トップ

製品の詳細

パラメータ

Vin (Min) (V) 4.5 Vin (Max) (V) 17 Vout (Min) (V) 0.6 Vout (Max) (V) 5.5 Iout (Max) (A) 8 Iq (Typ) (mA) 0.6 Switching frequency (Min) (kHz) 400 Switching frequency (Max) (kHz) 1200 Features Adjustable Current Limit, Enable, Light Load Efficiency, Power Good, Pre-Bias Start-Up, Synchronous Rectification, Forced PWM, Soft Start Adjustable Operating temperature range (C) -40 to 125 Rating Catalog Regulated outputs (#) 1 open-in-new その他の 降圧コンバータ(スイッチ内蔵)

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN-HR (RNN) 18 12 mm² 3.5 x 3.50.9 open-in-new その他の 降圧コンバータ(スイッチ内蔵)

特長

  • 19mΩ/9.4mΩのMOSFETを内蔵
  • FSWとして400kHz、800kHz、1.2MHzを選択可能
  • 電流制限設定を変更可能、ヒカップ再起動機能付き
  • 温度範囲の全体にわたって±1%精度の0.6V基準電圧
  • (オプション)外部の5Vバイアスのサポートによる効率向上
  • D-CAP3制御モードによる高速過渡応答
  • 厳しい出力電圧リップルに対応する強制連続導通モード(FCCM)と、軽負荷時に効率を向上する自動スキップEco-mode™から選択可能
  • 出力電圧範囲: 0.6V~5.5V
  • セラミック出力コンデンサに対応
  • プリバイアスされた出力への単調起動
  • 設定可能なソフトスタート、デフォルトのソフトスタート時間は1ms
  • 動作時接合部温度: -40℃~150℃
  • 小型3.5mm×3.5mm HotRodQFNパッケージ
  • WEBENCHデザイン・センターでサポート

アプリケーション

  • サーバーおよびストレージ
  • セットトップ・ボックス、ハイエンドDTV
  • テレコムおよびネットワーキング、ポイント・オブ・ロード(POL)
  • IPC、工場自動化

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 降圧コンバータ(スイッチ内蔵)

概要

TPS568215はTIで最小のモノリシック、8A同期整流降圧型コンバータで、アダプティブ・オンタイムD-CAP3™制御モードが搭載されています。このデバイスは、低RDS(on)のパワーMOSFETを内蔵して高効率を実現し、必要な外付け部品数が最小になるため、容積の制約が厳しい電力システムでも使いやすくなっています。主要な機能として、非常に正確な基準電圧、高速な負荷過渡応答、自動スキップ・モードの動作による軽負荷時の高効率、可変の電流制限、外部補償が不要なことが挙げられます。強制的な連続導通モードにより、高性能DSPやFPGAに求められる厳しい電圧レギュレーション精度要件を満足できます。TPS568215は放熱特性の優れた18ピンHotRod™ QFNパッケージで供給され、-40℃~150℃の接合部温度で動作するよう設計されています。TPS568215はTPS56C215とピン互換性があり、同じ占有面積で6A~12Aのソリューションを柔軟に選択できます。

open-in-new その他の 降圧コンバータ(スイッチ内蔵)
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
類似しているが機能が同等ではない比較製品
TPS568230 アクティブ 4.5V ~ 18V 入力、8A 同期整流降圧電圧レギュレータ 本製品は小型の 3 mm 角パッケージで提供され、総ソリューション・コスト低減を可能にします。

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 11
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート TPS568215 4.5V~17V入力、8A同期整流降圧型SWIFT™コンバータ データシート (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2017年 2月 10日
セレクション・ガイド Buck Converter Quick Reference Guide 2020年 3月 31日
技術記事 Options for reducing the MLCC count for DC/DC switching regulators 2019年 9月 17日
技術記事 Minimize the impact of the MLCC shortage on your power application 2019年 3月 29日
アプリケーション・ノート Expand Minimum Input Voltage with External VCC Bias 2019年 1月 9日
アプリケーション・ノート DC/DC PoL Power Solutions for Wired Networking Switch Systems 2018年 12月 11日
アプリケーション・ノート Solve Point-of-Load Power Design Challenges: Single Board Computer Applications 2018年 8月 24日
技術記事 How PMICs can help streamline FPGA power design challenges 2018年 6月 23日
アプリケーション・ノート Reduced Size, Double Sided Layout for High Current DC/DC Converters 2018年 4月 5日
アプリケーション・ノート Understanding ECOMODE(TM) in Miser and Alcor SWIFT DC/DC Converters 2016年 12月 5日
ユーザー・ガイド TPS568215EVM-762 8-A, SWIFT™ Regulator Evaluation Module User's Guide 2016年 10月 23日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$49.00
概要
TPS568215EVM-762 は、8A の同期整流コンバータの評価モジュール(EVM)です。  この EVM は、公称 12V の入力から 1.2V の出力電圧を生成します。  入力電圧範囲は 4.5V ~ 17V で、代表的な起動電圧は 4.2V です。この回路は、相あたり 1.2MHz のデフォルト動作周波数に設定されています。
特長
  • 4.5V ~ 17V の入力電圧
  • スイッチング周波数は選択可能で、1.2MHz の動作が事前設定済み
  • 電流制限は選択可能で、8A の出力電流に事前設定済み
  • DCM / FCCM 動作が選択可能で、FCCM が事前設定済み
  • DCAP2 トポロジー

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLVMBT9.ZIP (123 KB) - PSpice Model

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
Xilinx Zynq® UltraScale+™ ZU2CG−ZU5EV MPSoCs 向け統合型電源のリファレンス・デザイン
TIDA-01480 TIDA-01480 リファレンス・デザインは、Xilinx Zynq UltraScale+(ZU+)ファミリの MPSoC デバイスへの電力供給を目的として設計されたスケーラブルな電源です。このデザインは、標準的な DC 電源から電力を受け入れ、適切に定義された Samtec ソケット端子ストリップ・コネクタを経由して、Xilinx チップセットと DDR メモリのすべてのレールに電力を供給します。

このデザインはスケーラブルであり、サポート対象は、デュアルコア Arm® Cortex®-A53 アプリケーション・プロセッサとデュアルコア ARM Cortex-R5 リアルタイム・プロセッサを搭載した最も基本的な ZU2CG デバイスや、グラフィックス・プロセッシング機能(GPU)を追加した ZUxEG 製品、およびビデオ・コーデック・ユニットと最大 16 基の 16.3Gbps トランシーバ(MGTH)も採用した ZU5EV デバイスです。

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.B)
リファレンス・デザイン ダウンロード
Xilinx Artix®-7、Spartan®-7、Zynq®-7000 FPGA 向け統合型電源のリファレンス・デザイン
TIDA-050000 このリファレンス・デザインは、Xilinx Artix-7、Spartan-7、Zynq-7000 の各 FPGA ファミリをベースとするデバイスへの電力供給を目的として設計されたスケーラブルな電源です。このデザインは、標準的な DC 電源から電力を受け入れ、適切に定義された Samtec ソケット端子ストリップ・コネクタを経由して、Xilinx チップセットと DDR メモリのすべてのレールに電力を供給します。

このデザインは拡張性があり、サポート対象は、最も基本的なSpartan-7 FPGAデバイスから、マルチギガビット・トランシーバ(MGT)を持つ複雑なArtix-7 FPGA、さらにデュアルコア Arm Cortex-A9 プロセッサです。元のデザインのスケーラブルな特性と、Xilinx デバイス・ファミリ相互間の類似性を活用し、このリファレンス・デザインは Xilinx Zynq UltraScale+ MPSoC 向けの電源である TIDA-01480 リファレンス・デザインをベースにしています。

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN-HR (RNN) 18 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ