TPS7B4250-Q1

アクティブ

車載向け、50mA、バッテリ直結対応 (40V)、調整可能な電圧トラッキング機能、低ドロップアウト電圧レギュレータ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Output options Adjustable Output, Tracking Output Iout (Max) (A) 0.05 Vin (Max) (V) 40 Vin (Min) (V) 4 Vout (Max) (V) 18 Vout (Min) (V) 1.5 Iq (Typ) (mA) 0.04 Thermal resistance θJA (°C/W) 172 TI functional safety category Functional Safety-Capable Load capacitance (Min) (µF) 1 Rating Automotive Regulated outputs (#) 1 Features Reverse Current Protection, Reverse Voltage Protection, Short-to-Battery Protection PSRR @ 100 KHz (dB) 60 Dropout voltage (Vdo) (Typ) (mV) 250 Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の リニア・レギュレータ(LDO)

パッケージ|ピン|サイズ

SOT-23 (DBV) 5 5 mm² 2.9 x 1.6 SOT-23 (DBV) 5 open-in-new その他の リニア・レギュレータ(LDO)

特長

  • 車載アプリケーション用に認定済み
  • AEC-Q100認定済み
    • デバイス温度グレード1: 動作時周囲温度範囲         -40℃~125℃
    • デバイスHBM ESD分類レベル3A
    • デバイスCDM ESD分類レベルC6
  • -20V~45Vの広い入力電圧範囲
  • 出力電流: 50mA
  • 非常に低い出力トラッキング許容誤差:
    5mV (最大値)
  • 低いドロップアウト電圧:
    IOUT = 10mAのとき150mV
  • 基準入力とイネーブル入力の結合
  • 軽負荷時に40µAの低い静止電流
  • 非常に広いESR範囲
    • 1µF~50µFのセラミック出力コンデンサ、ESR 1mΩ~20Ωで安定動作
  • 逆極性保護
  • 過熱保護
  • 出力からグランドおよび電源への短絡保護
  • SOT-23パッケージ

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の リニア・レギュレータ(LDO)

概要

TPS7B4250-Q1デバイスは、モノリシックな統合低ドロップアウト電圧トラッカです。このデバイスは、SOT-23パッケージで供給されます。TPS7B4250-Q1デバイスは、車載環境でオフボード・センサへ電源を供給するよう設計されています。このICには過負荷、過熱、逆極性、および出力からバッテリおよびグランドへの短絡に対する保護機能が搭載されています。

調整入力ピンADJに印加される基準電圧によって、電源電圧が最大VIN = 45Vまで、50mAまでの負荷について高い精度でレギュレートされます。

調整/イネーブル入力ピンのADJ/ENをLOWに設定すると、TPS7B4250-Q1デバイスはスタンバイ・モードに切り替わり、静止電流は最小値に減少します。

open-in-new その他の リニア・レギュレータ(LDO)
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 14
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TPS7B4250-Q1 50mA、40V電圧トラッキングLDO、トラッキング許容誤差5mV データシート (Rev. C 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.C) 2017年 6月 26日
アプリケーション・ノート TPS7B4250-Q1 FIT and Failure Mode Distribution 2019年 12月 17日
アプリケーション・ノート Automotive Off-Board Sensor Power Considerations 2018年 9月 20日
技術記事 LDO basics: capacitor vs. capacitance 2018年 8月 1日
技術記事 LDO Basics: Preventing reverse current 2018年 7月 25日
技術記事 LDO basics: introduction to quiescent current 2018年 6月 20日
その他の技術資料 車載用バッテリ直接接続アプリケーションでのLDOを使用した設計の基本 英語版をダウンロード 2017年 9月 11日
技術記事 LDO basics: noise – part 1 2017年 6月 14日
アプリケーション・ノート Short-Circuit Reliability Test for TPS7B4250-Q1 2016年 11月 16日
アプリケーション・ノート Using Tracking LDOs as High-Side Switch (for Low-Current Applications) 2016年 10月 28日
アプリケーション・ノート Various Applications for Voltage-Tracking LDO 2016年 8月 3日
アプリケーション・ノート TPS7B4250-Q1 Pin FMEA 2015年 9月 23日
その他の技術資料 LDO Family Flyer 2014年 7月 11日
ユーザー・ガイド TPS7B4250Q1EVM User's Guide 2013年 10月 17日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
49
概要

The TPS7B4250 is a monolithic integrated low dropout voltage tracker in SOT-23 package. It is designed to supply off-board sensors in automotive environment. The IC has integrated protection for overload, over temperature, reverse polarity as well as output short circuit to battery and ground

Supply (...)

特長
  • 50mA Output current
  •  -20V to 45V wide maximum input voltage range
  •  Very low output tracking tolerance, max 5mV
  •  150mV low dropout voltage when Iout=10mA
  •  40uA low quiescent current at light load

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLVM976.ZIP (20 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SLVMC72.ZIP (7 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SLVMC73.TSC (502 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル ダウンロード
SLVMC87.ZIP (1 KB) - PSpice Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI PSpice® for TI は、各種アナログの機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けのツールです。  さまざまな機能を持ち、設計とシミュレーションに適したこのツールは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償でご使用いただけます。アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象に、業界でも有数の大規模な PSpice モデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。 

はじめに

  • PSpice for TI ツールへのアクセスの申請
  • ツールのダウンロードとインストール
  • シミュレーション方法説明ビデオのご視聴

PSpice for TI ツールを使用すると、内蔵のモデル・ライブラリを使用して、複雑な設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの PSpice モデルで構成されたライブラリ全体に加えて、ツール内で各種 TI 製品情報に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。  コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。
特長
  • 電源とシグナル・チェーンに関する TI の製品ラインアップを網羅する、各種 PSpice モデルで構成された事前インストール済みライブラリ
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業に対応し、柔軟性のあるスタンドアロン・ツール

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
高電力密度の 5 ~ 20V AC/DC アダプタ向け、Si FET を使用した 65W アクティブ・クランプ・フライバックのリファレンス・デザイン
PMP21479 — This reference design uses the UCC28780 active clamp flyback controller to generate a 20-V/15-V/9-V/5-V adjustable output voltage. The maximum power rating is 65 W at 20-V output and up to 3 A at all other output voltage settings. This design reaches a peak efficiency of over 93% using silicon FETs (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
65-W USB Type-C ZVS-flyback reference design
PMP21552 — このリファレンス・デザインは、低コスト、高密度の USB アダプタで、UCC28780 アクティブ・クランプ・フォワード・コントローラと UCC5304 絶縁型ドライバを ZVS (ゼロ電圧スイッチング) フライバック・トポロジーで使用しています。最大電力定格は 20V 出力時に 65W ですが、20V/15V/9V/5V の各出力電圧と 3A を供給するように調整することも可能です。このデザインは、最大で 93.2% のピーク効率に達します。平均効率とスタンバイ消費電力のレベルは、DoE level VI と CoC Tier 2 の各制限を満たすように設計済みです。  小型設計で、サイズは 45mm x 55mm x 25mm (62cc) です。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
HMI 機能搭載、車載 HVAC 制御のリファレンス・デザイン
TIDA-020010 — このリファレンス・デザインは、HVAC(空調)向けの HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)アプリケーションで、コスト効率の優れたソリューションを実現します。このリファレンス・デザインは、同期整流降圧コンバータ、ブラシ付き DC モーター向けのマルチ・チャネル・ハーフ・ブリッジ・モーター・ドライバ、およびマルチ・チャネル LED ドライバを搭載しています。この LED ドライバは、周囲光センサで測定した周囲光の強度に応じて LED 輝度を設定します。このリファレンス・デザインに搭載したハイサイド・スイッチは、以下のさまざまな負荷を駆動します - ロータリー・ノブ(回転つまみ)を非接触測定する複数のホール・センサ、ボード・センサに電力を直接供給するトラッキング電圧レギュレータ、マイコンの A/D コンバータ(ADC)に対して複数のアナログ・センサ出力をマルチプレクス供給するマルチプレクサ。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
Si MOSFET 搭載、22W/立方インチ、ピーク効率 93.1%、100W USB PD 3.0 対応 AC/DC アダプタのリファレンス・デザイン
TIDA-010047 — This fully-tested reference design is a high-efficiency, high-power-density, AC/DC adapter solution with a wide input voltage range (100- to 240-V AC) for laptop adapters and smartphone charger applications. This design consists of a front-end transition-mode (TM) power factor correction (PFC (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
車載無線 USB 電源ポート(5V@2.1A)/ LED バックライト・ドライバのリファレンス・デザイン
PMP11136 — The PMP11136 reference design supplies cable drop compensated USB outputs of 5V @ 2.1A and 5V @ 1A. Additionally, there is a buck converter output of 3.3V @ 2.5A and a 12V @ 0.163A current regulated LED boost converter.
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
車載ボディ・コントロール・モジュール向け 15W システム・レベル電源のリファレンス・デザイン
TIDA-00745 TIDA-00745 は、車載ボディ・コントロール・モジュール向けにシステム最適化された CISPR25 Class 4 14W スイッチ・モード電源のリファレンス・デザインです。このデザインで採用している降圧コントローラはいずれも 2.1MHz のスイッチング周波数で動作します。 

このデザインは、以下の 4 つの主要ブロックに分割されています。

  1. EMI フィルタ:伝導 EMI の抑制に適したコモンモード・フィルタと差動モード・フィルタ
  2. 事前昇圧(TPS40210-Q1):15W アプリケーションに最適な、効率的で低コストの非同期事前昇圧の設計。出力電圧は 7.5V に維持され、Vin > Vout の場合(設定済み昇圧出力)、出力は入力に追従し、バイパス動作が実施(Vin > 設定済みの 7.5V 昇圧出力の場合は、P チャネル FET を導通させる方法)。 
  3. 降圧コンバータ(LM53603-Q1、LM53601-Q1、LM26420-Q1):各コンバータは AM 帯域を回避するために 2.1MHz のスイッチング周波数で動作し、小型サイズのソリューションを実現。LM53603-Q1 と LM53601-Q1 はフロント・エンドでの使用を想定し、どちらも高い集積度を実現した、車載用途で広い Vin(入力電圧範囲)に対応した同期整流降圧コンバータ。 
  4. 追従可能な出力電圧を供給する複数のダウンストリーム LDO
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23 (DBV) 5 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ