designed to meet the power management requirements of the latest applications processors in automotive applications. The device contains four (...)
特長
  • Software Controller
  • USB-TO-I²C interface supports 3.4 MHz clock rate on the I²C bus
  • Versatile GUI: Output current measurement and status indicators
  • Console application allows running scripts.  Application can execute user specified scripts.
  • Convenient test points for all I/O's

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVMB85.ZIP (364 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVMBG0.ZIP (274 KB) - SIMPLIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI PSpice® for TI は、各種アナログの機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けのツールです。  さまざまな機能を持ち、設計とシミュレーションに適したこのツールは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償でご使用いただけます。アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象に、業界でも有数の大規模な PSpice モデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。 

はじめに

  • PSpice for TI ツールへのアクセスの申請
  • ツールのダウンロードとインストール
  • シミュレーション方法説明ビデオのご視聴

PSpice for TI ツールを使用すると、内蔵のモデル・ライブラリを使用して、複雑な設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの PSpice モデルで構成されたライブラリ全体に加えて、ツール内で各種 TI 製品情報に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。  コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。
特長
  • 電源とシグナル・チェーンに関する TI の製品ラインアップを網羅する、各種 PSpice モデルで構成された事前インストール済みライブラリ
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業に対応し、柔軟性のあるスタンドアロン・ツール

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
ミリ波レーダー・センサを使用する人数追跡 / 計測のリファレンス・デザイン
TIDEP-01000 このリファレンス・デザインは、IWR1642 の使用方法を示します。この製品は、シングルチップ・ミリ波レーダ・センサであり、屋内と屋外の人数計測アプリケーションに適した DSP を内蔵しています。このリファレンス・デザインは、IWR1642BOOST 評価モジュール(EVM)を使用し、包括的なレーダー処理チェーンを IWR1642 デバイスに実装します。このソリューションは、最大 250 個の物体を検出でき、水平面のうち 60º の視野角(FOV)で最大 20 人を認識して追跡することができます。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
統合型シングル・チップ・ミリ波センサを使用した 80m 距離の物体検知リファレンス・デザイン
TIDEP-0094 リファレンス・デザイン TIDEP-0094 は、IWR1642 評価モジュール(EVM)を使用して物体検出を評価するための土台を提供します。このデザインは、包括的なレーダ処理チェーンを IWR1642 デバイスに統合し、(水平面における)位置推定と、最大 84m の視野内にある物体の速度推定を実現しています。ソフトウェア・サンプルも付属しており、TI の mmWave ソフトウェア開発キット(SDK)とともに提供されているので、評価、開発、データの視覚化に適した API、ライブラリ、ツールを通じて、統一性の高いソフトウェア環境を実現できます。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
ミリ波レーダー・センサ使用、交通監視用物体検出 / 追跡のリファレンス・デザイン
TIDEP-0090 — このリファレンス・デザインは、TI のシングルチップ・ミリ波 (mmWave) テクノロジーを使用して、交通監視や他のアプリケーションで、堅牢な長距離センシングを実現する方法を示します。このリファレンス・デザインは、IWR1642BOOST 評価基板 (EVM) または IWR1843BOOST 評価基板 (EVM) を使用し、包括的なレーダー処理チェーンを IWR1642、IWR6843、IWR8143 いずれかのデバイスに実装します。この処理チェーンは、アナログ・レーダー構成、A/D コンバータ (ADC) キャプチャ、低レベル FFT 処理、高レベルのクラスタ化および追跡アルゴリズムを採用しています。このリファレンス・デザインは、TI のミリ波 SDK を土台として構築することを意図しており、評価、開発、データの視覚化に適した API、ライブラリ、ツールなど統一性の高いソフトウェア環境を実現できます。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
車両乗員検出のリファレンス・デザイン
TIDEP-01001 このリファレンス・デザインは、AWR6843 の使用方法を示します。この製品は、DSP を搭載した 60GHz シングルチップ・ミリ波センサであり、車両の乗員検出 (VOD) や子供の占有検出 (CPD) センサとして使用すると、車両内の乗員や生体を検出できます。このデザインは、C674x DSP 上で動作するリファレンス・ソフトウェアの処理チェーンを実現し、ヒート・マップを生成して、±60 度の視野角 (FOV) で乗員を検出できるようにします。

 ミリ波センサを使用した車両の乗員検出に関するビデオをご覧ください。

追加情報

レーダーを使用して車内の乗員を検出するリファレンス・ソフトウェアの処理チェーン。

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
短距離レーダー(SRR)のリファレンス・デザイン
TIDEP-0092 — TIDEP-0092  は、AWR1642 評価モジュール(EVM)を使用した短距離レーダー(SRR)アプリケーション向けの TI Design リファレンス・デザインです。このリファレンス・デザインは最大 80m の視野にある物体の位置(水平面)と速度を推定します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
77GHz ミリ波センサを使用した自動パーキング・システムのリファレンス・デザイン
TIDEP-01011 このリファレンス・デザインは、DSP、マイコン、ハードウェア・アクセラレータを統合した 77GHz シングルチップ・ミリ波センサである AWR1843 を、自動パーキングのセンサとして使用する方法を示します。その結果、課題の多い駐車条件や環境条件の下でも、自動車の周囲にある物体を信頼性の高い方法で検出できます。4cm 未満に対応する距離分解能と 10MHz の IF 帯域幅により、高速で移動している物体を良好な分解能で検出することができます。この評価キットには、水平方向に ±50 度、上下方向に ±15 度と見通し視野(FoV)が広く、検出距離が 4cm から 40m 以上に達するアンテナ・デザインが付属しています。リファレンス・ソフトウェアはデバイスに実装済みの形で提供されており、クラスタ化した状態にある複数の物体を高分解能で検出できます。検出した物体を視覚化できるように、MATLAB® ベースの GUI が提供されています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
77GHz レベル・トランスミッタ向け電力最適化回路のリファレンス・デザイン
TIDEP-0091 リファレンス・デザイン TIDEP-0091 は、最小のパワー・エンベロープで距離を高精度検出することが求められる 4 ~ 20mA センサや他の低消費電力アプリケーションで、76 ~ 81GHz のミリ波センサ IWR14xx を使用して電力を最適化する方法を示します。これらのアプリケーションでは、システムは多くの場合、システム本体の動作より消費電力の小さい低電圧のデータ・ラインを使用して動作します。 電力入力の制約を満たす目的で平均消費電力を低減するために、デューティ・サイクルを設定した動作も不可欠です。MSP432 を使用して IWR14xx デバイスのデューティ・サイクル動作を外部から制御し、周期的なセンシングを行う方法で、電力最適化を実現します。 さらに、このリファレンス・デザインは、単一次元の距離検出に適したサンプルの構成を提供します。

77GHzミリ波を使用した液面検出の詳細をご確認ください(JAJY056)。

液面検出の紹介(ビデオ)をご覧ください。

 

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.B)
リファレンス・デザイン ダウンロード
77GHz ミリ波センサを使用した物体検知のリファレンス・デザイン
TIDEP-0104 このリファレンス・デザインは、自動車のドアやトランク向けの物体検出センサとして、DSP 統合型の AWR1642 シングルチップ・ミリ波センサを使用する方法を紹介し、ドアの自動開扉装置や、広い見通し視野での障害物や物体の高精度検出のようなアプリケーションを実現できます。この評価キットには、水平方向に ±70 度、上下方向に ±40 度と見通し視野(FoV)が広く、検出距離が最大 15m に達する単一のパッチ・アンテナが付属しています。リファレンス・ソフトウェアはデバイスに実装済みの形で提供されており、クラスタ化した状態にある複数の物体を高分解能で検出できます。検出した物体を視覚化できるように、MATLAB® ベースの GUI が提供されています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN-HR (RNF) 26 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ